HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.68
月刊誌 (2011年4月号)
2011年4月20日発行
NO.68
 <自然が教えてくれること>
代表取締役社長 大野木昭夫
 今回の東日本大震災で襲ってきた大津波には「設計に絶対は無い」ことを痛烈に思い知らされました。土木業界に携わる技術者として、日本の土木技術は世界でもナンバーワンであると認識していましたが、その技術でも制御できない自然の持つ底力を見せつけられました。

 震災後1ヵ月過ぎたにも関わらず、福島第一原発の事故処理は遅々として進んでいません。この一番の要因は、設計をはるかに超えた大津波にあります。
 最近の調査では、原発の津波対策の設計高は5.7mとしていましたが、実際は15mを越していたことが明らかになっています。
 
 万里の長城と言われた宮古市田老地区の堤防は、高さ10m・延長2433mと、日本の土木技術の英知を集めた構造物でした。「津波は構造物で守る」という国の方針で造られた堤防を、大津波は軽々と越えて行き、多くの町や村そこに暮らす住民たちと生活を呑み込んでいったのです。

 構造物の計画では、自然力を数値で設定し、それに耐えうる構造物を設計します。しかし今回の津波をみれば、自然の力は測りきれないものであって、この設計なら大丈夫といったような設計者や行政サイドの認識の甘さを露呈させたものでした。実際に、地元では「防波堤は次善の対策であり、沿岸から集落を離すことが絶対条件」との声が以前からあったようです。

 想像を絶する巨大な力を見せつけた大津波は、自然の力を過少評価し、技術で自然を制御できると思い込んだ人間社会への警告ではないでしょうか。聖書に記されたバベルの塔伝説が、現実に起こったような気持ちになりました。
※ バベルの塔=人間が天にも届くような高い塔を築き始めたのを神が見て、そのおごりを怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させた。

 高度成長期の私たちの生活は、利便性と効率化を求め続け、なくてもよい物まで造り、しなくてもよいほど華美に飾り立てる流れがありました。かつてGNP世界第2位と言われ、日本中が浮かれた時代はすでにはじけ、その遺産が日本全体を苦しめています。真剣に生活のサイズを考え直し、自然や動植物と共生できる生活作り、都市づくりをしていかなければなりません。今回の大地震・大津波はそのことを強く警告してくれました。

 「足るを知る」・・・この言葉の意味するところをそれぞれが考え、今こそ、少しの我慢、我を優先せずまわりへ配慮をする、そんな心が必要とされています。



東北地方太平洋沖地震義援金を届けました
 
  3月29日(火)に大野木社長、今出常務、森本部長で赤澤事務所へ社員の皆さんから頂いた義援金32万7千円と会社からの義援金100万円をお渡しに行きました。
 赤澤先生はご不在でしたが、しっかりと渡してきましたのでご報告いたします。

 なお、この義援金は赤澤事務所を通じて日本赤十字社にお渡しいただけます。
 本当に社員の皆様にはご協力をいただきありがとうございました。

ゴールデンウィークには村上さんを中心として、宮城県に災害ボランティアに参加されようとしています。
まずは安全第一で目的を果たして来ていただきたいと思います。

今年も花見に行ってきました
 今年も4月9日、11日にお花見に行ってきました。
 毎年場所を変えて行なっていますが、今年は9日に倉吉の打吹公園、11日には安来の広瀬での花見となりました。
 9日は始めての打吹公園での花見でしたが、天候も良く絶好のお花見日和となり、長時間のドライブの疲れも忘れるほどの桜を見る事ができました。おまけにサルやクジャク、ブタといった動物たちも見る事ができ、花見と動物園の一粒で二度美味しい花見になりました。
 11日はやはり嫌な予感は的中し、朝からの雨・・・。車からの花見となりましたが、幸いにも昼食の場所が、安来の「安来節演芸館」ということで、安来節の歴史を見たり、食事にどじょうの唐揚げを食べたりと、安来節を満喫することができました。ちなみに食堂では、どじょうすくいの格好をした女性が食事を運んでいました。
倉吉打吹公園です。 今回の外食はうどんと丼でした。
ブタを真剣に観察されています。 噂のどじょうの唐揚げ。少々不安そう?
安来節演芸館

今月の資格取得者もありませんでした。

補償業務管理士の試験が今度の日曜日4月24日に実施されます。当社からも受験者がありますので、9月の発表には合格者が出ることを祈っています。


4月13日に今年初めてのグラウンドワークを行いました。
本社は米子市一斉清掃も次の日曜日に予定されていましたので、会社周辺や駐車場の草も取り、綺麗にしました。
今年も山陰合同銀行米子東支店の皆様と松村計量器店の皆様にもご協力をいただいております。
ローソン前の植樹桝にもゴミがありますね~。 帰り道は角盤座通りも拾って帰りました。
徳永君も初参加でした。 本社周りも草取りしました。

廃食油回収は西谷さん、沢村さん担当でした。今月は合計290リットル回収しました。
5月の当番は設計地質Gです。5月11日ですので、よろしくお願いいたします。

鳥取支店の活動状況です!
住宅地のコースのほうが、ゴミが多かったようです。
特に、バス停付近と車がよく通る道はタバコの吸殻が目立ちました。
子供のお菓子のゴミが目についたのも住宅地の特徴ですかね。

新入社員紹介
名前: 山邉 直人
入社年月日: 平成23年4月1日
生年月日: 昭和55年11月18日
所属: 設計地質グループ
自己PR: 八頭生まれ八頭育ちの八頭郡民です。
ストレス解消はもっぱらカラオケ。ロックやパンクを叫んでおります。
コンサルタント業務は1年半ぶりなので至らない所が多々あると思いますが、よろしくお願いします。
名前: 徳永 達樹
入社年月日: 平成23年4月1日
生年月日: 昭和58年6月2日
所属: 測量調査グループ
自己PR: この度、測量調査グループに配属となりました、徳永と申します。米子出身の27歳です。
専門知識と技術を駆使する「プロフェッショナルの世界」に憧れを持って入社しました。
日々、すべてが勉強です。一日も早く皆さんのように活躍したいと思って頑張ります。
名前: 地頭 律子
入社年月日: 平成23年4月11日
生年月日: 昭和25年2月23日
所属: 介護グループ(角盤座)
自己PR: 入社して一週間経ちました。まだまだ覚える事がたくさん有り、毎日頑張っています。
利用者様が、少しでも楽しい気分で過ごして頂ける様に心がけていきたいと思います。
スタッフの方々にご迷惑をかけるとは思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
この他に福本一浩さん平田良雄さんが4月1日付け倉吉営業所配属となっています。


先月のリサイクル品はKOAさんより頂きました「針なしステープラー(ホッチキス)」1個でした。
希望者は沢村さん1名でした。

おめでとうございました。

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので総務部まで、ご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
 今年の春はなかなか暖かくなりませんね。大山にもまた雪が降ったみたいですが、いつになったら暖かくなるのでしょうか?
 先日、竹やぶに筍を掘りに行きましたが、今年は大雪とこの寒さのせいか、まだ見当たりませんでした。
 ゴールデンウィークは皆さんそれぞれに予定を立てておられると思いますが、五月晴れになることを祈りたいですね。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。