HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.5
月刊誌 (2006年1月号)
2006年1月20日発行
NO.5
 <共感できるコンセプトを>
代表取締役社長 大野木昭夫
 今年、NHKの人気番組であったプロジェクトXに替わってプロフェッショナル「仕事の流儀」が始まりました。
 第一回目は、リゾート再生請負人・星野リゾート社長 星野佳路氏が出演していました。行き詰ったリゾート施設や旅館の再生にあたるとき、徹底したマーケットリサーチを行い、それを基に再生の方針(=コンセプト)を立てる。どのようなお客様をターゲットにして、どのような事業展開を目指すのか。そのコンセプト決定にあたり最も重要であるのは、対象となっている現場で、再生に向けて働く職員の「共感」であると語っています。つまり、再生請負人からの「方針(=コンセプト)をこうすれば成功する」という案を、一方的に職員に提示するのではないということです。

 今年の事業拡大を目指す経営方針は、「技術の高度化とその技術を活かした事業展開へのチャレンジ」です。これを達成すべく具体的な方法論を、部門ごとに社員が考え、実行に移す。その方法論の支柱となるのが「部門方針(=コンセプト)」です。各部門の方針については社員が、きちんとしたプロセスと論理で決定したものである限り、口を挟みません。現場の社員が「共感」できるコンセプトこそが、達成にむけて最も重要であるファクターだからです。
 「うちの社員は○○○できない」という声が、まだまだ耳に入ってきます。けれども、それは違う。わが社は数年かけて成果を上げはじめている。それを可能としているのは、今いる社員の共感力に他ならない。昨年はそれを強く感じる年でありました。成果を上げる力を有している社員が、経営方針を達成すべく熟考して出してくる部門方針は、非常に重みがあるものとなると期待しております。


今月は営業部森本部長が実際に自分の所の田んぼに菜の花を植えて、新規事業の「菜の花プロジェクト」を実践しておられます。その取り組みについて投稿いただきました。

 昨年10月中旬に、大山町の諸遊町会議員から環境問題の一環として、菜種から搾油した油をトラクターなどの農機具に使用したらどうか。その為にも一緒にまずは菜の花を栽培してみよう。成功すれば転作品種の可能性もある。とのお誘いをいただきました。
 我が社では菜の花プロジェクトに取り組んでいますので、この事を大野木社長に伝えると、是非一緒に取り組もうとの方向になりました。諸遊さんが言われるようにまずは、地元で栽培可能かチャレンジが必要だったのですが、種まきの時期が10月末でとにかく時間がなくて大変な思いをしました。
 私は、転作たんぼ30aに作ることにしましたが、転作にそばを作っていたのですが不作で刈り取りをせず荒れ放題!どう手を付けようか。うんざりの状態でした。まず除草のためトラクターで耕うんします。1回では駄目ですから3~4日置いて2回目を行います。
 次に、菜の花は湿気に弱いので田んぼ周囲と中央に溝を掘ります。さらに、施肥を行います。施肥は鶏糞がよく養鶏場でダダで手に入りますがなんと反当4トン必要だそうです。30aだと12トンになります。これでは運送コストも掛かりますし第一に施肥の労力がとても大変です。やむなく化学肥料の散布で簡略することにしました。これができてはじめて種まきです。
 その直後に覆土をトラクターで行います。何故、直後なのか?1日でも後になると根が出てきます。その後に種を動かすと死んでしまい芽が出なくなるからです。
 まだあります。3日以内に除草剤を散布し草押さえをします。これで取り合えず終了です。
 
 写真が1/19日の状況です。500円玉くらいの葉っぱで1~2㎝程度の高さになっています。
 12月初旬はもう少し青々としていたのですが、12月からの大雪でいくらか弱った感じがします。
諸遊さんも同じく近くで30a栽培しておられます。その外にも、大山町長田・別所・赤松地区で仲間を都度っていますので、平野部・中山間・高地での結果が見れると思います。
 
 成功すれば5月12日の創立記念日・30周年記念頃には我が社を祝うがごとく満開の菜の花畑が見れると楽しみしています。
合わせて会社のプランタも満開でしょう。30周年式典に満開のプランタを並べるなんてどうでしょう。
 
森本部長の田んぼ(2006.1.19撮影)
発育状況(2006.1.19撮影) 会社前のプランター(2006.1.20撮影)
 

日本海新聞「潮流」コーナーに向井さんが連載されています。
1月16日(月)の新聞に「グラウンドワーク(2)」というタイトルで、我社のグラウンドワークの取組みも載せていただいています。
皆さんもう読まれたかもしれませんが、社内報にも掲載しますので今一度読んでいただき、グラウンドワークの意味を理解して下さい。ここをクリックしてもらうと、記事にリンクします。




合格おめでとうございます!!
今月は3名の資格取得者がありました。


まずは技術士第1次試験に合格された環境調査部永江さんのコメントです。
まさか。合格するなんてが第一声です。
勉強は、環境白書を中心に行いました。
広い範囲でしたので、どうかなとは思いましたが、一般的なものは経験とか何となく雑誌や聞いたことがある言葉でしたので、何とか回答できたのでしょうか?
とりあえず、次のステップへ向かう試験ですので、今年はその方向への準備を進めていきます。
次が大変ですね。
そのためにはアンテナを広く持つ必要が大です。
晩酌もできなくなりそうです。   (^-^;)


次に介護支援専門員に合格された角盤座柏木さんのコメントです。
お年寄りさんが、いつまでも元気にご自宅で暮らせるようにさまざまな介護サービスを適切にコーディネイトして提供するのが介護支援専門員(ケア-マネージャー)の役割です。
現在、週一回の介護支援専門員実務研修を受けています。がんばって勉強して、はやく一人前のケアマネになり、仕事に役立てたいと思っています。よろしくお願いします。


続いて地すべり防止工事士に合格された環境調査部福元部長のコメントです。
調査部では、赤松課長が資格試験5連勝記録更新中です。そろそろ・・・。
そのような状況の下、プレッシャーのかかった資格試験でした。
ちなみに、地すべり防止工事士は、9月に一次試験(マークシートと筆記試験)にパスすれば、12月の二次試験(面接)に進むことができます。
マークシートは、地質屋なら基礎知識で十分対応できる内容です。また、筆記試験は、600字×2枚で、過去の経験論文です。
また、面接では、2人の試験官と20分程度の質疑応答を行いました。
過去問題を中心に勉強することをお勧めします。



今月はたくさんのリサイクル品を提供していただきました。
皆さん無料で良いとおっしゃっていますので、ご希望の方は1月25日(水)12:00までに次のアドレスに品名を記載の上、メールを送ってください。応募多数の場合は、抽選または入札を行います。
honsya@sgs45.co.jp
ラジアルタイヤ(8分山)

メーカー:YOKOHAMA
サイズ:185/60R14
ホイール:4穴 ピッチ110mm

マツダデミオで使われていました。

出品者:森本部長
スニーカー(未使用品)

メーカー:不明
(SPEEDと書いてあります)
サイズ:25cm
色:ブルー

ゴルフの景品だそうです。

出品者:森本部長
ゴルフバッグ

メーカー:ミズノプロ
サイズ:8.5インチ
色:グリーン
布製


出品者:大野木社長
子供用のスキー

メーカー:スワロー
靴のサイズ:18cm位?
小学校低学年なら大丈夫だと思います。

出品者:吉田
先月号のチャイルドシートは小坂さんがゲットされました。

長尾さんより、「どなたかスノーボードを譲ってもらえませんか! あれば靴も」ということですが、
お持ちの方はありませんか?
譲っていただける方があれば、業務部吉田まで連絡下さい。
よろしくお願いします。


来月もこのコーナーに載せたいと思いますので、写真とリサイクル品の詳細をメールで業務部吉田まで連絡下さい。
社内報原稿の都合上、毎月15日までにメールで送ってください。

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 コミュニケーション委員会
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。