HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.30
月刊誌 (2008年2月号)
2008年2月20日発行
NO.30
 <第六感を磨くこと>
代表取締役社長 大野木昭夫
 今年の2月中旬、鳥取の企業へ営業A君、技術B君と同行訪問しました。私は見積り依頼をいただいたお礼、技術と営業担当者は見積りをするための聞き取り訪問でした。お客様から問い合わせをいただいたとき、不明なことがあるほうがよいのです。わかっていることでも知らない振りで話のネタにして、お客様を訪問することが営業です。ただし、まずは技術的にお客様の信頼を得ることが大切ですが。

 車椅子を押すとき、早く押したいのは押す人の都合、乗っている人の乗り心地は悪いのです。乗っている人の都合に合わせて押せば、ゆっくりになります。お客様を訪問する際も、訪問先ごとに訪問のタイミング、内容、方法を変えなければ、せっかく訪問しても無駄になりかねません。

 そしてお客様のニーズを掴むには、第六感を働かせることです。人には五感(見る・聞く・臭う・触れる・味わう)があります。第六感とは、見えないものが見える、聞こえない声が聞こえる感性です。第六感を磨くには、携わっている事項に対して「成功の真因」を深く深く追求する習慣を身に付けることです。

 お客様への技術提案でも、ただ技術の羅列では駄目です。お客様のメリットのために自分ができることをアピールする、そのためには類似工法との技術的優位性、コスト比較等々でお客様に納得していただけるまでの提案を自分の中で整理しておくことです。そして見えないものを見る、聞こえない声を聞く第六感を働かせて、繰り返し疑問点を自分の思考のなかで解決していきます。

 また、すぐにお客様が満足されなくてもいいのです。そのときには、満足していただけなかった点を聞きます。そして再提案のために次のアポイントを取ります。お客様の不満足は満足への「道しるべ」なのです。訪問のときは、第六感を働かせて何か他の案件を探し出すことも忘れてはいけません。今回の訪問では、水質調査の見積り依頼のお話しもいただきました。

 今年は、冬山での遭難が続いています。長野県の遭難救助隊の隊長が一番頼りにするのも自分の第六感だそうです。地形と天候から、遭難者が歩いて行った谷筋とかスキーで滑って行った雪原を推測するそうです。ただ、たまには外れるそうです。第六感はヤマ感ともいいますからね。


                  BDFプロジェクト活動報告
BDFプロジェクトの活動報告を2月の14、15日に滋賀県へ視察に行かれた
環境調査部 原さんにお願いしました。
 
BDFプロジェクトの課題であるグリセリンの有効利用・処理方法と製品のBDFの品質向上を目指すために滋賀県の油藤商事、滋賀県立大学へ、私と西部総合事務所の三嶋課長(県土整備局)、本田車庫長、井藏技師(生活環境局)の4名で行って参りました。
 最初に訪問した油藤商事はガソリンスタンドですが、数年前からスタンドに廃食油の回収BOXを設置し、他にもペットボトルや空き缶など資源ごみを回収できるエコロジーステーションとして地域の環境改善に貢献されております。先日、『夢の扉』というTBSの番組で取り上げられて依頼、視察の申し込みが殺到し業務との調整に苦労されているようです。



 スタンドでの資源ゴミ回収は、車を所有している人しか利用しないのではと思いましたが、車に乗らないお年寄りの家庭への灯油の配達の際に資源ゴミの回収も実施されているそうで、心配には及びませんでした。
 スタンドの洗車で使用する洗剤ももちろん廃油の精製過程から精製したものを使用されております。
 BDF(主にB5と呼ばれるBDF5%混合)を販売されているだけあって精製技術はピカイチで100Lの精製に5日間かけておられ不純物(水分、グリセリン分等)を徹底的に排除し、燃料規格に適合する燃料にされていました。しかし、高品質といえどもコモンレール(次世代ディーゼルエンジン)への対応は難しいようです。エンジンそのものでなくマフラー(排気部分)の構造がBDF対応になっていないためのようです。
 とりあえず、今すぐに我々が手間をかけずにできることはグリセリンの静置時間を長く設け、粗BDF中のグリセリン分を除去すること、製品に酸化防止剤を添加しBDFの寿命を延ばしてやることです。冬季は、水抜き材も効果があるみたいです。あとエンジンをかける際にグロー(余熱)の時間を多くとることでかかりが良くなるみたいですので早速試してみたいです。

 グリセリンの処理は、主には熱源(助燃材)として利用したり、メタン発酵施設での発酵促進材として使われているようです。ちなみにここでは触媒にKOHを使用しているのでグリセリンが固まらず液状のままなので何かと使用用途が広いみたいです。
我々が視察をしていると、ちょうど彦根市クリーンセンターの清掃車が給油に来られB5(BDF5%混合)を満タンにしておられました。写真を撮っていると運転手が、『前と横にステッカーが貼ってあるのでこれも撮ったら。あと7台同じような車が走っているよ!』と言われました。何だか誇らしげでした。Y市とは大違いダッ!
 


 次に予定外ではありましたが、油藤商事の青山専務の計らいで彦根市のクリーンセンターにお邪魔しました。
 ここでは清掃車(BDF100%1台、5%7台)の他に場内の  フォークリフトにもBDFを使用されておりました。

 午後からは、グリセリンの研究をされている滋賀県立大学の山根教授の研究室を訪れ、グリセリンの有効利用についてお尋ねしました。現在の利用法としては堆肥化、メタン発酵の促進材、グリセリンボイラーでの利用を考えられております。バイオガスの研究もされているようですが、ガス化するために多くのCO2を必要とするため、まだ実用的ではないようです。現在有望なのはグリセリンと重油を噴霧して燃焼させるボイラーで、現段階の研究では重油の比率が多いが今後グリセリンの重量配分を多くし減量化へ向けて研究されておられます。これが早期に実用化されれば燃料代の高騰に泣いている温室栽培農家にとっては朗報ではないかと思います。


 今回、3箇所の施設を視察させてもらいましたが、BDFの品質向上・使用方法に関して解決した問題もあれば、それをするための設備導入で新たな費用が発生し、その工面で頭を悩ませそうです(今までこれといった大きなトラブルも出ておりませんので、どの程度の品質を求めるかにも寄ります)。とりあえず今できるベストを尽くして品質改善に向けて取り組んでいきたいと思いますが、まだまだ茨の道は続きそうです・・・。

~昭和座・角盤座通信~
昭和座年越し餅つき大会

一年の締めくくり行事としてもう毎年恒例になった「昭和座餅つき大会」を、12月27.28日に行ないました。
 今年85歳になられる男性の方が中心に餅をつかれ、丸めるのは女性陣がされました。
      本社からは吉田部長に来ていただき蕎麦打ちを披露していただき、皆さん部長の慣れた手つきで蕎麦を打つ姿に感心されていました。肌寒い日となりましたが皆さん大喜び。
ついた餅は昼食に、蕎麦も皆さんで頂きました。
角盤座豆まき
皆さん結構本気で投げていました
凶悪な鬼の正体は?

今年の節分も豆まきをして鬼を皆さんと追い出しました。
皆さん年の数?だけ食べました。美味しい豆でした。

スキー・スノーボードツアー
1月26日、大山スキー場でサンイン技術スキー・スノーボードツアーが行われました。
当日は、天気も雪質も最高でとても気持ち良かったです。
それでは、参加した皆さんのコメントと写真をご覧下さい!!
吉田コーチのレッスン開始です。
生徒の皆さんも真剣そのものです。
いざ!!チャンピョンコースへ!!
社長も少年のようにはしゃいでます。 野澤くんコメント 「社長をはじめ、普段の業務ではなかなか接する機会の少ない方々と、スキーを通じて親睦を深めることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました!
  また、このような企画が有れば、是非参加したいです☆(今年は雪質がいいんで、第2回スキーツアーでも!!)」
白川さんコメント 「我家は全員(3人)参加ということで、楽しくもあり、緊張もあり(?)の一日でした。いつも私の下手な滑りに付き合わされている主人と娘は、上手な皆さんと滑れて楽しかったようです。
 十数年のブランクを感じさせない社長をはじめ、皆さんの華麗なる滑りを拝見させて頂いたり、いつもクールなTさんが子供の面倒をやさしく見ている意外な(?)一面を見れたり、人間Watchingもできた楽しく・よい一日でした。」
前垣コーチも奮闘中!?です。
二人とも上手になりました!(左:小坂さんのお嬢さん 右:田川さんのお嬢さん)
大山国際の頂上です。弓ヶ浜半島・名和の風車もはっきり見えて、とてもすばらしい景色でした!!
角森さんコメント  「子供にお母さんの会社でスキーに行くけど行く?って言ったらふたつ返事で行く!行く!ってことで日ごろの運動不足解消に二男と参加させて頂きました。
 豊島さんのスキーの写真&転んだ写真を撮ってくるようにという業務命令のもとデジカメを持たされたにもかかわらず逆に転んだ写真を撮られてしまった・・・(ショック)
 暑くもなく寒くもなく雪質サイコー!景色もサイコー!に気をよくしてトライ”センター4”みんなでセンター4に乗って頂上まで。結果は・・・何度も転びまくり腰は引けまくり足はがくがく。
 5.6年ぶりのスキーと日ごろの運動不足を痛感しましたが楽しい一日でした。私の下手なスキーと子供のスノボデビューに付き合ってくださった皆さんありがとうございました。
 子供もかなり楽しかったらしく「今度いつ行く?」と催促されています。今年の大山は24年ぶりの大雪で只今250cmの積雪。今シーズンもう一度くらい行きたいなーと思っています。」

天候にも恵まれ、無事ケガもなく?本当に楽しい一日が過ごせました。角森さんのコメントにもあったように、今年は雪も降ってまだまだ滑れそうです。噂では第二回があるとか、ないとか・・・。


鳥取支店の国道29号のゴミ拾いは延期になりました。グランドワークは来月から行われます。  
      今年最初のグランドワークですので、みなさんの参加お願いします。

今月25日に昭和座で、今年最初のフリートーキングが行われますので、皆さん奮って参加下さい!!
(スキーレッスンビデオの上映会を開催する予定です。)

今月は、1名の合格者がありました。おめでとうございます!!
設計部田島さんが一級土木施工管理士に合格されましたので、コメントをいただいております。


田島さんコメント  「数年にわたり試験を受けていましたが、昨年は学科試験からの再挑戦であったため、最低でも学科だけは合格したいと思っていました。一昨年から実地試験の出題傾向が変わり、か            なり経験記述にも苦労しましたが合格することができました。」

わたなべ かずお
名前: 渡部 一夫
生年月日: 昭和48年7月17日
入社年月日: 平成20年1月8日
所属: 環境調査部
趣味:  高校卒業する頃に始めたバイクレースです。少しずつステップアップして20代半ば頃にはGP250ccクラスで(現)岡山国際サーキットをホームコースとして地方選手権、エリア選手権などに参戦しておりました。現在は年に数回ミニバイクレースを楽しんでおります。
自己PR:  入社させて頂き、1ヶ月が過ぎようとしています。周りの先輩方の仕事振り、チームワークの良さに圧倒される毎日でまだまだ不安な日々は続きそうですが、少しでも早く仕事を覚え、また新しい事にもどんどん挑戦し、先輩方に早くチームの一員として認めて頂けるように、一日一日を大事にしながら頑張っていきたいと思います。

新コーナー
第一回目のコミュニケーション委員会で、今年の社内報に新コーナーを設けようとなりました。委員会の中でもいくつか意見が出たのですが、なかなかしっくりくるものがなく、皆さんの知恵を借りてみようということで何か良い案がありませんでしょうか?
 例えば、社内ギネス ・社員の家族でご長寿を募集してNO.1を顔写真とコメント原稿お願いする。とか、各委員会からの告示板にするなどです。
 来月号が楽しみになるような社内報作りを目指して、委員内でいろいろ試行錯誤をしております。何か良い案がありましたら、お近くのコミュニケーション委員に口頭でもメールでも結構ですので、連絡下さい。宜しくお願いします。

◎譲ってください
希望品名 希望者 コメント
厚手のカーテン 測量部
野口さん
古くてボロボロでも良いです。
縦2.0m×横2.5mです。
(鳥取会社借り上げアパートで使用します。外から部屋が丸見えです。)
来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので社内報担当者発信のメールに返信してください。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月15日までにお願いします。

編集後記
今月になって、雪が続いてます。スキー場の関係者のみなさんは、昨年が全然降らなかっただけに、喜んでおられる事でしょう。自然相手の商売は大変だと思います。雪と言えば、自分が子供の頃よりはるかに量が減りました。我社でも環境問題への取り組みを行っていますが、自分が感じれる環境問題の一つがこの、降雪量の減少です。さすがにここまで減ると、地球の温暖化が原因なんだなと思えます。環境問題と関係ないかも知れませんが、今年のインフルエンザは新型が大流行して、保健機関の調べでは、日本でそのインフルエンザが大流行すると65万人の死者が出るそうです。聞くだけでも恐ろしい話です。忙しい時期ではありますが、疲れた体は抵抗力が弱いので、菌に侵されやすいです。体調管理には十分注意して、繁忙期を乗り切って下さい。

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 コミュニケーション委員会
前垣・松下・山根
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。