HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.146
月刊誌 (2017年10月号)
 
平成29年10月23日発行
NO.146
<ところ変われば、マナーもそれぞれ>
代表取締役社長 大野木昭夫
 
 最近、出張に自宅近くのJR駅をよく利用します。その駅は高校生や特急を利用するビジネスマンの利用する駅ですが、近年本当に駅の方のマナーが良くなりました。
 例えば言葉遣いです。「お客さん」から「お客様」となり、呼びかけも「ちょっと」から「恐れ入ります」になりました。

 先日、やくも号に乗った時のことです。
 倉敷駅からアジア系外国人の家族がにぎやかに乗ってきました。乗ったとたん、列車の乗り間違いに気づいたお母さんは、子どもを連れて降りましたが、大きな荷物を持っていたお父さんは、車内に取り残されてしまいました。
 驚いたお母さんは、運転車両まで走っていきドンドンと車体を叩き、運転手さんに知らせました。
 もちろんそれに気づいてドアが開きましたが、車掌さんは泣き叫ぶ子供さんに「良かったね」とやさしく声をかけ、家族の一人ひとりに笑顔で会釈をして列車を出発させました。
 列車は数分遅れましたが、そこに乗り合わせている乗客のみんなが温かい気持ちになりました。

 一方でこんな体験もしました。
 東海道線の小田原駅に到着した時、沿線に乗り換えようと駅の方に声をかけた時です。
 若い駅員さんは、憮然とした顔で「ちょっと今は忙しいので、別の駅員に聞いてください」と一言。
 これってひどいですよねぇ・・・なにが忙しいのか分かりませんが、言葉の選び方も知らないのかと腹がたちました。

 国鉄が6つに分割民営化されて30年が経過しましたが、地方を拠点とするJRは経営的に苦戦をしています。
 しかし、お客様の確保に苦しんでいる地方の社員は、総じて接客マナーが良いのですが、人口集中している地域ではサービス向上をしなくてもお客様が乗ってくれる大都会の環境に影響されているようです。
 経営規模の企業間格差は拡大しているようですが、社員の接客マナーにおいては、規模ではなく取り巻く環境と企業の努力によって様々な社風が育ってきたように思います。

 先日、新幹線に乗ったときには、JRの研修生らしき車掌さんが「ありがとうございました。お気をつけてお出かけください」と列車の乗降口で乗り降りしている一人ひとりに声掛けをしていました。
 民営化されて30年経って、このような次世代を背負う若い人の研修の成果が、私鉄を超えた社員のマナーと笑顔を作り出すのでしょう。

優良建設工事施工者表彰
県道泊絹見青谷線道路災害復旧工事
(3工区)(27年災第1号)

by中尾浩三さん
 工事名  県道泊絹見青谷線道路災害復旧工事(3工区)(27年災第1号)
 発注者  鳥取県中部総合事務所 県土整備局維持管理課
 業務場所  鳥取県東伯郡湯梨浜町筒地
工事内容  地すべり対策 地下水排除工
集水ボーリング工 L=2,800m 排水ボーリング工 L=621m
押え盛土工 V=8,100㎥ 集水井工 N=2基 中継井戸 N=2基
「ライト・サンイン技術特定建設工事共同企業体」として受注、施工
 業務期間  平成28年1月28日~平成29年1月31日
 
 表彰ごとや人からお褒めをいただくことに縁遠い私ですが、現場代理人 として山陰地方でも例のない大規模な災害復旧に取り組みながら地域の 安全に寄与できました事、そして、このたびの受賞。大変名誉なことと感謝 いたします。

 受賞要因としては、私のかわいい妻(まーちゃん)が「浩ちゃんについて行く」と約1年間倉吉で一緒に住みながら、身の回りの世話や体調管理に 愛情を注いでくれた事に尽きます。
 
 本当の話は置いといて、微力ではありますが、受賞に伴う会社と主任技術者の評価に貢献できたことをうれしく思います。

                               インフラチーム 中尾 浩三  

   
 平成28年3月24日 安全祈願祭  平成28年4月15日 発注者との地質勉強会
サンイン技術30名以上の出席にライト工業さんが驚いた !!!!
 
 平成28年7月16日 中間検査
“この時、優良工事を確信した!!”    by 主任技術者 中島 
 
   
 中継井戸  着工前   完 成

H29年度 第25回
日環協・環境セミナー全国大会 in千葉
(主催:一社 日本環境測定分析協会)
 去る10月12日(木)・13日 (金)に環境セミナー全国大会が行われました。
 今回のセミナーは、「環境分析における新たなNeedsと次世代へのSeedsの創生」をテーマに千葉県千葉市で開催されました。
 我社からは、環境チーム・井田さんが発表をし、永江さん、村上さん、角森さん、幅田さんが参加されました。
 今回、発表をされた井田さんからご感想を頂きました。

 当セミナーにおいて、「ダム湖における植物プランクトンの出現と水質汚濁指標との関係について」と題し、発表致しました。

 内容は、当社の水質調査業務よりダムを4つ選定し、過去5年間の調査結果を整理して、植物プランクトンと水質との関係について検討したものです。

 今回の発表やその準備を行うことで、調査結果データを普段とは異なる視点からみることができ、新たな課題の発見に繋がる良い機会となりました。
 通常の業務では発注形態や工期の関係上、1つのダムについて、1年間の調査結果を整理・考察することが一般的です。
 発表に向けては、複数のダムを数年に渡って整理することで、各ダムの特徴をより相対的に捉えることができました。
 また、短い発表時間の中ではありましたが、当社の検討結果に対しての、他社からの意見を頂戴することもできました。
  結果として、水質や各ダムに対しての理解が深まり、今後の業務を進めていくうえでの考察精度も向上するものと思います。

 環境チームとしては今後も積極的に技術発表参加していく方針のため、発表者のプレゼンテーション能力向上はもちろんのこと、それを控えた全員が日々の業務の中から発表テーマを探求することで課題発見意識の向上が期待されます。

 そしてそれは品質向上や業務改善にも繋がるものと考えております。
  発表経験者として支援致しますので、技術研鑚そして当社技術アピールのため、次回以降の発表も共に頑張りましょう。

                                環境チーム 井田 達也
        

   
   
   
   
 
 

 
 
今月は補償業務管理士と河川点検士に合格された4名の合格者の方からコメントを頂きましたのでご紹介します。 

 
【補償業務管理士(事業損失部門) 鳥取支店・田村支店長】
 この度、補償業務管理士(事業損失部門)の試験に合格することができ、関係者の皆様には大変お世話になりました。
 試験に向けての対策として  筆記試験では「過去問題と研修テキスト」を何度も繰り返したこと(毎日、1問は解く)が良かったのか29/40問の正解で合格することができました。
 口述試験については実務的知識、基本的知識及び応用的知識について実際に部門業務を行っているかを問う試験であり、実務の経験・知識もない中で2名の試験官から業務について細かく突っ込んだ質問で大変でしたが、事前に補償メンバーの方に教えて頂いていたこと、過去業務の現地確認を行っていたことで答えることができて安心していました。
 特に中本リーダーには色々と快く教えて頂き、大変感謝しております。 本当にありがとうございました。また、今後ともご指導ほどよろしくお願い致します。


【補償業務管理士(事業損失部門) 地籍チーム・清志さん】

 この度、補償業務管理士(事業損失部門)に合格しました。
 今まで取得した2部門(土地調査・物件)は受験資格ギリギリの3回目での合格でしたが、今年初めて1回目の受験で、合格することが出来ました。
 昨年まで受験していた経験から、過去問題を集中してやることが、合格への近道であると確信していたので、補償チーム主催の勉強会に参加し、過去問題の意味が分からない箇所を確認しながら、勉強を進めました。
 今後、工損業務を受注するには、必要となる資格であるようなので、今後の業務に活かすことで、皆さんに恩返ししたいと思うところです。
 今後、受験する人への勉強方法・アドバイスとして、基本的なことですが、絶対受かるんだという気持ちで勉強すること(リーダーが受けろと言うんで・・・では合格できません)。また、丸暗記には限界があるので、理屈・理論を理解して受験に挑んで下さい。今は外部研修もあり、受験環境はよくなっているので、頑張ってください。

 
【補償業務管理士(補償関連) 補償チーム・佐野さん】
 補償業務管理士の受験は、特に市販の参考書は無いので、最初は専門研修で解らなくとも聞き、次に専門研修の資料を最初から最後まで読みました(1ヶ月くらい)。
 その後過去問を解いては資料を見返し、出題箇所を含む周辺の理解に努めました。
 私は長時間の勉強をする集中力がないので、1日の勉強時間は内容の区切りが良いところで短くし(30分程度)、勉強する期間を長くとりました。
 補償の内容は、法令集のように原則と例外で構成されていますが、繰返し過去問や資料を見返せばある程度問題にしやすい箇所が見えてきます。

 
【河川点検士 設計チーム・亀尾さん】
 資格取得のながれは、先ず一日の講習会の受講が必要です。
 その後CBT試験で択一式の50問を、90分で全て回答します。
 ここから感想ですが、これまで設計以外に携わる方を含め、我が社で受験された方で不合格者はいらっしゃらないと聞いていたので、不合格の恐怖がありました。そのため広島での一日講習は、いつもと同等以上に真剣に取り組み、テキストの試験問題になりそうなキーワードは、マーカーで着色しました。
 試験の方は松江のパソコンスクールで4問択一です。難しい問題はなく、常識と直感で楽勝と思っていましたが、1問目からえーっと思うぐらい考えました。 これが50問となると長い道のりです。
 しかし60点以上で合格なので、終わっての感想は、不合格の訳がないという感想になりました。
 これから受験をされる方にとって、コンサルで仕事をしていれば常識的にわかる問題だと思います。特に河川災害を経験していれば大丈夫な感じです。
 最後にこの資格が仕事の役に立てば幸いです。支援と応援していただいた方々に感謝します。

皆さんそれぞれの勉強方法で資格取得されたようですね。
今後、資格取得に向けて勉強をされる方のご参考になると良いと思います。

そして、合格された4名の方は 「おめでとうございます \(^o^)/」

新入社員紹介 
 
     名前    あかい   のぶえ
 赤井   伸江
 入社日  平成29年10月1日
 生年月日  昭和45年1月19日
 所属  本社・環境チーム
 自己PR 環境チームに配属となりました、赤井伸江と申します。
早くチームの一員、戦力になれるよう頑張ります。
よろしくお願いいたします。

 
 
第78回 S・G・C杯ゴルフコンペが10月15日(日)に行われました。 


 あいにくの雨天の中、総勢47名の参加者により第78回となるSGCゴルフコンペが開催されました。
結果はどうあれ、それぞれにコミュニケーションが取れた1日となりました。

来年秋は80回記念のコンペとなります。
最近出てないな~とか、これから始めようかな~とか思っておられる方は積極的にご参加ください。

次回は来年の春です!


   
 雨の中の開会式 優勝はホクコンの山川さん
おめでとうございます。 
   
 表彰式での大野木社長ご挨拶 総勢47名の参加者の皆さん 
   
 ↓ ↓ ↓ 結果はこちらです ↓ ↓ ↓
順位  氏名 アウト イン グロス HDCP NET 順位 氏名 アウト  イン グロス HDCP NET
 1  山川秀明  44 39  83  12.0  71.0     25 御堂河内哲  49  43  92  15.6  76.4
 2  橋本晴人  46  48  94  22.8  71.2    26  松原直美  46  49  95  18.0  77.0
 3  幡原敦  45  45  90  18.0  72.0    27  難波誠  43  44  87  9.6  77.4
 4  黒見純治  36  40  76  3.6  72.4    28  遠藤千尋  49  54  103  25.2  77.8
 5  今出上  42  37  79  6.0  73.0    29  角田隆志  51  51  102  24.0  78.0
 6  村上明  47  44  91  18.0  73.0    30  中本泰司  48  54  102  24.0  78.0
 7  山口克浩  41  43  84  10.8  73.2    31  浦木昌彦  46  50  96  18.0  78.0
 8  加藤康彦  49  47  96  22.8  73.2    32  鷲見邦夫  47  54  101  22.8  78.2
 9  津村寛司  42  47  89  15.6  73.4    33  前田譲  49  52  101  22.8  78.2
 10  梅林正  48  52  100  26.4  73.6    34  片山良孝  45  43  88  9.6  78.4
 11  長谷川弘  43  43  86  12.0  74.0    35  小笠原淳  56  49  105  26.4  78.6
 12  山内功  44  53  97  22.8  74.2    36  越智宏  42  49  91  12.0  79.0
 13  荒木久美子  54  54  108  33.6  74.4    37  山上恵吾  58  49  107  27.6  79.4
 14  伊藤克宏  51  51  102  27.6  74.4    38  松井敦彦  43  46  89  9.6  79.4
 15  大野木昭夫  46  48  94  19.2  74.8    39  中野内道徳  48  50  98  16.8  81.2
 16  島田静男  53  47  100  25.2  74.8    40  山根巧  54  57  111  28.8  82.2
 17  吉田章  47  47  94  19.2  74.8    41  橋本真和  56  55  111  28.8  82.2
 18  西沢賢史  41  47  88  13.2  74.8    42  磯島真樹子  57  63  120  36.0  84.0
 19  江原恭二  45  47  92  16.8  75.2    43  牧野遥  58  64  122  36.0  86.0
 20  岡田謙吾  52  52  104  28.8  75.2    44  槇原一人  58  61  119  32.4  86.6
 21  渡部秀美  54  49  103  27.6  75.4    45  沢村一朗  58  62  120  31.2  88.8
 22  池田幸仁  47  49  96  20.4  75.6    46  内田洋二  60  59  119  30.0  89.0
 23  森本詔照  49  46  95  19.2  75.8    47  手石光晴  74  77  151  36.0  115.0
 24  小馬弘至  48  47  95  19.2  75.8                
   
 
   

 
 今月のグラウンドワークも10月11日(水)に予定通り行われました。

今年のグラウンドワークも残すところ後1回です。思えば、今年は日延べになることなく、ずっと予定通り実施されています。

来月は今年最後のグラウンドワークとなります。
予定通りとなるかは分かりませんが、日も短くなり寒さも増していますが、2017年最後のグラウンドワークにご協力をお願いいたします m(__)m
今月のGW参加者は32名でした☆
ご協力ありがとうございました(*^_^*)
   
 before → →  after \(^o^)/ 
 
東山駐車場 近藤隊長!!  道路に飛び出す砂利を取り除きます
 
 猫車に砂利を集めて・・・  穴の開いた所に移動!
   
 会社周辺の駐車場も草がいっぱいでした! 暗くなっても車のライトで作業をしました 
   
今月の本社廃食油回収はさん、澤田さん・黒田さんで行って頂きました。
今月は合計115.5リットル回収しました。
 
鳥取支店・ボランティアロード
 鳥取支店では10月17日(火)に若葉台南の除草とゴミ拾いを行いました。

 19名の参加者で、ゴミ袋22袋となりました。
 皆さんご協力いただきまして、ありがとうございます。
 
 ~全員写真~
   
 草が非常に多く除草作業がメインでした   空き缶やプラゴミ、可燃ごみも目につきました 

メンタルヘルスについて 
 今回社内報に記事を掲載するにあたり本を購入しました。

 「マンガでやさしくわかるメンタルヘルス(著:武藤清栄)」という本です。
 内容は、6つのストーリーに合わせて、心のしくみ、ストレスの対処法、仕事や恋愛とメンタルヘルスの関係を解説したものです。
 著書の一部を紹介させて頂きます。
 
 まずは、傷病別の医療機関にかかっている患者数の年次推移の表をご覧ください。
 精神疾患が増加傾向にあります。精神疾患は様々な要因から発症すると言われていますが、今日の景気を背景に職場環境が悪化していること、さらには働きざかりの30~40代のでは仕事と子育ての責任が増えることなどから精神疾患のもっとも多い年齢層といえるそうです。 
 
 精神疾患は「根性がない」、「ひ弱すぎる」など個人の精神的な弱さだけが原因と決めつけ当事者を責めてはいけません。

 定期的にストレスチェックを行うことで本人にストレスの状況について気づいてもらい、「セルフケア(自分自身の心の健康を確保すること)」がもっとも大事です。
 そのためには自分で自分の心を理解することが必要です。 

働く人に多いうつ病 
うつ病になる人が置かれている状況は次の4つです。

① 何かストレスになる深刻な事態にさらされている。
② ひどく疲弊している。
③ 「周りの期待に応えられなかった」と自分を責めている。
④ 「こんなはずじゃなかった。あの努力はなんだったの」と喪失感に陥っている。  
 右のボタンをクリックしていただくと「うつ病の主な症状とうつになりやすさ」について簡単なチェックが出来ます。  
抑うつ尺度チェック
 右のボタンをクリックしていただくとうつ病と関係の深い「執着性」のチェックが出来ます。
執着性尺度チェック 

若い人に多い新型うつ病 
 最近、働く人の中でも比較的若い人達を中心に、新しい「うつ」が増加しています。
 症状は従来のうつ病ほどひどくないのですが、長引いたり気分が不安定になったりして治りにくいという特徴があります。
 発達障害のひとつともいわれ相手の立場に立って理解する共感能力に欠けていたり、マイペースで一方的な対人行動をとり、周りに溶け込めないことがあります。 
 右のボタンをクリックしていただくと「新型うつ」のチェックが出来ます。 
新型うつ病チェック 

 次回は、「職場の人間関係」について取り上げたいと思います。
 「仕事による疲労やストレスを感じることの少ない、働きやすい職場づくり」のために情報を発信して行きたいと思います。 
                               総務チーム 長尾 真理子

今月のスペシャル Thank you WEEK No .1チーム   
☆総務チーム☆
  (長尾さん、鈴木さん、二宮さん、清水)

上記チームが一人あたり平均枚数7.5枚で今月1位となりました\(^o^)/

   
今月のリサイクル品は、設計・西村さんから・・・☆
コマツ様のIOTセンター開設1周年セレモニーに行かれた際にくじ引きで3等をゲット!!その時の景品です (*^^)v

商品情報・・ナイロン素材のジャンパー。サイズはメンズL。カラーはネイビー。
薄手なので、今時期はアウターに、冷え込みが厳しくなったらインナーでもかさ張らないと思います☆

ご希望の方は、総務・清水までお気軽にお声かけください (*^_^*)

来月も引き続きリサイクル品を募集しますのでリサイクル品がある方は総務チームまでご連絡下さい (^_^)/~
 ☆FRONT☆  ☆BACK☆

 編集後記
先日、社内の数名で地味に、たまに行う、バッティングセンター同好会に参加しました。

いつも誘って下さっていたのですが、何だかんだと行っていませんでした。
その日は、(秋だし、体でも動かすか♪)という気持ちで初参加 (*^^)v

もともと、大の運動音痴な私は (きっと笑われるのだろう) と思いながらバッティングセンターへ・・

結果、 大爆笑されました (^o^)丿

運動が苦手でも、バットに玉が当たらなくても、腰や手が痛くなっても、

同じ時間、同じ場所で、共に大爆笑出来る事、笑ってくれる仲間に逢えた事に、「幸せだなぁ~」って感じました。

大好きな仲間に感謝です☆
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。 
 

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務チーム
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。