HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.136
月刊誌 (2016年12月号)
 
平成28年12月26日発行
NO.136
<年末の一期一会>
代表取締役社長 大野木昭夫
 
 一年の早さに戸惑うこの頃ですが、恒例の忘年会だけは予定通りにやって来ました。 今年最初の忘年会は、鳥取の遺跡調査業務が完了した共同企業体の決算&忘年会でした。約一年半に及ぶ遺跡調査では、新聞紙上を賑わした遺跡も出てきたものの、まずは工期内に無事故で終わったことが何よりでホッとした気持ちです。とは言うもののこの社会的に有意義な仕事も、利益は当初から厳しい状況で、業務の進捗に合わせての変更交渉に現場の方々は大変だったようです。
  業務の変更交渉では、刻々と変わっていく現場状況に対して日々の対応の良し悪しが大きなポイントになります。今回の業務で最終の交渉にあたったM営業部長の苦労談を聞くに、大幅な利益アップに結びついたのは、現場で日々作業効率アップの提案や安全管理の徹底等で担当者と信頼関係を築いた真摯な姿勢と、現場の苦労を利益に変えようとする営業の強い粘り腰でした。

  12月中旬には、岡山で大手建設業者様の安全協議会&忘年会に出席しました。秋に新しく就任されたU支店長に挨拶をしたところ、支店長から「おたくの会社は以前からよく知っています」とのことでしたが、私は覚えがありませんでした。その後の話で5~6年前になりますが、U支店長は技術者として九州支店から弊社土質試験室へ勉強に来られたそうです。そのとき懇切丁寧に教えていただき、今でも全員の名刺を持っているとのことでした。熱心に指導をしてくれた社員に感謝するとともに出会いの大切さをしみじみと感じた忘年会でした。

  その後東京で全国測量設計業協会の会議&忘年会に出席しました。会議に向かう途中に「靖国神社へ参拝に行くところ・・」とおっしゃるご婦人の雨傘を直してあげました。不躾にもお歳を聞くと、70歳を過ぎたところとのこと、その方は私に親しみを感じられたのか、仕事をやめてから20年前に体調を壊して仕事を辞めてしまったこと、それを今でも後悔をしていること、年をとっても仕事があることは感謝すべきことなど、道すがら話してくださいました。
  「元気なうちは仕事を続けてね~しっかりとおやりよ」との言葉で送られた私は、何やらやる気が湧いてきて「よし来年も頑張ろう」と活力が出てきました。

 この一年、みなさんも沢山の出会いがあったと思いますが、「一期一会」一つひとつ、その時の出会いを大切にしていきたいものです。




 
今年最後の設備投資で土質試験室に圧密試験機を導入しました。
12月に本社土質試験室に圧密試験機が導入されましたので、地盤チーム松本明日香さんから報告してもらいます。

 当社が従来保有していた試験装置は手動載荷であったため、日々の荷重管理(定刻)のため10日間の試験中は休日関係なく職員の管理が必要でした。
 同時に、試験装置本体に1日分のデータしか取り込めなかったため、荷重管理とあわせて毎日のデータ収集が必須でした。
 また、予期せぬ停電が発生した場合は、停電が復旧しても試験装置自体は再稼働することができなかったため、試験を継続するためには職員が試験装置を手動で再開するしかありませんでした。

 この度、導入した「空圧式全自動圧密試験装置」の特徴としては、大きく以下の3点が挙げられます。
① プログラム制御による荷重管理
② PCへのデータ自動取り込み(リアルタイム取り込み)
③ 無停電電源装置による停電復旧後の再稼働が可能

 これらの特徴により職員が管理しなければならない要素が大幅に削減でき、圧密試験による休日出勤の必要性はなくなりました。【休日出勤の削減】【原価削減】
 また、データをリアルタイムでPCに取り込むため、試験中に数値の確認を行う事ができ、異常値の発生もリアルタイムで確認する事が可能となりました。併せて、自動取り込みによるデータ整理の省力化が可能となり、原価削減はもちろん、入力ミスの防止など品質の向上にもつながります。


 

優良業務表彰
今月も2件、社内優良業務表彰がありました。
鳥取支店山邉さんと有松さんから報告して頂きます。
光福寺擁壁変状調査設計
お客様アンケート6項目すべて大満足
by山邉 直人さん
業務名 光福寺擁壁変状調査設計
発注者 光福寺
業務場所 鳥取県八頭郡八頭町隼郡家
業務内容 擁壁詳細設計・・・1式
仮設構造物設計・・・1式
業務期間 平成28年10月7日~平成28年11月30日
 この度、光福寺擁壁変状調査設計業務で、お客様アンケートにおいて全項目で「大満足」を頂きました。

 本業務は、光福寺の擁壁変状について6.月に鳥取支店地盤チームが調査した結果に基づき、擁壁の詳細設計および仮設計画を行いました。

 高評価の要因は、檀家様への説明が必要なため、成果の提出期限が決められていたが、それに対して半月前には提出を完了するなど、迅速な対応を行ったことが考えられます。
 また、敷地内にある若桜鉄道の電柱の移設に関して、地籍資料を取り寄せたり、現地での若桜鉄道との協議に同席するなどの丁寧な応対も高評価につながったと思います。鳥取県東部、中部、西部

 今後も上記の評価ポイントを意識し、お客様が満足して頂ける仕事をしていこうと思います。
現地写真

平成28年度鳥取県地下水質測定業務
お客様アンケート6項目すべて大満足
by有松 洸輔さん
業務名 平成28年度鳥取県地下水質測定業務
発注者 鳥取県生活環境部 水・大気環境課
業務場所 鳥取県東部、中部、西部
業務内容 水質汚濁防止法(昭和45年法律第138号)第15条に基づき、地下水の水質の汚濁の 状況を常時監視する。
業務期間 平成28年4月1日~平成28年12月16日
・今回お客様アンケート6 項目中6項目大満足を頂きました。高評価を頂いたポイントを3点あげます。
① 本業務では、異常値がでた場合には、直ちに担当者様に一報し、のちに考えられる要因検体の状態(臭気、色)をメールで送付いたしました。大変喜ばれておりました。
② 納品時に本年度業務を行って気づいた点、改善点を進言し来年度業務での検討事項の提案を行った。
③ 担当者様は昨年度も同業務でお世話になっており2年間密なコミュニケーションが図れたことも大きな要因だと思います。また業務以外で同課が主催するイベント等に参加要望があった際には、チームで調整し参加できたことも高評価に繋がったと思います。

本業務に係っていただいた皆様ありがとうございました。
試験状況

名前: もり みほ
森 美保
入社年月日: 平成28年12月1日
生年月日: 昭和39年9月13日
所属: 鳥取補償チーム
自己PR: 12月1日付で補償チームに配属になりました“森 美保”です。
鳥取支店勤務ですが、当分は米子の本社にて業務させていただきます。
長年、建築設計の仕事に携わって参りました。
設計キャリアの延長線として補償の業務にチャレンジして、スキルを重ねられることに自身が期待しております。
何分、まだわからない事ばかりで、皆様にお世話になることも多いと思いますが何卒よろしくお願いいたします。
名前: あだち いちほ
足立 いちほ
入社年月日: 平成28年12月1日
生年月日: 昭和60年9月21日
所属: 営業チーム
自己PR: 初めまして!12月1日から入社しました、足立いちほと申します。前職は自動車学校で受付業務、教習業務を主に担当していました。
私のいちほという名前の由来ですが、「一歩一歩前に進む」という意味があります。
新たなスタートを踏み出し、不安と期待がありますが、名前の由来どおり一歩一歩確実に前進していけるよう、努力していく所存です。
これからよろしくお願い致します!

今月は技術士一次試験に角森さん、入江さん、岩渕さん、田中さんの4名が、公害防止管理者に半田さんと山口さんが、測量士では岩渕さんが取得されました。

本当にオメデトウゴザイマス!!ヽ(^o^)丿

コメントは来月号に致します。

12月の廃食油回収は14日の予定でしたが、天候も雨模様で悪かったため12月19日に変更して行いました。

ICTチームに行って頂きました。
前田さん・角田隆さんありがとうございました。
今月は合計175リットル回収しました。

今後ともご協力よろしくお願い致します。

鳥取支店のボランティア・ロード
鳥取支店では12月19日に朝早くからボランティア・ロードナンバー1を行われました。
活動後の集合写真(^_-)-☆
ごみ袋6袋
、朝早く寒い中での活動でした。
雑草・ゴミも少なく比較的きれいな状態だったようです。

今月のリサイクル品は1点あります。
株式会社太陽建設コンサルタント様の40周年の記念品で頂いた「漆芸ルーペ江戸小紋」です。
小さな文字の拡大に便利です。
老眼で小さな文字が見えにくい人如何ですか?
サイズ:約φ95×21mm
•重量:約200g
•素材:フェノール、ウレタン塗装
表面 裏面 
希望の方は吉田までメールで品名を書いて送ってください。
締め切りは1月6日(金)です。
応募多数の場合はあみだくじとなります。
先月の「入浴用ソルト&ルビーソープ」は野口さん、「ディー・ボーイ」は鈴木さんがゲットされました。

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務チームまでご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
 今年最後の社内報となりました。

 皆さんにとって今年の1年はどんな年だったでしょうか?
 来年を良い年にするためにも今年を振り返り、良かった所はさらに伸ばし、反省点は改善し、成長していくのが人間ですよね。

 ところで、だいせんホワイトリゾートでは、国際エリアから上の原エリアへの帰り道が昔からの懸案事項でしたが、今年の春から我社が測量と設計を行い、この度無事に開通いたしました。
 施工途中も心配で何度も現場を見に行き、上の県道から眺めていましたが、田島さんの設計通りストックで漕がなくても上の原エリアに移動でき、これで大山も一つイメージアップになったかな?と思います。
 今年のスキー場開きも2年連続の雪が無い神事のみとなりましたが、昨年悪天候のため中止したスキー・ボードツアーinだいせんを企画し、測量設計した連絡道を踏査したいと思います。

 是非たくさんの皆さんの参加をお待ちしています。

 今年1年皆様には原稿にご協力いただきありがとうございました。
 来年もよろしくお願い致します。
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。




編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務チーム
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。