HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.114
月刊誌 (2015年2月号)
2015年2月20日発行
NO.114
<人口減少の時代>
代表取締役社長 大野木昭夫
 地方では、少子化と都会へ若者の流出が続いてどの業種でも若い就業者が減り、人手不足が深刻になりつつあります。特にデフレ経済からの脱却に伴う経済の回復によって今まで以上に人手不足が顕著に現れています。
 たとえば大手運送業界ではドライバー不足から、荷物の遅配が起きています。先日聞いた地場運送業の社長の話では、「若者の流出が続く地方では高賃金を提示しても重労働な仕事に人が集まらない」と嘆いていましたが、と同時に自ら対策を打っていました。

 まずは、現在いるドライバーの集配から出荷・運送・配達するシステムを一から見直す効率化です。ドライバーの動線をタイムスケジュールで検討してムダな動きを排除する、物は一定の場所を指定して誰でもわかるように整理する。また、人力でやっている作業を機械化し、伝票の二度打ちはしないようにIT化するなど効率化と高質化を行い、きめ細かく作業の見直しをしていました。
 どの業種でも言えることですが、作業の効率化は積極的に取り組み限られた人財で成果を上げ、そのうえでなるべく負荷が増えないように工夫しているのです。

 弊社では、今年の経営方針で利益率アップは仕事の改善【①排除 ②結合 ③交換 ④簡素化】を掲げています。前述の改善例を挙げてみれば、①排除は無駄な動きの排除、②結合は誰でもわかるように整理、③交換は作業の機械化、④簡素化はIT化になりましょうか。多少の語句と意味違いがあるかもしれませんが、大切なことは①~④の語句をキーにして日々の仕事を根本から見直してみることです。
 今の人財で仕事の量をこなしていくには、日々のやり方を変えるしか手はありません。そこには、昨年投資をした設備やソフトを十分に活用して仕事のやり方を変えていくことです。作業分析のやり方は色々ありますので自分たちに合いそうな手法を取り入れてチャレンジしてください。
 そして討議をしていくうえで、①昔のことを言わない ②やっていないで言わない ③まわりの人のことを言わない、「三つの言わない」ことを合言葉にしましょう。
 もう一つの対策は、自前の技術力を磨くということです。今年度は3名の高卒と1名の専門校卒を採用します。大卒や中途採用者に比べれば技術を習得するのには時間がかかるかもしれませんが、自前で育てる努力をしていきます。

 外注依存の割合は仕事量を拡大するため増えていきますが、外注ばかりに頼っていては自前技術者の技術力低下になるばかりか、人財が全体に不足する時代になれば外注に殺生権を握られることにもなりかねません。つまり外注の技術力が低下すれば弊社の品質に影響を与えることになり、良い仕事をする外注業者へ仕事が集まれば外注金額の高騰を招くことになるからです。

 人財不足になる時代を勝ち抜くには、この現状改善と人財育成2つを実践していくことだと確信しています。

 
優良業務表彰
今月号は顧客満足度アンケートが6項目すべて期待以上の評価を頂いた2件です。
しかも2件とも南家さんでした。

県道生山停車場線生山工区融雪設備路線測量
by南家佳彦さん
業務名 県道生山停車場線生山工区融雪設備路線測量
発注者 セントラルコンサルタント(株)広島支店
業務場所 鳥取県日野郡日南町生山
業務内容 本業務は、県道地下に設置されている融雪設備の修繕計画に伴う、設計の為の基準点測量・現地測量・路線測量を行ったものです。
積雪時期と重なり、現場作業は雪かきをしながらの作業でした。
業務期間 平成26年12月26日~平成27年1月20日
高評価を頂いた要因としましては
①迅速な対応:業務期間が年末年始や積雪時期と重なり、発注者の担当の方は工程の遅れを懸念しておられましたが、ご要望の期限に遅れることなく図面・報告書の納品が行えました。
②お客様と密なやり取り:担当の方が広島県におられ、現地に頻繁に足を運べないということもあり、些細なことでも電話やメールで報告や相談をしました。業務を進めていく中で相手に安心感を与えることができたと思います。

本業務を実施するにあたり、雪が降る中現場作業を支援してくれた方や内業を手伝ってくれた方のおかげで高評価に繋がったと思います。ありがとうございます。

日野川第一発電所導水路横断測量
by南家佳彦さん
業務名 日野川第一発電所導水路横断測量
発注者 有限会社 浜本組
業務場所 鳥取県日野郡日南町福万来~菅沢
業務内容 本業務は、日南町福万来から菅沢ダムの間に流れる導水路(隧道)内の修繕工事に伴う、横断測量を行ったものです。
隧道の延長約3㎞内の1.5㎞の区間で測量を実施しました。隧道内は狭く真っ暗で更に足元には水も流れている状況での作業でした。
業務期間 平成27年1月9日~平成27年1月31日
高評価を頂いた要因としましては
①迅速な対応:急な業務となり現場作業ができる期間も決められていたましたが、段取りや現地立入がスムーズに行えました。
②お客様と密なやり取り:未経験の業務だった為、担当者に専門的見解を求める事も多かったですが、その分密なコミュニケーションがとれ良い関係が築けました。
③検査時の十分な準備:発注元である鳥取県企業局とも事前に業務の打合わせをしてから臨みました。成果納品時にも、企業局からの検査を受けてから浜本組へ納品しました。成果品の内容にも大変満足していただけましたし、業務を遂行する上で安心感を持ってもらえたと思います。

最後に、本業務を遂行するにあたり上司、同僚のたくさんのご支援があり高評価を頂けました。ありがとうございました。
 

スキー・ボードツアーinだいせん 
昨年に引続き、今年も2月8日(日)にスキー・ボードツアーを企画しました。
今回も大人10名、子ども8名の合計18名とたくさんのご参加をいただきました。社長は急用により残念ながら不参加でしたが...

当日は晴れ間もほとんどなく寒い1日でしたが、子どもたちもそれぞれに楽しんで頂けたようです。次の日にはありがとうカード、ありがとうメールをたくさん頂きました。ありがとうございます。m(__)m

今回は初参加の真栄さんにコメントを頂きました。
 この度スキー・スノーボードツアーinだいせんに息子と参加させていただきました。
 私は15年ぶり、息子(7歳)は生まれて始めてのスキーでした。
 さてまずは、ぎんれいでレンタル(息子のウェア以外全て)です。
 前日ネットで調べたところ、約1万円必要なことがわかっていたので、余裕を持って行ったのですが、吉田さんのおかげでなんと!!4千円でレンタルできました!!(吉田さんありがとうございました!!)
 
 準備も終わりいざ豪円山へ!!吉田先生のレッスンの始まりです。(対象は我が息子だけ)予想通りなかなか上手く滑れない息子を見て吉田先生が秘密道具(板の先がクロスになったり離れたりしないようにする道具)を装着してくださり、なんとか滑れるようになったところでお昼御飯となりました。

 午後からも私と息子は、ほぼ豪円山で滑っていましたが、午前中のレッスンでコツをつかんだ?のか、下のリフト乗り場まで転ばずに滑れるようになっていたのには驚きました。
 帰る頃には私を待ってくれず1人で勝手に下まで滑るようになっていました。
3時も過ぎ、そろそろ帰る頃かなと思った頃に気づいたのですが、回数券を20枚(400円×20枚=8,000円)買っており、親子券(7,300円)を買っていた方が得だったことに気付きました‼(3時すぎまで息子がスキーをするとは思っていなかったので…)
 帰りは博労座までご主人様がお迎えに来られた小坂さんの御厚意により槙原駐車場まで便乗させていただきました。(小坂さんお世話になりました!ありがとうございました!!)

 帰宅すると息子は週末の宿題の絵日記にとりかかり、吉田先生とスキーをする絵を書いていました。
 息子曰く、この日の絵日記は教室に貼ってあるようで、どうやら吉田さんが憧れの人になったようです。
 今回のスキーで息子は大いに楽しみ、とても良い経験をすることができたと思います。
吉田先生!!本当にお世話になり、ありがとうございました!!
次は大山登山にチャレンジしてみたいと思います!! 
まずは朝一の記念写真(^_-)-☆ 

吉田先生とリフトに乗る大海くん

秘密装具装着の大海くん

山下さんは2歳・4歳・6歳の子どもさんを連れて来ていただきました。

吹雪を凌いでロッジで休憩中!

3時の休憩です。

チャンピオンコースでプルークボーゲンの練習です。

来年も企画したいと思います。皆さん奮ってご参加ください。

今月の資格取得はありませんでした。

いよいよあと1週間でRCCMの合格発表があります。
受験された方は受験票を持って2月27日の朝の建設コンサルタンツ協会のホームページで確認して下さい。
http://www.jcca.or.jp/qualification/rccm/results/

3月までは廃食油回収のみとなります。今月は測量補償グループの西谷さん長谷さんで145リットル回収して頂きました。


今月のリサイクル品はありませんでした。
 

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
2月8日のスキー・ボードツアーは天候も今一でしたが、ケガもなく無事に終える事ができました。
これをきっかけに冬山に上がってウィンタースポーツを楽しんで頂ければ私の任務も果たせるのですが...なにせリフトやレンタルも高いので、なかなか毎週というわけにはいきませんね(汗)

次は昨年出来なかった大山登山を計画したいと思っていますので、これまた奮ってご参加ください。
最後まで読んで頂きありがとうございます。




編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。