HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.106
月刊誌 (2014年6月号)
2014年6月21日発行
NO.106
<企業のNPO活動>
代表取締役社長 大野木昭夫
 企業のNPO活動は、経営ノウハウ(経営理念、社員の就労、資金繰り、経理事務等々)を活かし、社会貢献活動の一翼を担っていくことです。当然その活動は、社会奉仕の精神を楚とし、社益を優先させるような活動であってはなりません。
 当社も平成18年に「NPO(特定非営利活動法人)エコパートナーとっとり」を立ち上げ、進む地球温暖化に向けた活動を積極的に進めてきました。障がいを持つ皆さんと一緒に取り組んだ「廃食油の回収・バイオディーゼル燃料化による環境改善活動」は、その後に障がい者作業施設の収益に貢献しています。また昨年からは国内でも屈指の大型太陽光発電施設に関連する「とっとり自然環境館」の運営委託を受けることになり、次世代エネルギーの促進や自然保護の大切さなどの啓発活動を行っています。

 さて、私たちが生活している鳥取県は、大変豊かな自然に恵まれています。またこの自然界に存在する太陽光、風力、水力エネルギー等々は、消費しても再生されることから「再生可能エネルギー」と呼ばれていることはご存知のことと思います。
 そんな中、鳥取県では“とっとり次世代エネルギーパーク”として太陽光発電所、風力発電所、水力発電所、バイオマス発電所、雪室システム等々が稼働していることはご存知でしょうか。
 このような自然の力を活用し、新しいエネルギーを作り出す施設は、温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)を発生させないことや、地球温暖化対策の側面からも、今後ますます重要になってくるエネルギーです。しかし全く課題が無いわけでもありません。
 例えば太陽光発電では、パネルを敷く広大な土地が必要になります。また発電した電気を送電する設備についても、送電する距離や受電設備の設備費に課題があります。風力発電では大きな風車を設置できる空間に制約を受けます。大多数の風力発電は海岸沿いにありますが、住居地区や道路から離して設置する必要があり、また景観についていつも議論が上がります。水力発電は従来から大きなダムを活用しますので、今では大きなダムを作って発電できる地形が少なくなってきています。

 次世代エネルギーは、このように地理的な制約や景観、加えて企業経営には不可欠な費用対コストの課題を持ち、大規模の発電システムで地域経済や生活を支える役割まで至っていません。しかし地球の自然保護、生態系の維持は、私たち地球市民として取り組まなければならない大きな課題ですし、中でも化石燃料を減らし、かつ原子力に頼りすぎない自給活動を進めていかなければならないことは周知の事実です。
 今後最も必要とされつつも企業経営の観点から見ると難題が多いこの分野は、まさにNPОの取り組まなければならない分野だと考えています。
 企業は実業で利益を出し、地域に必要とされる成長半ばの分野や採算性に課題を持つ分野に積極的にかかわり活性化に一役買う。そんな活動を進めていきたいと思います。








 
鳥取、本社の改装を行いました
今年は設備投資の年で、鳥取支店では人員も充実し手狭になったため、会議室を事務室に改装しました。
また、本社でも旧電算室の有効活用のため、今まで肩身の狭い思いでご協力頂いていました中尾さん、前田さんにも執務スペースが出来上がりました。
あわせて2階のサーバー室も個室になりました。
鳥取支店 上山さんより

平成26年5月7日鳥取支店事務所をプチリフォームしました。
鳥取支店の人員が増えたことに伴い、応接室・廊下を取り除き事務所を拡張しゆとりのある事務所になりました。
総務と技術室との間に壁はあるものの扉はなく、鳥取支店特有のワンフロアを維持し、以前同様肩を並べ、社員一丸となって業務に励んでいます。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。
 

業務推進グループ中尾さん、前田さんより

「なんという事でしょう」…まるで「ビフォア―・アフター」並みの展開でした。
以前から3階から2階へと我々の仕事部屋を確保していただけるという話は聞いておりましたが、電算室を改装しつつも、数多くの備品や書類の中で机を置いた状態での作業を想像しておりましたが、5月29日引っ越しの際思わず上記の感想です。数多くの協力会社の中でも超微力な私どものために立派な部屋を用意していただきましたことに感謝と同時に恐縮しております。
 御社の中で一番の作業環境ではないかといわれている中、その名に恥じぬよう(?)今まで以上に業務推進の一員として、仕事でお返ししたいと思っておりますので今後ともよろしくお願い申し上げます。
 

そしてサーバー室も2階の一部にパーテーションで区切ってあっただけでしたが、この度の改装で個室となり、夏場でもサーバーのファンの唸り音がしないように、エアコンで設定温度を一定にして管理できるようになりました。

ドアを開けると温度設定した部屋でサーバーも快適です!
前のサーバー室には大きな柱がありましたが、スッキリとしメンテナンスもやり易くなりました。

岡山プロジェクトでユニックを2台購入しました
岡山プロジェクトで地質調査受注拡大のため、ユニックを2台購入し6月4日に納車となりました。
それぞれ㈱i・n・bさん、永島㈲さんに貸しだして岡山プロジェクトの現場で使って頂きます。

鳥取100さ76-30が㈱i・n・bさんです。

鳥取100さ76-31が永島㈲さんです。

優良業務表彰
今月号は1件報告させていただきます。

 78点
倉吉管内交通安全施設等測量設計業務
by門脇佑也さん
 
業務名 倉吉管内交通安全施設等測量設計業務
発注者 国土交通省倉吉河川国道事務所
業務場所 鳥取県倉吉河川国道管内
業務内容 本業務は、倉吉河川国道事務所管内における交通安全施設設計等を行う業務であり、道路設計(交差点詳細設計2箇所)、構造物予備設計、道路関連資料作成(6項目)、道路関連設計検討(5箇所)、および測量(5箇所)、地質調査(2箇所)を行ったものです。
業務期間 平成25年7月12日 ~ 平成26年3月20日

 この業務は所謂「何でも業務」で、工事や関係機関との調整の関係で急を要する作業が多く、また複数作業を同時進行しなければならないことが多いため、とにかく発注者の要求事項に対し的確でスピードのある回答が求められます。

 高評価を得た要因としては、発注者との連絡を密にとりワンデーレスポンスを徹底したことで、複数作業中でも発注者を待たせることなく円滑な業務進捗に努めたことが評価に繋がったと考えられます。

 本業務には、倉吉支社の営業含め多くの方が携わって頂き、全員の努力のおかげでこのような高評価を得られたと思います。改めて関係者の皆さんに感謝いたします。ありがとうございました。

標識現地点検状況

地元説明会

 新入社員紹介
名前: ながえ くみ
永江 久美
入社年月日: 平成26年5月21日
生年月日: 昭和40年1月1日
所属: 環境・地質グループ
自己PR: このたび、入社させて頂いた環境・地質グループの永江でございます。
早く、皆様のお顔と名前を憶え、円滑に業務を推進出来るよう努めます。
今後とも、よろしくお願いいたします。


今月は念願の環境計量士に鳥取支店の山口さんが合格されました。
山口さんに合格のコメントを頂きましたので、ご紹介いたします。
今回の資格取得は、会社、上司、同僚、家族の支援や協力があり何とか取得できました。とても感謝しております。
ありがとうございました。

下記に協力いただいた内容と勉強について書きたいと思います。
○上司、同僚の支援や協力
熊田支店長、澤田さんから試験に対するアドバイスをいただきました。
・熊田支店長
アドバイス:過去問題3年分を3回以上する。※ただ問題を解くだけでなく解き方も理解するように。
やったこと:過去問3年分4回と直近2年の問題1~2回
・澤田さん
アドバイス:毎日勉強すること。
やったこと:1年間毎日勉強すれば必ず受かるとの言葉をたよりに正月等さぼった日もありましたが、酒を飲みながらでも数か月ほぼ毎日勉強しました。

また有松君には試験直前に(年度末の繁盛期にもかかわらず)、分析業務を手伝っていただき勉強時間が確保できました。
その他、上司、同僚の皆様からさまざまな支援をいただきました。

○会社の支援
通信教育費を半額出資していただきました。この通信教育をやった感想は正直に言うとあまりお勧めできないと思いました。下記にその理由を書きます。
 ○良い点:勉強をしないといけない環境ができる。
8月から毎月練習問題を解いて提出するので比較的早い段階から勉強にとりくめるようになります。また提出が遅いと吉田部長や上司からご指導をいただく事になるので必然的に勉強ができます。
 ×悪い点:問題の解き方が分かるまで時間がかかる。各月の練習問題で60点以上取らないと解き方が記載された回答をもらえないです。問題が難しくテキストを見ながら解いても1回で60点取れないものが多く、すべての回答が手に入ったのが試験後でした。

○家族の協力
終業後に会社で勉強して帰る事が多く、休日も勉強する時間を作れるように協力してもらいました。

最後に、ぎりぎりの合格だったので、運が良かった事もありますが、あきらめずに最後まで勉強した事も良かったと思います。

今後は資格に負けないように、技術、知識、経験をつけていきます。
ありがとうございました。

6月11日には今年3回目のグラウンドワーク 、6月15日には皆生海岸ボランティアがありました。
グラウンドワーク
梅雨入りし雨も心配しましたが、なんとか米子は雨にならずできました。
ちょうどトンネル点検業務で高所作業車を借りていましたので、会社の電柱に巻きついたツルを重森さんと小平さんに取ってもらいました。
綺麗になりました。

皆生海岸一斉清掃ボランティア
6月15日(日)に米子地区環境問題を考える企業懇話会主催による皆生海岸一斉清掃が行われました。
今年も約40名の参加者がりました。
ご家族での参加もたくさんあり、本当にありがとうございます。
 
波はありましたが、天気も良くボランティア日和でした。
 
この日はワールドカップサッカーのコートジボワール戦の日でした。

 


今月のリサイクル品は2点あります。

大山町の名和マラソンフェスタのバスタオルと全国地質調査業協会連合会より頂いたネイルケアセットです。

どちらも希望の方は6月30日までに吉田までメールで送ってください。
希望多数の場合は抽選といたします。


 
ケースサイズ11cm×6cm

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
今年の2月に社長から予告のあった大山登山を企画したいと思います。
我こそはと思われる方は吉田まで声を掛けてください。
まだ日程も何も決まっていませんが、梅雨が明けてからぼちぼち準備を始めます。
大山登山をしたことが無い方でも是非大山に上がってみましょう!
最後まで読んで頂きありがとうございます。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。