HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.102
月刊誌 (2014年2月号)
2014年2月20日発行
NO.102
<レクリェーションは楽しい>
代表取締役社長 大野木昭夫
 建国記念日の休日は、大山スキーツアーを開催しました。総勢19名、5家族で子供7人と若者2人、おじさん2名(私と休日はスキー学校の先生をしている総務部長)という大部隊で二年ぶりのスキーに意気揚々と出かけました。あいにくの雪模様でしたが、さすがに子供はすこぶる元気、若者も張り切ってスノボーに興じ、そしておじさんたちも朝から夕方までしっかりと滑りました。社員の家族との語らい、若い社員との会話は仕事場では得られない本当に楽しい時間でした。

 企業が趣味やスポーツの集まりを開催する動きは近年高まりを見せています。一日の大半を過ごす仕事場は、給料をもらうためだけに働くのではなく自分の生きがいや人生観を作り出していくフィールドです。だからこそ社員間の融和を図ることは、仕事を楽しくし人間関係をよくする素になります。

 私が社会人になった30数年前は企業のクラブ活動が盛んな時期でした。スキー部は冬のスキー遠征と夏の大山登山があり、野球部は地区のリーグ戦に参戦していました。そしてスポーツ後の懇親会がまた楽しい語らいであり、お互いの親交を深めることができました。
このような企業内倶楽部は近年にまったく途絶えてしまいましたが、これは全国的な現象のようです。特にバブル崩壊以後、企業メッセとしていたスポーツクラブの廃止が続き、企業内コミュニケーションの媒体が無くなってきたのは寂しいかぎりです。

 企業内のコミュニケーション活動が衰退したのは、高度成長期に合わせて仕事が多忙を極めて時間的な余裕がなくなってきたことも一因ですが、成果で人事評定をする成果第一主義の考え方の浸透によって人と人のつながりが希薄になっていきました。
 この頃、社員をこき使って切り捨てていく「ブラック企業」と呼ばれる企業が多々存在していますが、業績一辺倒の体質では企業の成長がないことに気づいている企業も増えています。業績を上げるために目の前の人参だけでは人はいつか疲弊してきます。企業が長く成長をしていくためには、社員ひとり一人を大切にして育てていくことの重要性に気づいてきたと思います。弊社でも10数年ぶりに高校新卒を採用ましたが、全部門で若者を定期的に入れて育成をしていく方針です。
 そして、社員が仕事だけのつき合いだけでなく人と人の触れ合いを持つことができる環境づくりのために、社員や家族が一緒に楽しめるレクリェーションの場を持ちたいものです。そうなれば職場がもっと心地よい居所になり、一層仕事に身が入ると思います。

 最近では企業の運動会が復活したり、企業が同好会的なサークルに支援する動きがあり、かなりの若者が参加しているようです。身近でも、美勇会のフォーラムで運動会のような活動をして、なかなかの好評を得ています。

 そこで提案ですが、今年の夏には社員・家族で大山登山を計画し頂上の爽やかな風を満喫してはいかがでしょうか。




 
優良業務表彰
今月号は優良業務表彰が5件有りましたので、報告させていただきます。
92点
県道岸本江府線(一の沢橋)外橋梁補修工事
「調査設計業務委託」(防災安全交付金)
by橋本健男さん
業務名 県道岸本江府線(一の沢橋)外橋梁補修工事「調査設計業務委託」(防災安全交付金)
発注者 鳥取県西部総合事務所 米子県土整備局
業務場所 鳥取県西伯郡 伯耆町 大内外
業務内容 竣工後35~53年経過した対象橋梁3橋における補修調査設計業務である。現場調査により劣化損傷状況を把握し、橋梁としての長寿命化を図る補修対策を提案し、補修設計を行いました。
業務期間 平成25年7月31日~平成25年12月27日

 現地踏査により、各橋梁の劣化損傷に応じた調査試験を実施し、調査試験結果に基づいた補修工法を選定しました。一の沢橋は橋台にアルカリ骨材反応による著しいひび割れの対策、清山橋・別所橋は漏水による鋼桁腐食対策など、各橋梁の特徴に応じた補修計画を行いました。完了検査では、現場調査・健全度評価・対策検討の流れを具体的に説明し、報告書に詳しく記載されていることをアピールしました。各橋梁の特徴を明確にしたことが評価していただいたポイントだと思います。

 この業務を終えての率直な感想は、同時並行業務が多く現場調査から詳細設計作業が大変だったという事です。設計図面・数量・概算工事費について鳥取支店の多大な協力をいただき、無事に業務を遂行できたことを本当に感謝しております。ありがとうございます。

 
 現場作業写真

お客様アンケート全項目期待以上
駟馳山バイパス細川第3改良工事工事測量
by田村孝行さん
業務名 駟馳山バイパス細川第3改良工事工事測量
発注者 八幡コーポレーション株式会社 土木工事部
業務場所 鳥取市福部町細川
業務内容 駟馳山バイパス細川第3改良工事に伴う工事測量
基準点測量及び水準測量 一式
中心線縦横断測量・用地幅杭設置測量 L=0.36㎞、構造物確認測量、土量計算 一式 TS出来高管理 18断面
業務期間 平成25年4月13日~平成25年12月25日

  アンケートで「期待以上」を6項目中6項目という高評価を頂きました。
 本業務は、施工開始から次々に追加依頼を受け完成までの長期にわたり実施することになった業務です。高評価をいただいた理由として考えられることを2項目挙げます。
①迅速な対応
 発注図書に不明箇所、誤りが多く工事担当者と一緒になり、夜、休日を問わず対応して問題解決させたこと、外注先と一緒になり複数班で対応し工程短縮を図り、遅れを取り戻し、約束日前の納品を全ての工程で実施したこと。
②担当者との信頼関係
 作業実施中は、担当者と連絡を取りながら、困りごとの相談、提案を心掛け、コミュニケーションを図ったことで満足して頂いたと思います。
 本業務は、工事完了前の年末時に本社、徳永君のバックアップがあったことで成し遂げることができました。今後も、お互いを思いやる心とチームワークを重視し、お客様及び社員の満足が得られるよう頑張っていきたいと思います。
 
 現場作業写真

 92点
広域農道東伯中央地区(5工区)
「用地測量業務委託」(単県)
by徳永達樹さん
業務名 広域農道東伯中央地区(5工区)「用地測量業務委託」(単県)
発注者 中部総合事務所県土整備局道路都市課
業務場所 東伯郡琴浦町大字中村
業務内容 本業務では、広域農道東伯中央地区(5工区)にかかる長期未着工県用地の管理のため、復元測量を実施して用地境界杭設置を行いました。
業務期間 平成25年9月20日 ~ 平成26年1月17日

 特に重視したポイントは、一つは適切な提案、もう一つはスピーディーな対応についてでした。

 対象地は未着工(事業中止)のまま年月が経っている場所で、県所有として登記されたかどうか不明な土地も含まれていたため、まず法務局調査の追加を提案しました。また、境界復元をしようにも既設基準点座標の資料がないことがわかり、新たに基準点測量が必要になったため実施しました。その他、発注者には現地状況を詳細に報告し、業務遂行にあたっての意思統一を図りました。
 現場は地形が険しく雑木も茂り、何十本ものコンクリート杭を運べる搬入路もないところでしたが、短い工期と日々の進捗状況を日頃から意識することで完了させることができました。
 今回の結果は、上司や倉吉営業所の皆様のたくさんのご指導、外注さんのご協力の賜物です。本当にお世話になりました。
 
 
 
作業写真

 お客様アンケート全項目期待以上
鳥取沖地区水産環境整備工事「測量設計業務委託」
by中村博史さん
業務名 鳥取沖地区水産環境整備工事「測量設計業務委託」
発注者 鳥取県農林水産部水産振興局水産課
業務場所 鳥取県米子市淀江~鳥取市岩美町(計9地区)
業務内容 イワガキの漁獲量増大及び安定供給を図ることを目的とし、新規漁礁の設置に伴い深浅測量、底質調査、詳細設計を実施したものである。(本業務はいであ㈱とのJVであり、詳細設計はいであ㈱が担当)
業務期間 平成25年5月27日~平成25年12月27日
 評価していただいたポイントとして、①初回協議時に約束した部分的な納期を確実に守った。②鳥取県が経年行っていた地元調整(地元要望とりまとめ)を現場実施前における地元挨拶時に再確認し、互いの認識を確かめつつ、手戻りの無い調査を実施できた。

① については、イワガキの胞子が放出される時期(8月~9月)までに測量・調査・設計を行い、数か所の工事発注までの資料作成を依頼されたものであり、問題なく完了。
② については、漁協挨拶時において漁礁設置予定地における作業実施海域と漁協が認識している海域とのズレが生じていたため、工期の差し迫る中、手戻りが発生してはまずいと感じたため、両者の間に入り相互確認をしながら進めた結果、やはり詰め切れていない事案があり、その都度対応した。
タイトな工期且つ、人数の掛かる海上作業をお手伝いしていただいたグループの皆様には本当に感謝しております。ありがとうございました。
 

 93点
国道180号(南部バイパス)工損事前調査
by中本泰司さん
業務名 国道180号(南部バイパス)改良工事「工損事前調査業務委託」(社会交付金)
発注者 鳥取県西部総合事務所米子県土整備局道路都市課
業務場所 鳥取県西伯郡南部町東町
業務内容 本業務は、西伯郡南部町東町地内の国道180号(南部バイパス)改良工事による周辺家屋等への影響を把握し、不可避的に発生した損害等に対する措置を迅速かつ的確に行うため、工事の着手に先立ち調査区域内の建物等の現状を調査しました。
工損事前調査 木造建物:5棟、非木造建物:2棟
業務期間 平成25年10月29日~平成26年1月15日
 この度は、南部バイパス改良工事に伴う「工損事前調査」を協力業者と自社(補償G、営業G)の作業分担が功を奏し93点という高得点を頂きました。

 本業務は、住宅等7棟の工損事前調査で小規模なものであり、あまり特色の無い業務でありましたが、今回の評価を頂いた理由として二つ考えられます。

 一つ目は、発注者都合により各権利者との調整がとれないでつかず実質の工期が1ヶ月もない状態となったが工期を延長せず契約工期内に完了しました。
 二つ目は、工事内容から振動による建物への影響範囲を想定し、工事管理のために振動調査を提案しました。

 これは、サンイン12箇条の7条の「監督官の立場となり、様々な気づきから行動を起こす」の相手の立場になって、相手を楽にしてあげるような行動をすることを心掛けた成果と考えます。
 また、業務遂行にあたり協力業者が当社の業務を優先し、フットワークよく対応して頂いたことがたいへんありがたく頼もしく思いました。ありがとうございます。
 今後も、お互いを思いやる心とチームワークを重視し、お客様及び社員の満足が得られるよう頑張ります。関係者の皆様ご協力ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 2年ぶりのスキー・スノーボードツアーin大山!
 去る2月11日(火)建国記念日に2年ぶりのスキー・スノーボードツアーin大山を行ないました。
 当日は晴れ間はほとんど無かったですが、気温が低かったため雪質も良く、絶好!?のスキー日和だった事にしましょう!

 今回は総勢19名でにぎやかなツアーとなり、次の日には社長や参加して頂いた方からありがとうカード、ありがとうメールを頂き、企画した私もホントに良かったなぁ~と充実感を頂きました。ありがとうございます。m(__)m

 さて、ツアーの中身はと言いますと、会社7時に集合し、社長を迎えに行っていざ槇原駐車場へ!路面に積雪はありましたが、順調に槇原駐車場に到着し、そこからシャトルバスで博労座まで直行です。
 博労座から豪円山の登行リフトまで歩き、リフトを降りたらレンタルの中の原ぎんれいでスキー・ボードをレンタルして午前中は中の原スキー場を中心にスキー教室を行いました。
 昼ごはんは中の原ぎんれいに集合し、揃ってご飯を食べ、昼からはレベルに応じて豪円山スキー場、中の原スキー場、国際スキー場と別れて行動しました。

 国際スキー場ツアーは、チャンピオンコースやパラダイスコースの長距離を何本も滑り、田島さんのところの彩ちゃんも長尾さんのところの遥ちゃんも頑張ってついてきてくれ、喜んで頂きました。
 ともあれケガもなく、新入社員の井田さんや幅田さんにも参加してもらい、皆さんに喜んで頂けたことが一番だったと思います。

 さぁて、次は大山登山だぞ~!
中の原ぎんれい前で記念撮影!(山下さん家族がいない?!)
社長、蔵光さん上根さんご家族と井田さん幅田さんです。
長尾さんご家族です。
山下さんご家族と田島さんご家族です。
 中の原でスキー教室です。
上根さんのご長男 直也くん
田島彩那ちゃん(左の写真が現在、右は5年前のスキーツアーの時です。)
大きくなったなぁ~
田島諒一くん(ピンボケでごめんなさい)
保育園年長さんとは思えないいい滑りしていました!
 


今月も資格取得者はありませんでした。
2月28日はいよいよRCCMの合格発表があります。

来月号はたくさんの合格者をご紹介します!?


2月14日に鳥取支店では国道29号ボランティアロードが行われました。

和田さんから参加の感想を頂きました。
『今月の国交省ボランティア活動は、幸いにも積雪もなく予定どおり行われました。
2ヶ月毎に行っていますが、最近回収されるゴミの量が少なくなってきたのではと感じました。
これは、私達や地元の方々の活動成果の表れですよね。』

寒い中朝早くからありがとうございます。
 
寒そうだぁ~!朝早くからありがとうございます。


今月のリサイクル品はありませんでした。
 

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
 4年に1度の冬季オリンピックがソチで開催されていますが、今週末で閉会となります。
 現在、金メダル1個、銀メダル4個、銅メダル2個と期待通りの結果を残した選手、期待以上の結果を残せた選手、期待通りに行かなかった選手とありますが、本当に結果はわからないものですね。

 葛西選手のように長野オリンピックから持ち続けた悔しさをバネにして、41歳まで第一線で戦い結果を残した精神力の強さはすごいです。そして4年後のオリンピックにも意欲を見せ、その2年後の東京オリンピックはジョークにしても、強い信念と熱意を感じました。

 オリンピックが終われば来月7日からパラリンピックが始まります。鳥取城北高校出身の谷口選手がアルペンスキーで出場しますので、メダル獲得を期待したいものです。

 ソチも気になりますが、年度末の超繁盛期もやって参りました。あと1ヶ月とちょっとですので、頑張って乗り切りましょう!
  

最後まで読んで頂きありがとうございます。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。