HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.97
月刊誌 (2013年9月号)
2013年9月21日発行
NO.97
<東京オリンピックへチャレンジ>
代表取締役社長 大野木昭夫
 2020年東京オリンピックが決定しました。前回開催が昭和39年ですから、なんと56年ぶりの開催です。当時小学校5年生だった私は、学校から帰ったらテレビにかじりついて、マラソンで3位になった円谷幸吉のこと、女子バレーで優勝した「東洋の魔女」は鮮明に覚えています。

 さて、オリンピック誘致については賛否が分かれるところですが、15年以上も続いたデフレ脱却を目指すアベノミクスにとっては、この上ないカンフル剤になると思っています。しかし今、世論の大勢は開催決定に好意的ですが、これまでに無い大きなことをしようとすれば規模が大きいほど抵抗勢力は力を出すものです。

 振り子の論理では、事を成すための振り子幅が大きくなればなるほど、反対に振れていく幅も大きくなると言われます。これからは新たな施設の建設や予算繰りなど、現実的な課題を前にすると、立ちはだかる障害も増えてきます。

 プレゼンテーションでの安倍首相の福島原発の汚染水について「完全にコントロールされている」との発言をしました。対してその後民主党の集会では東電担当者による「コントロールはできていない」との発言がクローズアップされました。この相対する二つの意見を正しくとらえ、首相が世界に約束をした「福島原発汚染水処理のコントロール」を実施していかなければならないのは日本の国としてのチャレンジでしょう。
 このチャレンジする精神を持つことこそ、我が国の発展にとっては不可欠のものであり、デフレ時代の政治家に足りなかったことではないでしょうか。振り返って私たち企業の経営にとっても、今こそ大いなるチャレンジをしていかなければなりません。
 このチャレンジ精神を持つことは、企業の経営にとって成長の根源となるものであり、社員ひとり一人に求められることです。たとえば、今まで未経験の新しい業務に向かうとき、上司は自ら経験がある場合に自分が先頭に立ちがちですが、部下育成の面からは上司が前面に立たず、部下を押し出す勇気を持つことが上司のチャレンジです。そして、部下は未知の仕事にチャレンジして日々の結果をきちんと報告すること、上司は結果のチェックと的確な指示をすることが双方のチャレンジ成長の秘訣です。

 しかしチャレンジは、すべてが成功につながるとは限りません。一度の失敗を恐れることなく工夫と行動力でチャレンジしていく、そして二度と失敗させないまわりの協働と心配りが大切です。
49年前の東京オリンピックが日本経済を大きく成長させる糧になったように、7年後のオリンピックを道標として国政が経済再生とともに福島原発の終結に向かってチャレンジしていくことを期待するとともに、そのチャレンジ精神を学びたいものです。



 
優良業務表彰
91点
大坪隼T線 事業認定申請書作成by中本さん
業務名 県道大坪隼停車場線改良工事「事業認定申請書作成業務委託」
発注者 鳥取県八頭県土整備事務所
業務場所 鳥取県八頭郡八頭町大坪
業務内容 県道大坪隼停車場線改良事業において、任意買収ができない箇所が生じることが予想されるため、事業認定申請の事前相談を認定庁に行うための事前相談用資料(事業認定申請図書(案))の作成を行なった。また、県道大坪隼停車場線改良事業を再検討するため計画を変更(法線変更)した場合の資料を作成した。
業務期間 平成24年9月24日~平成25年7月19日
この度は、事業認定申請図書作成及び道路設計において補償グループと鳥取支店の連携作業により91点という高得点を頂きました。

 本業務は、事業認定申請は中止する方向となり計画を見直す線形変更の設計業務に切り替わりました。しかし、その成果も予算の関係から中途半端なものとなり心苦しいものでした。そこでこの得点を頂いたことに驚いております。
 理由として考えられるのは、発注者の都合で作業ができず再三の工期延期に対応し、基本計画も無い事業計画で申請に必要な理由(必要とする公益上の理由、土地等の適正かつ合理的利用に寄与す理由)を作って申請図書を作成したこと、また工事発注に必要な図書を委託内容以上に作成したことが評価されたと思われます。

 これは、サンイン12箇条の7条の「監督官の立場となり、様々な気づきから行動を起こす」の相手の立場になって、相手を楽にしてあげるような行動をすることを心掛けた成果と考えます。
また、業務遂行にあたり協力業者の技術力がたいへん頼もしく安心できるものでした。ありがとうございました。
 今後も、お互いを思いやる心とチームワークを重視し、お客様及び社員の満足が得られるよう頑張ります。関係者の皆様ご協力ありがとうございました。

片付けますコット 参上!!
皆さん スラマット シアン(こんにちは)!
私たちはバリ島で生まれた6人兄弟の仏像です。このたび縁があってサンイン技術で"机見守り隊6レンジャー"として活躍するため入社しました。今後は、皆さんの近くで"片づけますコット"としてお世話になりますので、どうかよろしくお願いいたします。
私たちは各フロアに一体ずつ配属され(本社4、鳥取1、倉吉1)、フロア内を皆さんの力を借りながら毎日静かに移動して活躍します。
私たちマスコットの使命は、皆さん全員が"帰社時に机上を整理整頓"して帰り、社内全体が少しでもきれいになり仕事も捗る、ということに貢献することです。
見た目通り性格はおとなしめで口うるさい言葉も発しませんが、得意の"悟りの境地顔"で皆さんにメッセージを訴え続けていきますので、"整理整頓"の精神を悟り日常化していくよう、一緒に頑張りましょう。
これまでのように"3Sの日だけ綺麗"ではなく、"日常的に綺麗"を全員で実践することが大切です。帰社時に机上を整理整頓することは、同時に翌日の段取りもきちんとでき、頭の中もスッキリ整理し、一石二鳥ですよ。
ここで"片づけますコット"の運用ルールを紹介します。
①フロア内で「一番乱雑(帰社時)」な机の上に"片付けますコット"を置く。
②マスコットを置かれた該当者は、「あるべき姿」に習い机上を整理整頓してから帰る。
そして夜か早朝に(机使用前)、フロア内で「次に乱雑」な机の上に"片づけますコット"を置く。
★机上がきれいになるまでは、勝手にマスコットは移動(机以外の場所、他者の机)できない。
③以後、マスコットはフロア内で常に誰かの机上にあり、フロア内を移動して活躍する。

★マスコットを無視して何日も同じ机上には置かない。また、机以外の場所でほったらかしにはしないこと。
『整理』
要るものと要らないものを分け、不必要なものは捨てること。
乱れた状態にあるものを整え、秩序正しくすること。
『整頓』
並べ整えてきれいにすること。
要るものをいつでも取り出せるようにすること。
~後記~
今回のマスコット導入は、環境調査グループ(豊島Lのアイデア出し、選定・整備は中村さん)で行いました。マスコットの候補は他にもあったのですが、同一マスコットを6体調達するのに苦労し、最終的にこの仏像体になりました。個人的にこの仏像体が気にいった方は、直接中村さんにお問い合わせください。

中海環境フェア2013
今年で12回目となる中海環境フェアが去る8月25日に米子食品会館にてにて行なわれました。
夏休みの最後の日曜日、たくさんのご家族の来場がありました。
夏の恒例行事となりました。
入り口にはエアドルフィンを展示しました。
今年もBDF、小型風車、リライトの展示を行ないました。

鳥取県測量設計業協会
第1回親睦グラウンドゴルフ大会
平成25年9月20日に鳥取県測量設計業協会主催による第1回の親睦グラウンドゴルフ大会が北栄町のレークサイド大栄に於きまして行なわれました。
鳥取県の協会員各社より21社76名の参加がありました。

 結果はといいますと、団体戦5位、個人戦では森本部長(スコア49)が同点3位でしたが、2打で入った回数の多い人順ということで、残念ながら4位という結果でした。

 秋晴れで気温は約30度と暑かったですが、風もあり東伯の大型風車もゆっくり回っていました。


今回グラウンドゴルフは初チャレンジの長野さんにコメントを頂きました。

 9月20日測量業設計協会のグラウンドゴルフがありました。晴天にも恵まれまさにスポーツ日和といった感じです。各会社が集まり、4~5人でチームを組みホールを回りました。チームは各会社が混合して組み、初対面の方から取引先の顔見知りの方々まで様々で、わきあいあいとしていました。

 グラウンドゴルフというスポーツ事態あまり経験のない人が多く、初心者が多かったと思います。しかし、普段からゴルフをしていてセンスのある方はホールインワンを決め周りから歓声を受けていました。また、ちょっとしたアドバイスや応援をもらえたり等チームで協力しあい行うことができたと思います。どのチームもそれぞれわきあいあいとし、各会社個々の得点によって勝ち負けはもちろんありますが、とても楽しい時間が共有できたと思います。初心者でも楽しめるスポーツだと思いました。
開会式の模様です。
大野木会長のご挨拶です。
全18ホール長いホールは50mあります。
ショートホールでもアンジュレーション があり、なかなか難しいです。
ワーパスの新入社員の福田さんとご一緒しました。
森本部長の2打目?かな
団体21社中5位でした。

第3回安全協議会ゴルフコンペ
今年で3回目となる安全協議会のゴルフコンペを9月16日(敬老の日)に大山アークカントリーで行ないました。
今年は仕事の方も災害や通常の業務対応で繁盛期となり、参加者は少なかったものの、第1回から参加してくれている佐野さんも頑張ってもらいました。
少ないながらも開会式です。
今岡会長のご挨拶。

成績は以下の通りでした。
順位 氏名 アウト イン グロス HDCP NET
1 今出 上 42 43 85 9.6 75.4
2 大野木昭夫 47 49 96 20.4 75.6
3 今岡賢志 48 46 94 18.0 76.0
4 足羽真一 54 50 104 27.6 76.4
5 鷲見邦夫 43 45 88 10.8 77.2
6 吉田 章 47 43 90 12.0 78.0
7 佐野琢也 69 71 140 36.0 104.0
3連覇の今出専務です。
誰か4連覇を阻止しなければ!

この他にニアピン、ドラコンは下記の方でした。
ニアピン2番ホール 今岡会長
ニアピン7番ホール 大野木社長
ニアピン11番ホール 今出専務
ニアピン17番ホール 鷲見常務
ドラコン6番ホール 今出専務
ドラコン16番ホール 足羽さん

新入社員紹介
名前: わだ としお
和田 寿男
入社年月日: 平成25年8月21日
生年月日: 昭和51年8月25日
所属: 鳥取支店業務グループ
資格: 測量士補
自己PR: この度、ご縁があり再び勤務させて頂けることとなりました。
仕事のブランクを早く取戻し、鳥取支店を支える一員となれるようがんばります。
みなさんよろしくお願い致します。
名前: やまだ かよこ
山田 佳代子
入社年月日: 平成25年9月9日
生年月日: 昭和45年1月20日
所属: 倉吉営業所
資格: 建設業経理士2級
自己PR: 9月9日より入社いたしました、山田佳代子と申します。
倉吉営業所に、勤務することになりました。

管工事業の会社での事務が長かったので、その経験を活かしながら、早く業務を覚えていきたいとおもいます。

どうぞよろしくお願いいたします。

今月は見事地質調査技士の難関を突破された環境・地質Gの松下さんよりコメントを頂きました。

今回、三度目のチャレンジで合格することができました。
業務で繁盛な中、事前講習会を開きご指導下さった中島リーダー、松本さんをはじめ、環境地質グループの皆様に本当にお世話になり、ありがとうございました。
初めての土質試験コースでの受験でしたが、非常に運の良いことに心配していた記述問題で経験したことのある土質試験から出題されており、しっかり答えることが出来ました。
今回の合格を励みに、また新しい資格に挑戦したいと思います。

この調子で次の資格にチャレンジして下さい。

9月のグラウンドワークは9月11日に行ないました。
参加者が少なめでしたが、今月も予定通り行ないました。
先月取ったはずの歩道の草がもう伸びてます。
公会堂コースです。
来月は10月となりますので、日没も早まってきます。
今年もGWはあと2回です。

鳥取砂丘ボランティア②
前回の8月3日に続き、第2班の皆さんが砂丘ボランティアに参加されました。
朝早くからお世話になりました。ありがとうございます。

鳥取砂丘だ~!
参加者の皆さんで記念撮影(^_-)-☆
朝早くからお子様連れで有難うございます。
平成25年8月24日(土)6時~
参加者 井関、熊田、野坂、村上、井尻、中村、澤田、上山、和田、西村 以上10名でした。

砂丘ボランティア 第2班の活動が無事終了しました。

前日からの雨で、当日も雨が降った状態のまま半信半疑で砂丘に向かいましたが、雨も上がり、暑くも無くとても活動しやすかったです。
早朝から現地に行くまでは気分的にも落ち気味ですが、活動し終わると、すがすがしく、気持ちが良く、やっぱり参加してよかったなと思いました。

朝早くからご苦労様でした。
この写真は、8/24(土)の第2班の参加者の皆さんです。

 今月の廃食油回収は設計Gの影山さんと門脇さんに合計142リットル回収していただきました。

 次回の廃食油回収は環境・地質Gですので宜しくお願い致します。

先月のリサイクル品ミッフィーの折りたたみ容器の行き先は、小坂さんに行きました。

今月のリサイクル品は大山高原クロスカントリーノートと西日本建設業保証さんより頂いた扇子です。

希望の方は吉田までリサイクル希望(品名も)と書いてメールを送ってください。期限は9月30日の17時30分までとします。
応募多数の場合は、抽選といたします。
A5サイズのノートです。
時期は過ぎましたが、扇子です。
まだ使う日があるかも知れません。

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記

 猛暑の次は台風18号、幸いにも山陰地方には大きな影響はありませんでしたが、京都から東海、関東にかけては雨や突風の大被害でした。大雨も凄かったですが、あんな突風が来たらひとたまりもありません。

 今年の冬は大雪の予想があるとか、ないとか。2011年の正月のような雪が降ったら大変なことですが、3年前と違うのは今年の12月には中山名和道路が開通するようなので、前回のような事にはならないと思います。
 急ピッチで工事も進めておられますが、何とか早めに開通して欲しいものです。

 
 



最後まで読んで頂きありがとうございます。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。