HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.83
月刊誌 (2012年7月号)
2012年7月20日発行
NO.83
 <東日本大震災から学ぶこと
代表取締役社長 大野木昭夫
 平成23年3月11日に東北地方を襲った地震と津波は、戦後社会の求めてきた豊かな生活と甘受してきた社会環境を一変させる災害でした。私は、発生から1年以上過ぎた6月28,29日に、震災の地を訪れました。今回の訪問は、私達と同業である宮城県測量設計業協会の皆さんに便宜を図っていただき、短期間でしたが仙台周辺の被災地を巡り、震災に遭われた方々から生の声を聞くことができました。
 28日午後2時、仙台空港に降り立ちましたが、空港はほとんど震災の跡形がなく復旧されていました。しかし、その周辺は一面の野原と化していました。空港周辺は海から近く、平地が続いていたため、津波はほとんどの建物を呑み込んでいました。一年経って残っているものは、家の基礎と塩害による黄色く変色した土地だけでした。仙台空港から北へ30分ほど移動した閖上(ゆりあげ)地区の小高い丘に上がれば、そこには仮復旧した神社と震災に遭われた被災者の墓標が山頂にあり、周りは延々と続く野原です。とても日本の風景とは思えない景色でした。思わず墓標に合掌、亡くなられた方のご冥福を祈りました。
閖上(ゆりあげ)神社の丘

閖上(ゆりあげ)の丘から荒涼とした風景
 また、海岸線に目を移せば、いとも簡単に倒壊した堤防群です。堤防で津波から住民を守るという発想は、今回の津波で経験した莫大な自然の力には役立たずの感があります。
防災という観点で言えば、まずは避難路の確保でしょう。きちんと安全に素早く避難する道路は、その後の復旧対策への道になっていきます。
 案内していただいた協会役員の説明では、まずは逃げることだといっておられました。そして、災害のあった1年前の平成22年同日に地震があり、津波警報の放送があったが、大きな津波は来なかったそうで、このことが頭の片隅にあった住民もたくさんおられたようでした。
 素早く退避した人、ちょっと躊躇した人、あまり気にしなかった人、退避するにも自分では動けなかった人等々、それぞれ人々の思いと、そのときの状況があったと思いますが、一瞬の判断が生死を分けたという事実は見逃すことができません。
堤防が決壊し津波の勢いで背面部が大きくえぐれている(阿武隈川の河口)

 仕事のうえでも常に決断を求められますが、とっさのとき判断ができるようになるためには、常日頃どんなときにも、どんなことでも、常に気合を入れて考えること「有意注意」を心がけることです。(反して、音がしたから振り向くといったような意識しない動作を「無意注意」といいます)
 自分の経験、過去の偉人から学んだ教訓、まわりのアドバイス等々をきちんと自分の頭で整理して、意識の焦点を絞り込むこと、これを日々繰り返すことによって「有意注意」が習慣的になり、瞬時に核心をつくことができるようになります。

 一瞬の判断が生死を決めた大震災を見るに、日々「有意注意」を養う努力をすること、そしてあっという間に津波が襲って亡くなられた皆様のご冥福を祈るとともに、今生きていることに感謝しなければならないと思う今回の訪問でした。

 
測量設計業協会西部支部ソフトバレーボール大会
 営業部 真栄さんに報告してもらいました。

  
 毎年恒例の鳥取県測量設計業協会ソフトバレーボール大会が、平成24年6月26日(火)に淀江体育館にて開催されました。当社は16名参加し、2チーム編成で戦いに望みました。

 今回の目標は、勝ち負けにこだわらず!怪我の無いように!!とにかく汗を流して楽しむ!!!でしたが、やはりAチームは強いチームにしようと考え、測量調査グループの田中健恭監督と作戦を練りながら、A・Bチームのメンバーを決めました。しかし、午前のリーグ戦が終わってみれば、両チームとも2勝1負で、2位グループのトーナメント戦進出となり、直接対決も有り得ることになりました。

【昼休憩】会社からお弁当の差し入れがありました。いつもありがとうございますっ!!

 そして午後のトーナメント戦が始まりました。結果は、両チームとも初戦敗退となったため、予想された2位グループ最下位決定戦!!直接対決の火蓋が切られることになりました。この試合はとにかく盛り上がりまして、全員汗だくになりながら楽しみました。結果は・・・、フルセットの末!なんとぉっ!!Bチームが勝利をもぎ取りましたぁーーー!!!(真栄もBチームでしたよ)

 閉会式に順位発表があり、当社Bチームは総合7位、Aチーム8位の結果でした。
怪我が無かったのが一番だと思いますが、やはりスポーツで汗を流すのはとても体に良いことだなぁ~と改めて思う一日でありました。

開会式の模様です
サンインAチーム サンインBチーム

サンインAとサンインBの2位グループ3位決定戦!

社員旅行  ~第2班~ 「東京滞在記」
社員旅行第2弾は6月14日~16日の東京2泊3日の旅を柏木さんと本荘さんから報告して頂きます。

 まずは柏木さんからの報告です。

 家族4人で東京旅行に参加させていただきました。疲れましたがとても楽しく、想い出深い旅行となりました。
 
 初日は浅草、お台場、隅田川遊覧船、東京スカイツリーなど名所を訪れました。特に、スカイツリーは子供たちがずっと楽しみにしていて、開所から間もない予約が無いと登れない時期にも関わらず登ることができて一生の思い出になったと思います。夜景がとてもきれいでしたよ。 
 2日目は東京ディズニーランドを満喫しました。ビッグサンダマウンテンに乗る為の並びが大変で、親はへとへとになりました。なんと、90分待ちでしたよ。子供たちはとても満足だったようです。
 
 最終日は東京タワーと上野にある国立博物館を訪れました。東京タワーにも初めて登りましたが、こちらもスカイツリーに負けていません。展望台からの景色がとても良かったです。それと国立博物館はできれば一日かけてゆっくり回ってみたかったです。展示物が多く充実していました。が時間もあまり無く、その頃には疲れ果てていたのです。

 東京は3日間ではとても回りきれません。いろいろ楽しい場所が多く、まだまだ行きたい所がたくさんありました。しかし、私は根っからの田舎者なのか、米子に帰ってきたとき、とてもほっとしました。そして、今回の旅行で、いかに自分が恵まれた所に住んでいる。山陰で生まれ育ってよかった。と再確認できました。山陰には自然がたくさんある。いつでも好きな時に魚釣りに行ける。食べ物は東京に負けないくらいおいしい。しかも、待たなくてもいい。このようなところで暮らせるのは本当に幸せなことです。
 
 最後に、家族連れメンバーも気兼ねなく楽しめるよう気を配ってくださった大野木社長をはじめ、中岡部長、参加メンバーの皆様。子供たちに面白トークを提供してくれた酒飲みの「たーぼーおじさん」こと本池君。今回の旅行を企画、手配してくださった吉田部長をはじめ関係者の皆様、とても楽しかったです。本当にありがとうございました。




次に本荘さんからの報告です。

 サンイン技術に入社して初めての社員旅行に参加させて頂きました。私が選んだ行先は、第2班「東京コース」。開業間もないスカイツリーに登ることが最大の目的で一番の楽しみでしたが、6月の梅雨まっただ中の行程であることを考えると、登っても景色が楽しめる確率は少ないだろうな・・・と、空からの展望については半分あきらめてもいました。
 ところが、参加者の日頃の行いのおかげ(!?)で、当日の天気は晴れ渡り、空も青々と見事に澄んでいる状態。おかげさまで、素晴らしいスカイツリーの外観と、登ってからの東京の夜景を存分に楽しむことが出来ました。
 築地のマグロも最高でした。「今年の築地初セリで、世界一の本マグロを落札!落札金額56,490,000円」をうたい文句にしている「すしざんまい」というお寿司屋さんへ行き、全員で昼食。赤身、中トロ、大トロとマグロを堪能し、その他含め全13カン(位?)にぎり寿司を楽しむことが出来ました。本当に美味しかったです。でも、本マグロ一本5,649万円ですよ。信じられないですよね。

 旅行は、大半の社員の皆様がご家族同伴で参加されてまして、単身者が非常に少ない旅行でもありました。ちなみに単身者は、大野木社長、中岡部長、小谷所長、亀尾、根鈴、松本、本池、本荘の8名だけで、それぞれが単身フリーで行動するという社員旅行だか個人旅行だかわからない旅行でもありました。
 
 ホテルも2日間同じ宿泊先に滞在。初日の行程(米子空港⇒羽田空港⇒浅草⇒築地⇒お台場⇒ホテルでディナー⇒スカイツリー)だけ全員で行動を共にしましたが、スカイツリー見学後の午後9時30分頃、ホテル近くの浜松町駅で中岡部長の『それでは、あさっての夕方6時に羽田空港で逢いましょう。事故の無いように!』。この掛け声のもと、1日目の夜~3日目の夕方6時羽田空港集合するまでは全くのフリータイムという、「それぞれの東京旅行」が始まりました。この、ほったらし感が個人的には非常にフィットしまして、こういう旅行もありだなと大満足の時間を過ごすことができ、終わってみればとても楽しい、私にとってサンイン技術で初めての、思いで深い社員旅行となりました。

浅草浅草寺にて集合写真
大野木社長のリラックスした横顔 快晴のスカイツリー

この日のライティング「粋」

社員旅行  ~第3班~ 「伊勢漫遊記」
最終班は伊勢方面へ2泊3日のバス旅行です。前田さんに報告してもらいました。
伊勢旅行
とっても楽しい旅でした。
観光はもとより、みんなと一緒にいてよかった~!!っと思える素晴らしい旅でした。
道中から4班に分けチーム対抗戦で楽しめた感じです。


名物 松坂牛(まつざかうし)もう食べれない!!って悲鳴が聞こえるほど腹いっぱい。その時だけは「メタボよさようなら~」です。

そういえば鳥羽水族館にも松坂牛の食べ過ぎでお腹いっぱいの××がいました。

一泊目の大宴会では、待望のアイドル「伊勢エビちゃん」を前にポーズ!テンション絶頂!!
みんな童心に帰って、ハチャメチャに騒ぎました。笑い過ぎでお腹痛っ!!




二日目は、森本部長の掛け声で、真珠を買うぞ~!!  隠樹ちゃ~ん。美しい~!お値段1,300,000円
伊勢参りの正しい順路である夫婦岩から始まりました。夏至の晴天時には夫婦岩の先に富士山と朝日が重なる情景が拝める予定でしたが、台風の影響もあり見ることができませんでした。我々にとっては雨予報が晴天に変わったことがとっても嬉しい限りです。
さ~!いよいよ伊勢神宮へ。
森本部長は骨折から驚異の回復にて伊勢パワーを浴びるために車いすに乗って参上しました。徳永君の助けもかりて、優々幸運パワーを浴びていました。
日本国の神さんである伊勢神宮ですので、幾分皆さん緊張気味に・・・!
でも頭の中は、幸運!金運!! ガイドさんのお話はそっちのけ?!
来れなかった皆さんを代表して16名で幸運を授かってきましたので、今からでも遅くないので、握手をしてもらってください。


運気も高まったのち、色とりどりのベゴニアガーデンでさらにいい気持ちになりました。


長島スパーランドでも超高級な旅館「花水木」にて二泊目の夜が始まりました。
最終日は 長島スパーランドでの終日フリータイムでアトラクションやアウトレット、温泉で満喫しました。
最後に、伊勢旅行が楽しく過ごせたのも、今出常務を始め、徳永君、佐々木さん、中田君、南家君を中心とした企画部が頑張ってくれたおかげです。16名全員がお互いの旅行を200%楽しめるおまじないをかけ合ったからでしょう。
一緒に行ったみなさんありがとう!


今月の資格取得者はありませんでした。
地質調査技士の試験も終わり、発表は9月10日の予定です。

8月5日は技術士第2次試験です。ラストスパートを掛けてください。

測量士補も合格発表があり、全員の確認が出来ていませんが、合格者があるようです。
誕生会には正式に発表いたします。


&
7月11日今年4回目のグラウンドワークを行ないました。
この日はフリートーキングでBBQもあるため、雨が降らないことを信じて決行しました。
おかげで少し曇り空ではありましたが、雨も降ることなく無事に実施しました。


廃食油回収を田中健さんと徳永さんに行っていただきました。
今月は235リットル回収しました。

来月の担当は設計地質グループです。
合銀ななめ前の歩道脇には草が沢山! みんなでやればこんなに綺麗に!!
開かずの踏み切りの地下道も例月はタバコの吸殻があるのですが、今月は綺麗でした!

6月24日(日)には今年も米子市環境問題を考える企業懇話会の主催により、「皆生海岸清掃ボランティア」が行なわれました。
会員企業24社が集まり毎年行なわれているボランティアです。

当社からは家族も含めて35名の参加者がありました。

7月7日(土)には境港の中野漁港周辺のボランティアがあり、大野木社長、角田、吉田、中本、沢村、真栄が参加しました。

鳥取県漁連境港支所前で開会式 草刈機で除草作業を行ないます
網とかゴミとかあって草刈機も思うように使えませんが、スピードが違います!

一通り作業範囲の草刈と回収を行い、約40分程度でしたが無事に終わりました。
最後には漁協でジュースをもらい、乾いた喉を潤しました。

景山組合長にも6名参加をアピールして帰りました。

今年2回目のフリートーキングは7月11日のGWの後にバーベキューを行ないました。
設計地質G、総務営業部の準備担当でしたが、松本明さん、西村千さんには大変お世話になりました。

グラム880円の国産和牛はおいしかったよね!!
今度は8月25日の全社員研修の後に全社でのフリートーキングを予定しています。
皆さん積極的にご参加下さい。

新入社員紹介
名前: 高橋 智子
入社年月日: 平成24年7月17日
生年月日: 昭和39年1月19日
所属: 総務部
自己PR: 7/17に入社しました。高橋智子といいます。
建設業の勤務経験は無いのですが、当社の企業理念に個人の能力向上に努めていることを知り是非働きたいと思いました。自身もこれまで自己啓発に努めて資格を取得してきました。これから仕事を覚えながら、簿記の検定に向かおうと思っています。
よろしくお願いします。

先月出品の「ペーパーナイフ」は測量調査グループの南家さんに決定しました。
おめでとうございました。
名和マラソンフェスタ協賛広告のお礼の「スポーツタオル」は吉田が頂きました。

今回は美保テクノス㈱の安全大会で頂いた「体脂肪計」と㈱平井組の安全大会で頂いた「ミラクール」です。

「体脂肪計」
5段階の肥満度判定
最大8人分のデータ登録可能
時計機能付きです。
大きさ9cm×3.5cm
「ミラクール」
屋外のレジャー・スポーツ観戦に!
夏の受験勉強・暑さ対策に!
希望される方は8月7日までに吉田まで希望のメールを送って下さい。
応募者多数の場合は抽選とします。


来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
7月17日には梅雨明けし、毎日暑い日が続いています。
熱中症で搬送される数が急に増えているようですので、特に現場で作業される方は水分、塩分の補給をして熱中症にならないように注意してください。

今年の「土用の丑の日」は7月27日(金)のようです。
近年乱獲により漁獲量も減って値段の方も上がっているようですが、スタミナつけて暑い夏を乗り切りましょう!


最後まで読んで頂きありがとうございました。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。