HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.71
月刊誌 (2011年7月号)
2011年7月20日発行
NO.71
 <悪い情報は早く、よい情報はゆっくりでよい>
代表取締役社長 大野木昭夫
 京セラ稲盛和夫会長が主催される盛和塾世界大会に参加しました。経営発表会では8社の社長が経営体験を語られました。その経営体験は苦悩の連続、倒産の危機に怯えながらの決断の連続でした。
  その後の稲盛塾長の講話では、このような困難に直面したときの心構え第一に「正道を貫き通す~策を弄せず~」を挙げられました。時同じ頃、九州電力の「やらせメール」が報道されました。ご存知でしょうが、6月26日に佐賀市のスタジオで行われた玄海原発の運転再開に理解を求めるための説明番組のなかで、やらせメールがあったことを、7月6日記者会見で九州電力が明らかにしました。その後には、原発担当の元副社長が「説明会で反対意見ばかりでないように頼む」と部下の部長に言ったことが発端であることが明らかになり、それを受けた課長級社員が賛成依頼メールを社内と子会社に依頼したのが事実のようです。
 今回のトップ(原発担当の副社長)は、危機に際し策を弄したのです。結果は原発再開の時期を逸しただけでなく、会社としての品格も台無しにしました。この場合は、すべてトップの責任であり、メールを発信した社員の責任を問うことはできないと思います。

 日々仕事をしていると大なり小なりのトラブルに遭遇します。やはり一番はお客様のクレームでしょうか。最近、一年前に提出した成果品の地盤高を間違えていたことが施工の段階で判明しました。その連絡があったとき担当者は既に退職していましたが、連絡を受けた社員と上司は間違いを確認し、すばやく対応して事無きを得ました。しかし私の耳に入ったのは1ヵ月後だったのです。その間役所にも行くこともありましたし、施工された業者の方にもお会いしていました。
 弊社のあるべき社員像、情報の共有化について「7.悪い情報は早く、よい情報はゆっくりでよい」を読み直してください。今回の第一の責任は、担当者からの報告を自分のところで止めた上司であり、そのことを知った私は、厳しく叱責したことは当然であります。

 困難なことに遭遇したとき、事が大きければ大きいほど策を弄してはいけない、小さなことでもすばやく報告をしなければなりません。



第16回中国地区測量技術発表会
 去る6月21日米子コンベンションセンター小ホールにて、「測量の日」中国地区連絡協議会主催による「第16回中国地区測量技術発表会」が行われました。
 当日はコンベンションセンター小ホールがほぼ満席の約250名の参加があり、盛況のうちに無事発表会が行われました。
 当社から野坂さんが「河川・ダムにおける流量観測」の技術発表を行いました。
国土地理院 中国地方測量部 部長 日谷仁英様による開会挨拶
技術発表1「三次元レーザー計測とその利用」
アサヒコンサルタント㈱
空間情報室 係長 福田和美さん
会場はほぼ満席の状態でした。
技術発表2「河川・ダムにおける流量観測」
野坂さんの発表です!
社内技術発表会での予行演習の成果もあり、落ち着いた発表で約30分間の発表も無事終わりました。
野坂さんご苦労様でした。
続いて鳥取大学名誉教授 藤村 尚様による特別講演「地盤を測る」が行われました。
技術発表会3「三角測量を創業した田坂虎之助」
(社)日本測量協会測量技術センター中国支所 支所長 西田文雄様の発表です。
最後に閉会挨拶を鳥取県測量設計業協会 会長 大野木社長が行われました。

簡易支持力試験機(エレフット)講習会
in鳥取県中部総合事務所
 2011年7月8日に、鳥取県の職員の方々を対象にエレフットの講習会を開催いたしました。エレフットをご購入いただいた農林水産部よりデモのご依頼があり、開催の運びとなった次第です。
 当日は鳥取県農林水産部・中部総合事務所・日野総合事務所などから約10名、当社から中島・近藤・角の3名で程よい参加人数となりました。
 3月に行われたデモの経験を生かし、午前中に座学、午後にフィールド研修を行いました。事前に質問事項をお伺いし回答の取りまとめを行ったことでスムーズに進行ができ、有意義であったように感じます。

講義は、基礎編として単位について~平板載荷試験、トラブル防止策、エレフットについて等々多岐にわたった内容でした。節電のためか開始当初、空調が入っておらず汗だくになりながらの講義でしたが、決して冷や汗ではないことをご理解ください。また、写真に写っている天井の照明器具は蛍光灯タイプのLEDでした。今後普及していくのでしょうね。
いよいよフィールドでの研修です。初めに、試験の方法について説明いたしました。
3班に分かれて、それぞれ地盤が異なるようなところでの試験です。購入されて実際に使用されている方もあり、手慣れた感じで試験を行っていました。当日はこの上ない天気で暑かったのですが、それを何とも思わせないような皆さんの熱心さが感じられました。
室内に戻ってデータの取りまとめです。エレフットの試験は簡易的で、ノートパソコン等があればその場でデータ整理もでき、支持力の評価ができる有用なツールであることを再認識いたしました。


測量設計業協会西部支部 ソフトバレーボール大会

去る6月24日に毎年恒例となっています測量設計業協会西部支部主催によるソフトバレーボール大会が開催されました。
今年は安全第一でケガの無いことを祈っての参加でした。
今年初参加の岡田さんからコメントを頂きました。
 6/24に測量設計業協会主催のソフトバレーボール大会に参加をしました。
初めての競技参加ということで前日から緊張していましたが、試合が始まるとチームの方々の温かい声援で緊張が解れ、楽しくプレーができました。
今回のソフトバレーボールは団体競技ですので、チームワークやコミュニケーションが大事な競技です。そのような絶好の機会を設けていただいたことに嬉しく思いました。
よい思い出となった一日でした。
開会式の大野木社長挨拶。西部支部会員企業9社の全16チーム参加です。
Aチームは予選リーグを3位で通過し、3位チームのトーナメント戦で2位となりました。 Bチームは予選リーグ最下位の4位で4位チームのトーナメント戦で16チーム中最下位となるところでしたが、何とかダイニチ技研Bチームに勝ち、最下位は免れました。
今年の大会も他社の方がケガをされたようですが、当社はケガも無く無事役目が果たせました。


とっとり環境デーイベント「愛らぶ東郷池」

去る6月25日にとっとり環境ネットワーク主催によるとっとり環境デーのイベントに参加しました。
当日は時折小雨模様のあいにくの天気でしたが、環境に関心のある方の参加がありました。
小型風車、リライト、外断熱屋上緑化システムの展示を行いました。 福島原発問題の事もあり、自然エネルギーへの関心は高まっているように感じました。
太陽光、太陽熱を利用したシステムにも関心が高まっていました。 東郷池のしじみ汁とおにぎりが振舞われテントは大盛況となりました。

 7月9日には地質調査技士の試験も終わりました。合格発表は9月です。
 今月は測量士・測量士補の合格発表があります。沢山の合格者が出ることを祈っています。

 RCCMの願書も7月中申請です。余裕を持って申し込みをしてください。

今月のグラウンドワークは歩道の草取りを中心に行いました。
来月のグラウンドワーク8月10日は「道の日」とも重なり、鳥取県西部総合事務所の皆さんと一緒に活動を行います。
一度西部総合事務所に集合し、17:30から出発式の予定ですので、たくさんの参加をお願いいたします。
鳥取県の補助事業「鳥取力」でカマを購入し、歩道の植樹桝に生えていた草を刈りました。
武道館前の歩道にはこんなに草が。。。袋には入らない位の量でしたので軽トラで運びました。



6月26日には恒例の皆生ボランティアが行われました。小雨模様のあいにくの天気でしたが、予定通り行われました。
開会式 野坂市長も来られていました。 ピンクの帽子は良く目立ちます。
長尾さんもはるかちゃんと参加でした。 終わってみればこんにゴミが集まりました。

今月の廃食油回収は近藤さんと山邉さんでした。今月もまずまずの量で合計210リットル回収しました。
8月の当番は測量調査Gです8月10日ですので、よろしくお願いいたします。

今年2回目のフリートーキングはバーベキューでした。
今回はたくさんの女性の参加者がありました。来月は全社員研修の後の全社フリートーキングを行います。たくさんのご参加をお願いします。
カキ氷も好評でした。 最後に参加者で記念撮影を撮りました。



先月号のKDDIから頂いたマウスパッドは野口さんに渡りました。

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので総務部まで、ご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
 24日には水鳥公園と加茂川のボランティアが行われます。そして30日と31日には米子の名物がいな祭りも開催されます。
 例年、みこしの担ぎ手が高齢化と人手不足で苦しんでおります。若い力を求めますので積極的に参加をお願いいたします。
 地域貢献の心で行事を盛り上げていきましょう!
最後まで読んで頂きありがとうございました。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。