HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.69
月刊誌 (2011年5月号)
2011年5月23日発行
NO.69
 『和して同せず』
代表取締役社長 大野木昭夫
 論語・子路の中に「君子は和すれども同ぜず、小人は同すれども和せず」の前半部を取ったもので『和して同せず』の文言があります。本来の意味は、「和」は、主体性を持ちながら、他人と親しく交わり助け合うこと。「同」は、自分の考えもないままに、ただ他人の言動に同調することです。

 今回の大震災では、距離的に大きく離れている鳥取県民にも非常なショックを与えるものでした。みんなが気分的にも落ち込み、4月に入って桜の花見や歓送迎会の自粛と、なにか華やかなことをするのが、まるで悪い事をしているかのような心持ちになったのも、正直なところでしょう。
 確かに所構わずのドンちゃん騒ぎはいただけませんが、過度の自粛は自分たちの周りの経済までも停滞させてしまい、ひいては全国の経済が冷え込んでしまいます。
 このような時こそ被災された皆さんに、自分たちのできることは進んで行っていくことが必要です。しかし悲惨な現状を目にして、沈んだ気持ちばかりを拾い上げてもなりません。和とは傍に寄り添うような「調和」の心であり、同とは同じような感覚に「同化」してしまうことです。
 
 また、孔子は君子の協調のしかたについて、「お互いに助け合いながらも、むやみに同調して従ったりはしないものだ」と述べています。
 会社の中でも自分のまわりの意見に耳を傾けつつ同化してしまう人がいます。特にリーダーに求められるのは、部下やまわりの意見に聞く耳は持つが、客観的な判断に基づいた行動をとれる自分の判断基準を持つことです。

 最後に、当社でもこの連休、被災された皆さんの支援ボランティアに、村上、中田君2  名の有志が出かけました。まさに、主体性を持ち、他者に交わり助け合うことを実践してくれた姿だと、拍手を送りたいと思います。




東北地震ボランティアに行ってまいりました
 
 2011年3月11日14時46分に、日本の三陸沖、深度約24kmでマグニチュード9.0の海溝型地震が起きました。テレビでも頻繁に報道され、今現在も捜索活動が行われ、被害を受けた方は避難生活を余儀なくされています。
 
 3月11日に起きた大地震。テレビの前で津波が全てを破壊していく様子を見て、心の隅っこで「所詮人事」だと思ってしまった自分がいた。そのことをずっと後悔し、情けなくなり「何かしなくては」という思いが芽生えた。震災直後から、家族と話し合い(原発の問題も含め)今回のボランティア参加を決意しました。 (談:村上)
 
 発生当時のテレビでの生中継を目撃してから、日本全域にとどまらず外国の方からも声援、支援が行われている中、直接自分に今できることをしたいという気持ちから、ボランティアに行くことを決めました。(談:中田)

【南三陸志津川中学校付近】
震災前 震災後

腰痛のため参加を辞退された根鈴さんに見送られ30日夜出発しました。
仙台市に入る手前から高速道路、パーキングに段差、修理跡がいたるところで見受けられました。

目的地、多賀城市に到着し、海岸線(七ヶ浜)を走っていると、
家が壊滅的な光景に出会いました。海岸部というのもあり、道が洗い流され、電柱が押し倒され、車が家に放り込まれ、瓦礫の山だけが残っていました。ちょうどそこに住まわれていた方を見かけましたが、何かを探そうという様子もなくただ家があっただろう場所を眺めるだけでした。
その日(1日)は夕方に到着したということもあり、ボランティアは行わず早速テント生活第1日目をスタートさせることにしました。
翌日(2日)朝9時から受付というのもあり、8時半前にボランティアセンター(VC)にならんでみましたが、
すでに長蛇の列。150人近くは並んでいました。列は県内、県外で別れていましたが、8割以上が県外のボランティアの方であふれていました。9時から受付開始でしたが、受付を通ったのは10時5分。ボランティア人口の多さに驚きです。

待合の廊下の壁には、全国各地からこんな応援メッセージが。

受付も終わり、派遣先も決まると早速現地へ。数日間回ってみたが、いろいろなボランティアの方の話をきくと基本的に泥だしがメインのようで、側溝から畑、家の中・基礎、庭、駐車場などいろいろな場所で作業が行われているらしい。自分たちも今回は例に漏れず作業内容は畑の泥だし。
今回は泥が乾いていて、既存の土とはがれるように泥が取れました。それを土嚢につめ最後に庭のきの周りを掃除して終了。ボランティアはあくまでも無理をせず、できる範囲でというのが基本のようで、一時間に一回休憩を入れ、土嚢も入れすぎずみなが持てる重さでまとめていきました。

2日、翌日3日~7日まで、6.日間さまざまな形でボランティアに参加してきましたが、被災を受けた当事者の方だけの力では何もできない部分が多く、未だ多くの人の助けが本当に必要とされている現実を目の当たりにしたことが一番印象に残りました。帰宅時くたくたでありながらなんとなくやり残した感があったのも、まだまだボランティアの力を必要としているということがはっきり分かったからだと思います。短い時間でしたが今後何かしらの形でボランティアできることがあたらまた参加したいと思う貴重な体験ができたと誇りに思える体験でした。

出発前の4月27日には幹部からのカンパを社長から村上君と中田君にお渡し頂きました。

第65回SGC杯ゴルフコンペ開催
 今年も恒例春のSGCゴルフコンペが五月晴れのもと、大山アークカントリーを会場に行われました。
 今回で回数を数えること65回目となり、今回の大会は東日本大震災チャリティコンペというサブタイトルでお客様、協力業者の方々合わせて50名のエントリーがありました。
 チャリティの内容は、アウト7番ホールとイン17番ホールのショートホールでワンオンしなかったらそれぞれ500円の募金を頂くということで、43,500円の募金が集まりました。ということは、全員がワンオンしなかったら50,000円になりますので、ほとんどの方に大会の趣旨をご理解頂き、募金に協力して頂いた事となります。
 集まった募金に参加費から20,000円プラスして63,500円を赤十字に募金し、被災地に届けてもらいます。皆さんご協力ありがとうございました。
 
 さて、大会はと言いますと、少し風は強かったですが天候もよく、芝生の緑も気持ちよく、それぞれが親睦を深めることが出来ました。
 結果はスペックの筒井様が初優勝を飾られました。
開会式の様子
チャリティーホールの一つアウトコース7番ホール
ティーグランドからグリーン方向
大会成績
順位 氏名 アウト イン グロス HDCP NET 順位 氏名 アウト イン グロス HDCP NET
1 筒井敏実 44 54 98 27.6 70.4 26 野田圭一 43 56 99 20.4 78.6
2 馬野和彦 46 49 95 24.0 71.0 27 前田隆文 46 58 104 25.2 78.8
3 山口克浩 42 39 81 9.6 71.4 28 足羽真一 52 57 109 30.0 79.0
4 森本詔照 44 40 84 10.8 73.2 29 村上 明 53 49 102 22.8 79.2
5 足立収平 50 49 99 25.2 73.8 30 中本泰司 53 49 102 22.8 79.2
6 片山良孝 40 44 84 8.4 75.6 31 大野木昭夫 49 58 107 27.6 79.4
7 加藤 朗 43 47 90 14.4 75.6 32 秦登志博 48 53 101 21.6 79.4
8 中岡 勤 53 43 96 20.4 75.6 33 足立日出男 55 61 116 36.0 80.0
9 赤井伸江 48 48 96 20.4 75.6 34 橋本晴人 49 56 105 24.0 81.0
10 小笠原 淳 51 51 102 26.4 75.6 35 井木敏晴 50 55 105 24.0 81.0
11 黒見純治 39 43 82 6.0 76.0 36 金口昌男 49 61 110 28.8 81.2
12 池田幸仁 48 45 93 16.8 76.2 37 津村寛司 47 53 100 18.0 82.0
13 島田静男 44 49 93 16.8 76.2 38 渡部秀美 56 58 114 31.2 82.8
14 井上哲郎 47 45 92 15.6 76.4 39 川本栄三 53 54 107 24.0 83.0
15 兜山 功 49 47 96 19.2 76.8 40 山内 功 54 51 105 21.6 83.4
16 今出 上 47 42 89 12.0 77.0 41 山崎将秀 53 49 102 18.0 84.0
17 鷲見邦夫 43 39 82 4.8 77.2 42 長谷川正行 54 50 104 19.2 84.8
18 吉田 章 48 52 100 22.8 77.2 43 今岡賢志 55 54 109 24.0 85.0
19 山川秀明 44 49 93 15.6 77.4 44 由田浩司 57 58 115 28.8 86.2
20 角田隆志 50 51 101 22.8 78.2 45 近藤靖彦 60 65 125 36.0 89.0
21 松山 久 52 48 100 21.6 78.4 46 小坂充宏 57 68 125 36.0 89.0
22 山根卓二 50 50 100 21.6 78.4 47 手石光晴 59 66 125 34.8 90.2
23 荒木久美子 51 55 106 27.6 78.4 48 井上一貴 58 70 128 36.0 92.0
24 森山和則 50 50 100 21.6 78.4 49 福本一浩 66 65 131 36.0 95.0
25 前田 譲 49 50 99 20.4 78.6 50 野口誠司 71 72 143 36.0 107.0
優勝者の㈱スペック 筒井様です。
次は11月の予定です。今回は都合により参加できなかった方も、次回は参加よろしくお願いします。

第5回安全協議会定期総会が行われました
 5月20日(金)17時よりホテルハーベストイン米子にて今年で5回目となる定期総会が行われました。
総会では任期途中ではありましたが、役員改選により会長が明日ボーリングの福本一浩様からアイエヌボーリングの今岡賢志様に、監査役が今岡賢志様から山本ボーリングの山本哲也様に交代となりました。
 今年も事業計画を承認頂き、安全を祈って閉会いたしました。
前会長 福本様のご挨拶
新会長 今岡様のご挨拶 新監査役 山本様のご挨拶

今月の資格取得者もありませんでした。

測量士、測量士補の試験が昨日の日曜日5月22日に実施されました。当社からも受験者がありますので、7月の発表には合格者が出ることを祈っています。


今年2回目のグラウンドワークを5月11日に予定していましたが、大雨のため1週間遅らせ5月18日に無事行いました。
この日は天候もよく、6コースに分かれて行いました。

だいぶゴミも少なかったように思いますが、やはりタバコのポイ捨てが余計に目立つように思いました。

【廃食油回収】
廃食油回収は田島さん、赤井さん担当でした。今月は合計279リットル回収しました。
6月の当番は測量調査Gです。6月8日ですので、よろしくお願いいたします。

鳥取支店の活動状況です!
鳥取も5月11日に実施していただきました。

倉吉営業所の活動状況です!

今年初めてのフリートーキングを行いました。
4月入社の山邉君と徳永君も初参加です。 鳥取から田中さんも参加されました。
松岡Mの一本締めでお開きです。
次回は7月のBBQです。

新入社員紹介
名前: 熊田 安亮
入社年月日: 平成23年5月1日
生年月日: 昭和30年12月11日
所属: 鳥取業務グループ
自己PR: 学生時代はテニス部に所属していました。最近はまったくやっていませんが健康管理のため再活動を考えています。

特殊な経歴としては、2年前に主催者に騙されて市民オペラの舞台に立ったことがあります。
「(男性が少ないので)立ってるだけでいいですからお願いします」という誘いだったのですが、1年間の練習は過酷でした。
(なおそれまで、私はオペラなるものを見たこともありませんでした。)

仕事に関しては、白兎設計時代は補償、開発行為、公園緑地、文化財(史跡)保存修理などを担当しました。
シンワ技研では、企画営業という立場で、国交省の総合評価に関する受注戦略を担当しました。

今後は鳥取支店を拠点に、様々な角度から活動し、社業の発展に寄与したいと思います。

好きな言葉は、古典的になりますが以下のとおりです。

1.守・破・離
2.朝聞夕死


今月のリサイクル品はKDDIから頂いたマウスパッドです。大きさは15cm×17cmでレザー風です。
希望の方はメールで吉田まで連絡をお待ちしています。

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので総務部まで、ご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
 本日5月23日よりグループウェアがノーツからAipoとX-pointに変わりました。
 皆さん戸惑いもあろうかと思いますが、早く慣れていただき、活用していただきたいと思いますので、ご不明な点はIT委員若しくは吉田までお申しで下さい。
 
最後まで読んで頂きありがとうございました。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。