HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.2
社内報(2005年10月号)
2005年10月24日発行
NO.2
 <わが社の人事制度の行方>
代表取締役社長 大野木昭夫
 今年の経営方針に「成果主義を柱にした人事評価制度の確立」を掲げています。現在、委員会で検討を進め、最終案のまとめに入っています。

既存の人事制度の問題点は、最初立てた目標の達成度にこだわり過ぎていたことでしょう。これほど経済状況や市場が日々刻々と変化する時代では、目標を立てても常に目標修正を迫られます。このことを踏まえ、今回の人事制度見直しでは、「事前の目標設定より事後の貢献度評価(プロセス評価)」に力点を置いています。評価のウエイトでは、上司は「結果」で部下は「結果貢献度」で評価します。

例えば受注高や利益額は「結果」です。役員・部長・リーダーにおいては上位になるほど結果重視です。しかし上司の指導で具体的な業務を遂行している部下は、結果を出すために作業の責任を任されています。したがって成果の評価は「任された業務をいかに的確に遂行したか」にあると思います。たとえば「一生懸命営業をしました」「良い提案をしました」と言っても受注しなければ何にもなりません。ここにおいて上司は「結果」を問われますが、部下は努力によってどれだけ成果に近づくことができたかという「貢献度」を正しく評価しなければなりません。

当然、すべての社員に結果評価はありますが、ウエイトに差をつけることによってプロセスを評価できる制度を目指します。委員会メンバーは人事制度の取りまとめをする際に、再度この原点に立ち返って検討をしてもらいたいものです。


今月は設計部が購入した、コンクリート診断に使う超音波試験機について、中岡部長から投稿していただきました。
設計部では、9月15日にコンクリートのひび割れ深さや圧縮強度を測定できる「超音波試験機ティコ」を購入しました。
現在、県内コンサルでひび割れ測定器を所有しているのは当社だけであり、このことを対外的にPRしていく段階です。これからホームページにも載せます。

具体的な活動としては、鳥取県コンクリート診断士会として、9月21日に八頭県土の「新森坪橋橋台(佐治町)」でコンクリート診断を実施し、9月29日に中部県土の「尾張橋上部工床版(琴浦町)」において、県技術職員の研修会(実際の調査法を学ぶ)に参加し、ひび割れ測定の実演を行いました。
この時は若手の県職員が多く、測定原理や測定値(コア抜き実測値との対比)及びティコの値段等に興味を持っていただきました。

機器を購入していきなり実演の機会があったわけですが、ギャラリーの前で両箇所とも何とかそれらしい値が出たのでほっとする反面、ひびの深さは本当にこの値なのだろうか?と思う場面もありました。
測定値は誤差が含まれており、また使用限界もありますが、今までの外観目視だけではわからなかったひび割れ深さが非破壊で測定できることにより、コンクリート診断と対策工選定に活かせるデータを取得できる有用なツールであることを改めて実感しました。

当面は県や民間施工会社への継続PRと、機器のレンタル(有料)を考えています。 
超音波試験機ティコ 測定状況
【新森坪橋】測定結果
 

『角盤座デイサービス』がオープンしました!
角盤座の各社新聞記事
改装工事を終え、託児所からデイサービスに変身しました。
新しいスタッフを向かえ、いよいよ2号店のスタートです。
新たにリハビリ機器を2台導入し、機能低下防止のために無理のないトレーニングが出来ます。

近くを通られた際には、ぜひお立ち寄り下さい。
また、お知り合いの方がいらっしゃったらご紹介下さい。
開所式の模様 スタッフです
2台のリハビリ機器
パートでお世話になっている山根さんからコメントを頂きました。
利用者様に笑顔でゆっくりなごんで帰って頂けるように頑張ります。また、パワーリハビリの機械も入りましたので利用者様の体調管理に十分留意していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。m(__)m
案内図

10月20日時点で6基のうち、4基のブレードが付き、残すところあと2基となりました。
今月は9月28日に行われた設計部の技術研修の記事を掲載します。
大山町福尾集落の上部より風車を望む(10月20日撮影)

設計部の技術研修として、9月28日(水)に「大山風力発電所建設工事現場(2号・3号機)」において施工現場研修・意見交換会を実施しました(他部も含めて総数13名参加)。

今回は風力発電施設の「輸送、架設組立、タワー内処理等」について説明を受け、「仮設設計や基礎設計の配慮点」等を施工サイドと意見交換しました。

主な意見としては、
・ 現場直近まで海上輸送し、架設機械も大きかった。
・ 風車の部位毎に3つの製造国があった。
・ 机上で計画したが、実物を見て圧倒された。
・ 基礎配筋について、施工を考慮した形状工夫も必要だった。
・ 仮設計画の大切さを実感した(地元対応、排水処理等)。
・ 塔の鉛直精度管理は基礎上の台座調整時だけだった。
・ 今回実物を確認したので、今後の営業活動に活かしたい。

今回は、当社が関わった大型風車第一号機の組み立てに立ち会え、業務に関わった人もそうでない人も、色んな意味で感慨や学ぶべき点があったと思います。
3号機と550tクレーン 基礎固定の細部説明
ブレードに手形を付けました タワー内部
来月もお楽しみに!

ボランティア
今月は鳥取支店の鳥取砂丘除草作業ボランティアを野坂さんに投稿して頂きました。

8月27日早朝、鳥取砂丘の草原化防止などを目的とした鳥取砂丘ボランティア事業に参加しました。

8月末の早朝とはいえ朝日があたりだすと砂漠のど真ん中での作業は非常に厳しいものでした。
また、当社の担当範囲が斜面ということと、取っていい草と保護しないといけない草の区別で大変でした。

この作業で「風紋」の数が増えることと思います・・・。
参加者の皆様ご苦労様でした。

(H17.9.25 日本海新聞より)
 
今月は9月22日実施した鳥取支店のフリ-ト-キングです。

毎月恒例のフリ-ト-キングを誕生会のあと行いました。
業務の都合でみんなが一同に揃いませんでしたが、とりあえず全員出席にて行いました。
毎回、みなさんの工夫を凝らした料理にお酒も進みました。
特に田中シェフの料理はいけます。
後片付けが大変ですが・・・・。



かしわぎあきら
名前: 柏木 朗
生年月日: 昭和45年12月7日
入社年月日: 平成17年10月1日
所属: 角盤座
趣味: 休日の家族とのそぞろ歩き。色々なところに出没します。パチンコも嗜んでいましたが、しばらく、休止中です。
自己PR: 皆様、開所準備では大変お世話になりました。お客様に喜んでいただける施設を目指してがんばります。今後ともよろしくお願いします。
いなたあすか
名前: 稲田明日香
生年月日: 昭和56年11月27日
入社年月日: 平成17年10月12日
所属: 角盤座
趣味: 音楽鑑賞
自己PR: 入社したばかりでわからない事が多いので、一所懸命座長について、利用者の方に「角盤座に来て良かったな」と”ほっと”落ち着けるような場所に出来る様頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。
たなかえいじ
名前: 田中英治
生年月日: 昭和59年2月10日
入社年月日: 平成17年10月6日
所属: 昭和座
趣味: ツーリング、ビリヤード
自己PR: 経験・知識を積み、福祉住環境コーディネーター・ケアマネジャー等多くの資格取得を目指し、より良いケアが提供していけるよう努力していきます。また、日々笑顔でいれるように心がけたいと思います。

合格おめでとうございます!!
今月は3名の資格取得者がありました。

まずは補償業務管理士に合格された測量部の藤原さんのコメントです。
この度、幸運にも補償業務管理士に合格しました。この資格は国家資格で無いためか、日本補償コンサルタント協会主催の講習を受けないと受験が出来ない等、いろんな受験制限のある資格でした。
試験の内容も、自分は補償業務に関する知識が乏しく、大変難しいものでしたが、補償課の中本さんに毎日のように勉強会を開いていただき、出来るだけ知識を詰め込んで試験に向かいました。
今回ほど周囲の方々に助けてもらった試験はなかったなと思うのと、合格しようという意志を持てば、何とかなるもんだなと実感しました。
皆さんありがとうございました。
次はCALS/ECインストラクターに合格された測量部の前田さんと業務部吉田のコメントです。
受験してみて予想とはうらはらに難しいものでした。試験は5択と穴埋め問題。最終的には時間がなくなり見返すこともできない状態でした。あわや残念か!という感じもありましたが辛うじて受験番号がありました。ホッ~!!
この資格は、私たちが行っている電子納品、電子入札など国の施策でもある「e-Japan」戦略に基づくものであり、これからの時代にさらに必要となる知識を問うものであります。これからも資格取得を期にCALSに携わって勉強していきます。(測量部 前田)
2002年度より始まったこの資格も年を重ねる毎に合格率が下がってきており、2010年にはすべての自治体が電子入札、電子納品になることから、ここらで受けておかないと、と思い受験しました。
今年から事前の講習会参加は任意となりましたが、初めての受験でしたので講習会に参加し、試験前日でしたが試験の内容と問題の理解ができました。講習会でも時間配分の事は注意するようにとありましたが、実際の試験でも残り時間がなくなり、見直しする余裕もなく終わってしまいました。
結果は合格ということで良かったですが、資格を取るだけでなく、資格者としての自己研鑚をしなくてはと感じています。
この資格はお金も掛かりますが、皆さんもチャレンジされてみてはいかがでしょうか。(業務部 吉田)


もの造り委員会より
もの造り委員会の現状報告
現在は、全社員の「負荷と余力の見える化」具現化に向け、検討と一部試行を行っています。以前公表した「負荷と余力の見える化表(グラフ)」については、最初は画期的でしたが、問題点(見えるデータのパターン化(マンネリ化?)、入力手間と開発コストに見合った活用が出来るか?等)も見えてきたため、根本的な再検討に入っています。
これと並行して、現在の「個人負荷」を何とか見える化できないかということで、部単位で下表に示す「週間予定表」を作成し、一部の部(測量、設計、調査等)で試行運用しています。この表により、1週間程度先までの作業や協議予定の情報共有と、個人の忙しさ度合がわかります。
個人の忙しさ度合については、とりあえず自己申告で忙しさを着色(赤、黄、無色、青の4段階)することにしました。
この表を使って個人負荷の見える化が出来るか検討していきます。

システム改革委員会
より
社内報の名称を公募していますが、まだ1件しか応募がありません。
再度皆さんにお願いです。
メールで11月11日(金)の17:30までに吉田へ送って下さい。
奮って御応募ください!!

ホームページの背景写真をフラワーパークで撮った「花の丘に咲く赤いサルビア」の写真に更新しています。
次回は皆さんの力作をお待ちしています。

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 システム改革委員会
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。