HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.179
月刊誌 (2020年7月号)
 
令和2年7月22日発行
NO.179
<危機を乗り越える三要素>
 
代表取締役社長 大野木昭夫
 

 先月末、三か月ぶりに東京へ行きました。地下鉄に乗れば、マスクはしているものの隣どうし詰めて座っています。道を歩けば、とても2mの間隔をあけて歩く状況は見られず、こんな以前と変わらぬ環境で本当にコロナ感染は大丈夫かなと不安にかられました。

 しかし最後は、自己判断です。自分の知識を蓄積し、時々に変わる状況を捉えて判断する力を磨く以外にありません。

 例えば、地下鉄では、社内の空気が循環していれば、隣に人がマスクをつけて座っていても大丈夫と判断します。また戸外での近接は、正面で向かい合わなければ大丈夫と、自己判断をしています。

 今回は測量設計業協会の会議で、夕方から懇親会が開かれました。さすがに議員御用達の宴会場だけあって、しっかりと感染防止の対策が施してありました。来客の案内、料理の提供、空気の入れ替えなど細心の注意がしてあります。このようなしっかりとした対策を行っている施設であれば安心できると思わせるものがありました。

 同じ地域の中でも、雑多に集まり近い距離で会話して飲食をする飲食店があり、一方で感染者は一人たりとも出さないとするマニュアルが行き届いた会食施設と、この違いは一体何から生まれるのでしょうか。

 思うに、どこかしら他人事意識があるのではないでしょうか。自分だけはかからない、かかっても重症化しない、休んでも迷惑をかけないといった「自分くらい、ひとりくらいしなくても」といった考え方です。

 次は知識を持っているかです。どんなウィルスなのか、飛沫感染かエアゾル感染もあるのかなど、正確な知識の習得に努めないと対応ができません。

 更には、感染しない・させないのルール作りと実践です。たとえば、災害に遭遇した時に緊急で適切な判断を下す場合は、ルールに沿った行動手順が決まっていると、慌てないで対応できます。

 当事者意識、正しい知識、目的を果たす手順の整備と行動は、コロナ対策だけでなく、良い仕事をする上でも大切な三要素です。

 


第14回社内技術発表会
 
令和2年6月20日(土)に第14回社内技術発表会と全社員研修を行いました。
今年はコロナウイルス感染拡大防止の為、社内でTeamsを使用して技術発表会と全社員研修をしました。画面を通して発表をすることで発表者は聞き手側の様子を見ることが出来ないなどリモートならではの課題がありましたが、工夫を凝らした発表で情報共有を図ることが出来ました。
 
   
  大野木社長より最優秀賞の増栄さんへ  
         
社内技術発表会最優秀賞
本社 構造保全チーム
増栄 匠

この度、技術発表会で最優秀賞をいただきました。ありがとうございます。 私は今までプレゼンの資料作成や発表などをする機会が少なかったので、資料作成時は資料の構成や発表する内容がぐちゃぐちゃでした。
そこで、重森リーダーを始めとするチームの方々にご指導や発表の練習を見ていただき何度も練習を重ねました。おかげで、最優秀賞を取ることができたと思います。チームの皆様ありがとうございました。今回の技術発表会を通して、文章力や分かりやすい資料作成、しゃべるスピード、言葉遣いなどは今後の私の課題だと思いました。これら、課題を補いながらも更なるスキルアップをしていけるように努力していきたいと思います。

鳥取支店 環境チーム

山口 学

「天神川水系水質採水分析業務の事例から見る水質調査業務の評価点アップについて」を発表しました。初のTeamsを使用しての技術発表を経験して良かった点は直接大勢の人前で話さないため緊張感は少なかったです。難しかった点は聞いている人の表情等が分からないため内容が伝わっているか不安になったところです。今回の発表で貴重な経験ができました。

本社 ICTチーム

角田 隆司

この度、グリーンレーザーについて発表する場を作って頂きありがとうございました。内容としては全てを伝えることは出来ませんでしたが、データを取得する難しさや現場は1人ではできないことは理解して頂けたかと思います。初のTeamsでの発表だったので、聞いてくださっている皆さんの様子がわからないことが自分にとっては緊張感につながりました。自身の発表能力はまだまだ未熟ですので、今後訓練してスキルアップしていきたいと思います。

鳥取支店 地盤調査チーム

田中 卓也

この度、発表者として発表させていただきました。発表資料を作成することにより、業務の理解度を深めることができたと思います。PowerPointを使って、人前で発表することが学生時代以来でしたので、大変緊張しましたが、いい経験をさせていただいたと思います。

全社員研修
 

全社員研修では社会保険労務士の宮永秀昭様と
美保テクノス(株)石田泰弘様に講師をしていただきました

 
     
 

社会保険労務士  宮永 秀昭様

今回は、様々なハラスメントがある中、今年6月よりパワハラ防止措置義務化を定めた、労働施策総合推進法が施行されたこともあり、パワハラ対策について理解を深め、ハラスメントを未然に防止すること、また自分の感情を抑えるトレーニング(アサーション)方法などを学びました。

 

美保テクノス(株)  石田 泰弘様

石田様からは安全教育としてKYT(危険予知訓練)研修をしていただきました。様々な状態や状況の中に潜んでいる危険要因を察知して、事故や災害の発生を未然に防止させるため、具体的なシチュエーションを例に危険予知訓練をTeamsを通して社員も発表する参加型の研修となりました。また県内で発生した労働災害が大幅に増加していることなど、身近で起きている労働災害の状況を知ることができました。

 
         
 

 

 
  Teamsを使用して技術発表会・全社員研修に各フロアから参加する社員の様子  
         
         
 

今回、司会進行をしていただいた野口さんよりTeamsでの司会進行の感想をご紹介します

 
 
司会進⾏をしている時は、映像や声が皆様にきちんと届いているか⼼配でしたが、ITチームシステムチームの薮内さんと筒井さんが迅速に対応されたこともあり、無事進⾏することが出来、安⼼しました。いつもよりゆっくり話すことを特に⼼掛けていましたが、気づいたら早⼝になっていたことが多々ありました。聞き取りにくいと感じられた⽅もおられたと思いますので、改善したい と思います。
         
  司会進行 総務チーム・野口謙二     
 

 
         
優良業務表彰
 
業 務 名 :鳥取砂丘コナン空港「航空機騒音調査業務委託」
発 注 者 :鳥取県
業務場所:鳥取市賀露町北外
業務内容:騒音調査(9地点×7日間)、コンター図作成
業務期間:令和元年11月22日~令和2年5月29日
現場代理人:環境調査チーム・黒田健治
 
     
  騒音測定状況   駐機中のB737型機  
  ■苦労した点

・航空機騒音は当社初めての調査であったため、航空機騒音の調査方法や考え方についてマニュアルやJISを繰り返し読み、業務計画を策定しました。また経験不足を補うため、データ整理の一部を外注(㈱日本総合科学)に出し、考え方や計算方法など比較検討を行いました。

・全天候型の騒音計や備品など計10台分の機材を準備・レンタルする必要がありましたが、冬期は騒音調査のシーズンとなるため品薄状態であり、機材確保に苦労しました。

・受注額が見積りより大幅に低く、実行予算では-3%の利益率でした。追加となりそうな作業は、営業グループの豊島M、福田君からアドバイス・増額交渉していただき、約20万円の増額となりました。また機材のレンタル費が受注額の約25%(約130万円)を占めたため、レンタル方法の変更や値引き交渉により約20万円削減しました。結果、最終利益率は約10%までアップすることができました。


 
  ■高評価の要因

・準備期間が1ヶ月半(年末年始を含む)と僅かでしたが、調査地点(計9地点)の選定、地元・関係機関との調整を当社主導で行いました。

・業務中は機器トラブルなど想定外の事案がいくつか発生しましたが、当日または翌日中に対応(対策を提案)し、大きな問題とならずに進めることができました。

・発注者が地元説明資料を作成される際は、航空機騒音の考え方や計算方法についてご説明しました。また資料作成などできる範囲でお手伝いをしました。

 
   
  航空機騒音コンター図 【 WECPNL 離着陸方向割合40% 】↑クリックでPDFが開きます  
         
  最後になりましたが、現場対応、データ整理をしていただいた環境グループの皆さん、コンター図や地形図を作成していただいた測量チームの村本さん、高井さん、発注者との調整・対応をしていただいた営業グループの豊島M、福田君、皆さんのご協力により業務を無事完了することができ、また高評価をいただくことができました。ありがとうございました。  
 

 
歓送迎会
 

去る7月10日(金)にANAクラウンプラザホテル米子にて仲田和男さん、福田洲夫さんの送別会と三鴨誠さん、澤口俊樹さんの歓迎会を幹部リーダーで行いました。

当日はコロナウイルス対策のため、ANAクラウン2階飛鳥の間の1/3を広々と使い27名の参加者でしたが、今までお世話になったお話などに花が咲き、時間が経つのもあっという間の歓送迎会となりました。

最初に会社からの花束とリーダー会からのフラワーアレンジメントの贈呈があり、今出専務の乾杯により宴はスタートしました。 途中、中岡部長の発案で仲田さん、福田さんに感謝の言葉をそれぞれがスピーチし、思い出話や懐かしいお話などがあり、最後に鷲見常務の中締めにより宴は閉会となりました。

仲田さんは平成21年から11年間、福田さんは平成26年から6年間という長い間お世話になりました。 新たに三鴨さん、澤口さんにも色々な面でお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします。

 
     
  会社からの花束贈呈   フラワーアレンジメントの贈呈  
     
  社長ご挨拶   澤口さんよりご挨拶  
     
  三鴨さんよりご挨拶   今出専務より乾杯のご挨拶  
     
  福田さんのスピーチ   仲田さんのスピーチ  
     
  ソーシャルディスタンス   歓送迎会の様子  
     
     
     
      鷲見常務の中締め  
 

 
第4回グラウンドワーク
 
去る、7月9日(木)、第4回グラウンドワークが行われました。 参加人数は55名と、暑い中たくさんの方に参加してもらえました(^o^)丿☆ ありがとうございますm(__)m 引き続き来月もご協力よろしくお願いします☆☆☆
 
   
  ~集合写真~  
     
  作業の様子  

 
 

今月のリサイクル品は

①先月から引き続きスマホケースです。自衛隊が好きな人必見!

②新商品!真空ステンレスボトル 300ml。
 こちら先月号に続き自衛隊シリーズ第3弾!飛行機好きな人必見!飛行機のシルエットが描かれています(*^-^*) 仕事に行く時やちょっとしたお出かけなどの際、自分のお気に入りのドリンクをマイボトルに入れて・・・(*‘∀‘)!

(=゚ω゚)ノ ご希望の方はお気軽に清水までお問い合わせください(^▽^)/

引き続き、リサイクル品を募集しますのでお家で使わないリサイクル品や景品などある方は総務チームまでご連絡下さい (^_^)/

     
  ①スマホケース☆   ②真空ステンレスボトル 300㎖☆  
         
         

編集後記

7月12日(日)に放送された世界の果てまでイッテQ!を観られた方はどれくらいいるのでしょうか?
12日の回は、いとうあさこさんが鳥取県と島根県のミステリーツアーと題して鳥取砂丘裏の海岸や、ベタ踏み坂、しまね海洋館・アクアス、隠岐のローソク島などが放送されました。

三徳山の国宝・三仏寺奥の院・投入堂も放送されたのですが、いとうあさこさんはそこで両手を天に向けて広げてパワースポットの恩恵を受けようとしていました☆
偶然なのか私はその前日に近所の神社に行き、森の中で両手を天に向けて広げていました(笑) 怪しい者ではありませんよ…(;・∀・)
その神社でお祭りがあったのですが、社殿までたどり着くのに187段の急な階段を上らないとたどり着かず、必死になって上がってお参りをして、神社のパワーを…と思い子どもたちと並んで木々に向かって両手を天に広げていました(笑)

ところでこの、「両手を広げるポーズ」いったい何なんでしょう…?その深層心理をご紹介します(^^♪
両手を広げるポーズは「ありのままの自分を知ってほしく、両手を広げ、隠し事とか無いよ~!私はオープンよ~!」と相手を受け入れて、また相手からも受け入れてほしいという心理が隠されているそうです☆ 逆に腕組みをするポーズ、こちらは警戒心、敵対心などの心理が表れているようですね。
商談で先方にお茶を飲ませたり、パンフレットや資料を持たせて、わざと胸元がオープンになるようにするのも作戦の一つと言われています。 私も販売業をしていた時、あえて商品をお客様へお渡しして手に取ってもらうことで胸元が開く姿勢を取っていただき、意図的にお客様の心理を掴む作戦で販売をしていました。

そして先日は神様に「私はここですよ~!!受け入れたいですよ~!!っていうか、受け入れてくださ~い!!」と両手を広げてきました((((oノ´3`)ノ

コロナの影響で夏祭りも軒並み中止が続いていますが、お祭りが無くても近所の神社などにご挨拶に行くのも良いかもしれません(*^-^*)

 

 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。
 

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務チーム
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。