HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.165
月刊誌 (2019年5月号)
 
令和元年5月30日発行
NO.165
<わからないことは「お任せ」にしない>
 
代表取締役社長 大野木昭夫
 
 新しい仕事や業務にチャレンジして成功させることは、自分の専門分野を極めることより難しいものです。何故ならば、新しいことには、明確なビジョンが必要ですし、信頼できるその道のパートナーが必要です。この2つが揃わないと、間違いなく挑戦は失敗します。

 私の旧知で、中国一円を市場に持つ建設関連業の役員がいます。彼からは、空き社有地の有効利用として飲食関係のサービスビジネスを始めたことを聞いていましたが、最近に全面撤退したことを知りました。
 撤退に至る色々な要因を聞きましたが、一番は、サービス産業に精通したと思われた店舗責任者とビジョンを共有していなかったこと、そして事業全体を机上の仕事でやってしまい、具体的な現場の流れが描けていなかったことでした。

 サービス産業の雇用形態は、来店客数や繁盛日によって社員と非正規社員の比率をオペレートしますが、店舗責任者のマネジメント力が乏しく、忙しい日に人が足りず、暇な日に人が余るという状況を繰り返しました。
 結果、損益は大赤字で、何人ものリストラを行わざるを得なくなりました。そうなると従業員の士気も下がり、お客様への配慮ができなくなり、従業員同士も意思疎通が欠けて険悪な雰囲気になってしまったのです。

 人なし、来客なし、金なし、という最悪の状況に陥り廃業に至ましたが、サービス業に精通していないのに安易に始めた結果の失敗だったと語ってくれました。

 私も同じような失敗をしました。介護保険が施行された平成12年を機に、建設業が介護業界に進出する責任者として、介護事業を立ち上げました。
 その後、介護業界は右肩上がりで成長をしたので、時流に乗り順調に売り上げを上げていました。
 10年ほど経過したとき、新たに通所介護施設(ディサービス)に進出しましたが、結果的には4年後2か所の施設運営から撤退しました。一つの施設は、施設長にすべてのマネジメントを任せて、施設長以下数名の集団離反を招いてしまいました。
 もう一つの施設は、東京から招へいした介護コンサルタントの指導を鵜呑みにし、地場の市場調査を精査せずに開設して、まったく収支が取れませんでした。

 新たな仕事の時は他人任せにしないで、肝心なマネジメントには自ら関与していく大切さを実感した失敗経験です。
そして、得た教訓は、新しいことだからと「わからないから、お任せ」は禁句です。
 今やっている業務でも、新しいお客様を開拓していくときは、①ビジョンを明確にして②他人任せにしない③信頼できるパートナーを見つける、そして「わからないことは最後まで追求する」ことです。
 

 
 フリートーキング
去る、平成31年4月25日(木)フリートーキングが行われました♪
別館3階会議室がリフォームで狭くなったので今年は昭和座が会場となりました☆
参加人数が23名と若干少なめのフリートーキングとなりましたが他部署とのコミュニケーションの場となったかと思います☆
 
とってもアットホームな雰囲気ですね (^^♪
   
 

 
 平成31年度自衛隊体験入隊
 
去る、平成31年4月16日(火)~平成31年4月18日(木)までの3日間、新入社員4名が陸上自衛隊米子駐屯地にて自衛隊体験入隊をしてきました
それぞれの体験後の感想文を一部抜粋してご紹介します(*^-^*)

 
~坂本さんのご感想~ 

一日目の基本教練では「気をつけ」、「休め」、「右向け右」、「回れ右」などの基本となる訓練を行いました。
学生の頃のやっていたものとは違い、”精度”と”めりはり”が求められ、なかなか体に身につけるのが難しく苦戦しました。さらに、指揮者の号令に合わせて同じ隊員と揃えることが難しく、初めのうちは皆バラバラになっていました。
しかし、回数を重ねるごとに隊の中で動きの確認や苦手な動きを教え合う様になり時間が経つにつれ精度があがり、動きだけでなく気持ちにも協調性が生まれていきました。

二日目は、13㎞の行進があり、各隊に10kgの荷物が預けられました。その荷物を隊員で交代しながら最後まで運ぶという課題が課せられました。
行進の初めのうちは精神的にも肉体的にも余裕がありましたが、進んでいくにつれ徐々に隊員の中に疲労が蓄積していき、弱音を吐く隊員も出てきました。そんな時、みんなが互いに励まし合い、自分も自然と「頑張ろう」「あと少し」と笑顔で声をかける事が出来るようになっていきました。

同じ会社の仲間だけでなく、他社からの体験入隊の方とも共に励ましあい、仲間と共に声を掛け合い、支え合うことで、辛い訓練でも切り抜けれることを再確認することができました。
今回学んだ”団結力”を今後の社会生活でも活かしていきたいです。
 
   
~陣内さんのご感想~

想像していたほど大変ではありませんでした。班長などにビシバシ指導され、ミスするたびに怒鳴り、腕立て伏せをさせられるかと思っていましたが全くそのようなことは無く、比較的穏やかに過ごせたと思います。

しかし丁度、米子基地でレンジャーと呼ばれる精鋭部隊の訓練が行われていたため、見学する機会が何度かありました。
こちらは予想通りの厳しさでとても大変そうでした。特に食事の時間、自分達のテーブルの隣がレンジャーのテーブルだったため、よく見ていたのですが、ほとんど無駄のない動作で食べるスピードは自分達の2倍以上でした。
就寝前の点呼も見学する機会があり、その時も長時間起立したまま微動だにすることがありませんでした。

体力面では、普段ほとんどしない筋力トレーニングを行おうと改めて思いました。体験入隊中、一回だけ筋力測定があったのですが、腕立て伏せは合格することが出来ましたが、上体起こしは合格することができませんでした。更に次の日は筋肉痛になっていました。
しかし一つ自信がついたこととして、行軍訓練体験では周りの隊員達が疲れた顔を見せる中、自分はかなり余裕がありました。これは普段から自動車に頼らずよく歩く生活をしている成果が出たと思いました。 
 
   
~栁生さんのご感想~

僕は今回の隊内生活体験でとても貴重な体験をすることが出来ました。

この隊内生活体験にくるまでは少し不安で、体験をする意味が正直分かりませんでした。
しかし、この二泊三日を過ごして、仲間の大切さ、団体行動の基礎など、多くの事を学び、この隊内生活体験に参加してとても良かったと思いました。

また、この国を守ってくださっている自衛隊の事も以前まではよく知りませんでしたが、今回ビデオを見せてもらったり、説明してもらったりして自衛隊がどの様な事をしているのかを詳しく知ることが出来ました。
自衛隊の仕事というのは、国民や国を守る事だと思います。誰でも適切に行動するということは、とても難しいことです。
だから自衛隊はいざという時を想定した訓練を行い判断力や注意力などの知識を身につけていくのではないかと思いました。

僕には、自衛隊の方のように国民や国を守るという大きなことはできませんが、僕も自分のできる事を精一杯して、これから生活していこうと思いました。
 
   
 ~山内さんのご感想~

今回の隊内生活体験では普段体験できないとても貴重な時間を過ごすことが出来ました。

自衛隊の方は声の大きさ、敬礼などの動作もとても奇麗で洗練されていました。
また今回の生活体験ではレンジャーという方たちの訓練を運よく見ることが出来ました。
レンジャーでは訓練の時間だけでなく常に「レンジャー」と言う掛け声を言い続けており四六時中訓練をしているといった感じでした。
私たちは生活体験と言う事でそこまで厳しくはありませんでしたが、食事も入浴もずっと班行動と言う事で、あまり自由に動くことができず少し不自由な事もありました。

今回の隊内生活体験では、チームワークの大切さ、自衛隊の訓練の厳しさを学びました。
この貴重な経験は人生でもう無いと思うので、いい思い出になりました。
そしてこれからの生活に学んだ事を活かして生活していきたいです。
 

亀尾安輝さんと松岡晃宏さんの
お子様からお礼状が届きました
 
 
 
 
 

 
新入社員紹介
 
 名前 まえさか  まさひこ
前坂  雅彦 
 生年月日 昭和38年3月15日 
 自己PR 陸上自衛隊を定年退官し、2年間病院で看護助手を行った後、
入社しましたので全くの素人です。
一日も早く業務・環境・人に慣れ、皆様と同じ目標に向かって
行けるよう頑張ます。
趣味はサスペンスドラマ鑑賞です (#^^#)

 
 
去る、5月9日(木)、第2回グラウンドワークが行われました。
参加人数は45名と、先月に引き続き多くの方にご参加いただきました☆
来月も皆さまご協力をお願いいたします m(__)m
 
~ 集合写真 ~ 
   
何があるのか黙々と作業中(*´ω`*)  ゴミ発見!! 
   
   
 
 鳥取支店
第1回鳥取市アダプト活動
 
去る、5月23日(木)鳥取市のアダプト活動がありました(*^-^*)
若葉台南7丁目側の植栽桝の除草とゴミ拾いを20名で行いました☆
 
 ~ 集合写真 ~
   
 かなりの草が袋に入っていますね☆ 火ばさみの魔術師参上! 
   
 落ち葉も多くありました( `ー´)ノ 
   
 奇麗になりました (^_-)-☆ ゴミ袋 15袋となりました♪
   
 
 白砂青松ボランティア
 
去る、5月18日(土)美勇会での白砂青松ボランティアがありました☆
8時にニチラスの前の松林に集合して作業開始となりました。
サンイン技術からは20名の参加者がありました。たくさんの方のご協力で担当エリアの松林を綺麗にすることができました m(__)m
 
 ~ 集合写真 ~
   
 

 
今月のリサイクル品は、先月に引き続き2点と新しく2点あるんです♪

①☆イラストレッチバンド☆

③☆エコバック☆

New!コクヨの文具セット☆

New!コインを携帯できる牛革製キーホルダー☆

ご希望の方は総務・清水までお気軽にお声かけください (*^_^*)。
来月も引き続きリサイクル品を募集しますのでリサイクル品がある方は総務チームまでご連絡下さい (^_^)/~
 
   
   
 
   
   
   

 編集後記
 
GWはいかがお過ごしだったでしょうか?(グラウンドワークじゃなくてゴールデンウイークです (‘ω’)ノ)

私は、1泊2日で社内の独身貴族と共に「ご縁旅行」なるものを企画して行ってきました♪
勾玉づくりから始まり、メンバー8人が首から勾玉をぶら下げて玉湯神社、出雲大社など縁結びゆかりの地を巡りました。(勾玉をぶら下げた集団はさぞや異様なものだったでしょう・・・ハイ(*´з`))

旅の締めくくりは八重垣神社での鏡の池でした。全員で整列して「せーのっ!」で占い用紙を池に浮かべました。この旅行でご縁パワーをたくさん吸収したのはSさんでした。
そして、初っ端の勾玉づくりの作成中に勾玉を落とし完成する前に思いっきり傷つけた私は待てど待てどと紙は沈まず・・・。待ちくたびれた皆は私を放置して駐車場に行ってしまう始末。
目安の15分以内に紙は沈んだのに、誰も証人がいない状態に・・。
駐車場へ行くと、みんなに「清水さん・・・大丈夫だよ!!」と、温かい目で訳のわからない慰めをうけるのでした(笑)

それでも、笑いあり、涙あり、喧嘩あり、ハプニングあり、感動ありの楽しい楽しい時間が過ごせました(*´ω`*)♡
   
こちらは「日本の滝百選」に登録されている龍頭ヶ滝(*^-^*)
落差40mの大迫力の滝は、滝の裏側へ回ることができます!
ビショビショになりました(^^♪
こちらが八重垣神社の鏡の池♪
稲田姫命が八岐大蛇の難を避けるため、八重垣にお隠れになった時に飲料水とし、また御姿をお写しになられた池と伝えられているそうです(^_-)-☆ 
 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務チーム
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。