HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.150
月刊誌 (2018年2月号)
 
平成30年2月27日発行
NO.150
<身近な働き方改革>
代表取締役社長 大野木昭夫

 今国会では、働き方改革の討議が進んでいますが、すでに各業界では職場にICTを導入して「働き方改革」を実践されています。
 「働き方改革」は、一から十まで人がやっていた仕事の流れの中で一部をICTに置き換えることによって仕事に必要とされる時間の長さを縮めると同時に、ICT活用で仕事に必要な作業人数を少なくすることです。
 身近な所でもICTを活用した「働き方改革」を見ることができます。

 ひと昔前の食品スーパーのレジボックスは、商品の金額を一つひとつキー入力して、合計金額を提示して現金のやり取りをしていました。
 その後、商品の金額入力はICタグの読み取り機に変わり、お釣りのお札はレジスターから出しますが、小銭のお釣りは自動的に出てくるシステムに変わりました。車尾のMスーパーはこのパターンです。
 昨年から皆生のHスーパーでは、レジ係がICタグの読み取りと合計金額まで算出して、お客様はその前面にある銀行のキャッシュボックスと同じような機械に移動して現金かカードを入れて清算をします。この機械が設置された当初は使い方が解らない人がたくさんおられて、店の人は説明に追いまくられていましたが、最近は非常にスピーディになりました。
 この「働き方改革」は、なかなかパートさんが集まらない中で、人手不足を自動精算機が補ってくれるということです。
 そして一番忙しい夕方時にパートさんを集中配置して比較的暇な時間帯にパートさんの調整をすれば、稼働するパートさんの平準化が図れます。
 自動精算機の費用対効果は、お店の人に聞かなければはっきりとわかりませんが、レジ係の熟練度に依存していた支払い時間の短縮と人手不足の補充に一役買っていることは間違いありません。

 わが社の実施例で言えば、土質試験機を自動化して社員が夜間も出勤して試験をする手間を無くして、時間外の削減と工程の短縮を実現しました。
 また昨年の災害対応時には、技術者が現地確認をしていた初動調査をドローンの映像確認にして、作業時間の短縮と調査人員の削減をしました。

 身の回りにあふれているICTとかAIの言葉は、異次元の世界のように感じるかもしれませんが、身近にできることがあることを実感すれば、きっと良い「働き方改革」のアイデアが出てきます。
 

鳥取県の産業・企業紹介フェア
に参加してきました。

去る、2月16日(金)国立大学法人鳥取大学鳥取キャンパスにて「鳥取県の産業・企業紹介フェアが開催され、吉田部長と地盤・松本賢さんが参加されました。
このフェアの目的は、鳥大の学生さんが鳥取県内の様々な分野で活躍する多くの企業を知り、就職活動に活かしてもらう事を目的としています。
今回参加した企業は全58社。県内の企業・業界の事を直接聞けるチャンスに学生さんも耳を傾けていました。

今回のフェアに参加された松本賢さんにいくつか質問をしてみました。

 「松本さん、今日は宜しくお願いします。」 「こちらこそ、お願いします。」 
 「さっそく質問です。会場内の雰囲気はどんな感じでしたか?」
 「いくつかの教室に5~6 社がブースを設けているような形で 学生さんが気になったブースに行き話しを聞けるようなシステムでした。 普段から学生さんたちが使っている教室なので開放感があり 各会社が様々な方法で話をされていました。」
「そうねんですね~。」
「サンイン技術のブースには何人ぐらいの学生さんが来られましたか?」 
「ブースに来られた人数は二人でどちらも女の子でした。 二人とも県外の出身の方でコンサルタントとはどういった 仕事をするのか気になり来られたそうです。
 また、会社から持っていったドローンにも興味を示していて 物珍しそうな顔をされていましたよ。」
 「来られた方が女性だったんですね。」
「ブースに来られた学生さんから何か質問はありましたか?」
「僕がこの会社に入社した志望理由と、仕事のやりがいについて質問をいただきました。
 どういった仕事をするのか知らなかった分、気になったようで この二つの質問をされたようです。
 僕も去年大学を卒業したばかりなので自分なりに学生さんたちに伝わるような答えをさせていただきました。」
 「確かに、年も近く立場の分かる人が答えてくださると、学生さんも分かりやすかったでしょうね。」
「最後の質問です。今回のフェアに参加してみて、松本さんは未来を担う学生さんにどんな印象を受けましたか?」
「僕の場合、大学でいまの仕事に繋がる勉強をしていたので、少しばかりどういった仕事なのか知っている部分がありましたが、今回来ていただいた学生さんは自分が専攻されているのとは他ジャンルなのに、こうやって直接ブースに話を聞きに来ていただき、さまざまなことに興味を示している姿を見ると、 一緒に働いて多方面で社会を動かしていきたいと思いました。」
 「松本さん、今日は貴重なご意見、ありがとうございました!」   「ありがとうございました!」
 

 
優良業務表彰 

 大内木下地区急傾斜地崩壊対策工事
「地盤変動影響調査業務委託(事前調査)」
業務評定点 94点
by佐野琢也さん
 
業務名   大内木下地区急傾斜地崩壊対策工事
「地盤変動影響調査業務委託(事前調査)」
 発注者  鳥取県八頭県土整備事務所
 業務場所  八頭郡智頭町大内
 業務内容  急傾斜地崩壊対策工事による損害等について、
工事着工前に建物等の現状調査を行いました。
 業務期間  平成29年9月4日~平成30 年1月9日
 
 
 
 高評価の要因と致しまして、以下の点が要因であると考えます。

①検討項目、検討手法、十分な技術力
 本業務の通常の建物以外に擁壁や墳墓についての調査が含まれていました。
 しかしながら、これらについての調査手法は特に取り決められておらず、調査要領にも建物に準ずるとしか記載されていません。
 そこで、工事後に比較しやすいように、調査方法を提案して実施しました。
 このことが、「検討項目、検討手法、十分な技術力」での高評価につながったと考えます。

②理解しやすい説明、成果品の品質
 地盤変動影響調査は、業務の都度、調査書や図面、説明書等を工夫しており、調査内容がさらに分かりやすいように努めてきました。
 そのことが写真や図で分かりやすいように概要版を作成し、検査で説明しました。
 また、ミスを防ぐために行った赤黄チェック等の実施記録を検査時に持参して検査職員にアピールしました。
 これらのことが、「理解しやすい説明」と「成果品の品質」での高評価につながったと考えます。

 今回の業務は、定型的になっていた業務計画書や作業要領について、調査職員の方からの指摘等が多々ありましたが、高評価をいただけたのは、鳥取支店の方々および協力業者の助力のおかげで大変感謝しております。


                                 補償チーム 佐野 琢也

スキー・スノーボード教室in大山 

左から宮永先生(1級)、真栄大海くん(小4)、真栄さん、田島諒一くん(小4)
田島さんとあかりちゃん(5歳)、田島知佐子さん、吉田指導員です。

今年も1月27日(土)に大山にてスキー教室を行いました。 
当初、2回実施する予定でしたが、2回目の2月10日が朝からの雨により、急きょ中止といたしました。

しかし、1回目は田島さん親子と真栄さん親子と宮永先生にもご参加頂きました。

田島さんちの三番目のあかりちゃんは、年中さんで初めてのスキーでしたが、午前中には豪円山スキー場から滑って下りれるようになりました。

真栄さんちの大海くんも昨年行けなかったので、久しぶりの大山でしたが、最後まで頑張っていました。
田島さんちの諒一くんは、さすが大山の子どもです。急斜面もなんのそので、元気よく頑張っていました。

これをきっかけに大山に行く機会が増えることを願っております。
 
 
ハの字で豪円山を颯爽と滑るあかりちゃんです。
 
 
大山小学校では1年生からスキー教室があるそうですが、米子市や西伯郡でも5年6年とスキー教室が行われています。
学校で行われるスキー教室の前に1日でも経験しておくと全然違います。


半日で滑れるようになりますし、滑れるようになることでいろんな面でやる気に繋がります。

来年も実施しますので、是非ともチャレンジしてみてください。
初めての方でも丁寧にご指導いたしますよ!
 
 
 

 
 
今月は2月14日(水)に廃食油回収のみ行われ、吉田部長と測量チーム・藤原瑛さんが行って下さいました。
 今月は260.8リットル回収しました☆ 

 来月も廃食油回収のみを3月14日(水)に行います。来月担当の本館2F&別館2Fさんは宜しくお願い致します。
 
 鳥取支店・ボランティア・ロード
 去る、2月22日(木) 平成29年度 第6回ボランティア・ロードを行いました。
 13名の参加者で国道29号若葉台交差点から鳥取・郡家方面の各100m区間の歩道周辺の清掃と除草活動を行いました。
 7袋のゴミ袋となり、今回はペットボトルや空き缶などが多く捨てられていたそうです (>_<)
 
 ~集合写真~
とっても寒そうですね・・。  皆様、ありがとうございます! 
   

 
 
今月のリサイクル品は、2点あります♪

①ナイロン素材のジャンパー。(色:紺、サイズ:L)

②「ゆびさきトング」(サイズ:147×45mm、素材:ステンレス銅、食洗機対応)

ご希望の方は総務・清水までお気軽にお声かけください (*^_^*)。
来月も引き続きリサイクル品を募集しますのでリサイクル品がある方は総務チームまでご連絡下さい (^_^)/~

先月のリサイクル品PILOTの油性ボールペンはシステムサポートチーム・薮内さんがゲットされました♪
  このジャンパーの希望者いらっしゃいませんか?
    「ゆびさきトング」は細かい作業がしやすい小さめトングです。
 手のひらにフィットする形に仕上げてあり、特許取得の特殊な加工でやわらかなバネ性を持たせ、自分の指のような感覚で自然に使えます。
 逆さに置けばテーブルを汚しません。

 あつあつの料理を切るときに、ニンニクや魚など、臭いの強い食材に・・・。

いかがですか??
   

 編集後記
 今月は、2月9日(金)から2月25日(日)までの17日間ピョンチャンオリンピックが開催されていました。
 興味のある方も無い方も、期間中何かしらの競技をリアルタイムでもニュースでも目にしたかと思います。

 私もテレビが付いていたら普段目にしない競技や、ルールも知らないスポーツにもついつい目が行ってしまい、名前も知らなかった選手ですら日本であるだけで応援していました。

 私は、普段小さな社会や小さな家庭で過ごし、そこで見つける小さな共通点や共感する部分を発見し、妙な親近感や安心感を覚えます。

 オリンピックに出場している選手は私たちが計り知れない努力を重ね、またその生い立ちや性格など知る由もありません。
 それでも私たちは、世界の大舞台に立つ名前も知らなかった選手ですら日本という共通点から応援したい気持ちに駆られるのだと私は思いました。

 私の生活はとても小さなものです。
 その小さな世界で見つける共通点はもっと小さなものです。
 そんな小さな世界でも、大きな視野を持ち、もっとザックリとした共通点を見つける事で、醜い考え方を無くし、誰かを応援したくなる気持ちが持てるのでは・・。と思いました。
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務チーム
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。