HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.145
月刊誌 (2017年9月号)
 
平成29年9月25日発行
NO.145
<仕事を激変させるICT>
代表取締役社長 大野木昭夫
 
 「建機をレンタルするだけの時代は終わります。建機にICTという付加価値を装備して、新たな土木の現場を私達は創り出したい」。そう語られたのは建機会社の役員の方でした。

 私は今月の初め、国のICT推進の企業を集めた研修会に参加しました。皆さんもよく知っているように、今やICT(information・comunication・technology)情報通信技術は、全ての産業で「仕事のやり方を激変させる技術」として注目されています。

 最近の動きでは、建設機械のコマツが3次元データを活用して、重機の自動制御をすることを実用化しています。
 これは現場作業でオペレーターの技量による施工精度を均質化させ、効率化を進めました。そして今や、オペレーターの操作を簡素化するICT土工のトップランナーとして広く知られています。

 土木建設業が取り組むCIM(construction・information・modeling/management)は、主に調査⇒測量⇒設計⇒施工⇒維持管理の業務を3次元データで連携させることで、建設システムの効率化を図る取り組みです。

 測量業務では、ドローンを駆使した写真測量と地上定置の3Dレーザー測量を、公共測量として認定しています。
 ですから今までの技術者による現地で直接測量の業務を軽減させ、人が入っていけない危険な地形でも測量を可能にするというメリットを生み出しました。

 我々も現場測定については、ドローンや3Dレーザーで実施していきますし、今まで技術者がやっていた業務を効果的にICTに換えていかなければならないことは必須です。

 しかし、ICTはあくまでも仕組みであり、それによって人の力を高めることにつながらなくては本末転倒になってしまいます。あくまでも主役は“人”であり、技術者でなくてはなりません。

 ICTの導入は、わが社にとって人を活かす取り組みにつなげることに外ならず、それが社として掲げている「仕事のやり方を変える」に至ると考えています。

 このようにICTの積極的な導入は他業界からの人材の受け入れも可能にしますが、一方で効率化によって生まれた余裕時間を人づくりに回せなければ、ICT導入の成果は半減します。
 機器導入は、どの時代でも人の働き方との共存共栄によってのみ、企業の成長につながっていくのです。

 私は近い将来には、測量技術者とICT技術者が分業して業務を行う時代が来ると予測し、それに向かって積極的な取り組みを支援していこうと考えています。
 測量業務に限らず、様々な業務の分野でICTを駆使し、「仕事のやり方を変える」取り組みを進め、業界のトップランナーを一緒に目指していきましょう。
 

 
鳥取県土整備部
平成28年度 優良業務表彰式

 去る9月1日に平成28年度に完了検査を行った県土整備部が所管する測量等業務のうち、他の模範となる優良業務を履行した土木関係建設コンサルタント、測量業者等の「優良業務表彰式」が鳥取県庁で開催されました。

 今回、表彰状を受領された、インフラチーム・松岡さんと、鳥取設計チーム・田子さんよりご感想を頂いておりますのでご紹介します。

 国道482号(もみじ橋外)橋梁補修工事
「橋梁補修詳細設計業務委託」(交付金)
 この度は、思いもよらぬ優良業務表彰を頂き、大変励みになると共に重みも感じているところであります。

 本業務は、3橋梁の橋梁補修設計を行ったものですが、特にもみじ橋は地表面からの最大構造高約16mのラーメン式橋台を有する谷渡りの橋梁であり、橋梁点検車及び梯子では調査しきれない中間高さの損傷把握が課題となりました。
 課題に対しては、テスト撮影飛行を行った上で4K画像カメラ搭載のUAVによるひび割れ損傷調査を提案・実施し、解決を図ることができました。
 また、設計に関しては通常のひび割れ補修・断面修復等に加えて、耐候性鋼材の再劣化が確認されたため、再劣化原因を明らかにした上で、補修塗装、伸縮装置改善工、水切工設置等の対策を講じました。

 今後も鳥取県のインフラメンテナンスの一助となれますよう精進を続けたいと思います。
 最後になりますが、本優良業務表彰受賞は、問題解決に際してUAVを駆使して快く協力していただいた測量チームの高井リーダーのご尽力あればこその受賞と考えますので、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。大変ありがとうございました。

                             インフラチーム 松岡 晃宏
        

 なめら谷川砂防工事「測量設計及び地質調査業務委託」
 正直なところ、優良業務に選ばれるとは思っていませんでしたので、非常に驚いております。
 今回の受賞で励みにもなるとともに、重みも感じているところです。

 本業務は、土石流危険渓流なめら谷川について、測量・地質調査・砂防堰堤詳細設計等を行った業務です。
 選定された理由については、本業務は砂防基準改定直後に発注された業務であったため、改定基準を整理・理解し、予備設計の見直し箇所と変更案を早期にとりまとめたことで、関係機関協議(本省協議)がスムーズにでき、業務促進に貢献できたことが評価されたと考えます。

 今回の受賞を良い機会として、さらなる技術力や品質の向上に努めたいです。

                          鳥取支店・設計チーム 田子 京子
 
 

中海環境フェアに出店しました
 去る8月19日に、自然環境・ごみ減量・地球温暖化・水環境等の環境保全について、学び、考える「中海環境フェア」が開催されました。
 今回、参加していただいた環境チーム・澤田さんよりご感想を頂いておりますのでご紹介します。

 8月19日(土)に米子市旗ケ崎の米子食品会館で「中海環境フェア」(主催:NPO法人中海再生プロジェクト中海体験クルージング実行委員会)が開催され、吉田部長、半田君と参加しました。
 私自身は昨年に引き続き2度目の参加でした。

 昨年と同様に、弊社とエコパートナーとっとりをはじめ、国土交通省出雲河川事務所、鳥取県、米子市など多くの関係機関がブースを出展されていました。
 また今年は日頃から環境チームの業務(分析ガラス器具の洗浄作業)で大変お世話になっている養和会エポック翼の方々も参加されておりました。

 弊社とエコパートナーとっとりのブースでは再生可能エネルギーを題材とし、手動で電気を発電しておもちゃの自動車を走らせる作品などお子さんに大好評でした。
 また会場では国土交通省、鳥取県、エポック翼の方々など他愛のない話をするなど良いコミュニケーションの機会となりました。

                                環境チーム 澤田 正樹
   
 左上写真は、LEDと白色電球では発電機をどれだけ回せば明かりが点くかを比べている様子。

右上写真は、発電機をクルクル回して車を走らせている様子。

左写真はエポック翼さん☆(シジミ汁大変おいしかったです by澤田さん)
   

 全社員研修 & フリートーキング
 去る9月9日(土)に、米子食品会館にて全社員研修が行われました。
今年は「自らの『行動力』を引き出し高める セルフマネジメント」をテーマに研修を受けました。

 研修では、「成果を上げるためのポイント、自己基盤の確認・強化、価値観チェック、成功に向かうための行動のヒント、自己イメージと言葉と行動の関連性」などを学びました。
   
専務よりご挨拶 今年は無作為に選ばれた班で受講しました
   
講師の小野 仁美先生   話し上手な面白い先生でした
   
班ごとで話し合いインプットからのアウトプット中 引き込まれる話術に皆さん真剣です 
   
   
♪ フリートーキング ♪
 全社員研修後は、フリートキング☆今年は、皆生の天水で行いました。

 参加者48名+研修でお世話になった小野先生とのフリートーキングはとても楽しい楽しい時間となりました。
 普段なかなか話す機会のない他部署、支店の方ともこの日ばかりはワイワイと他愛のない話から熱い話、アンナ話やコンナ話に盛り上がりました。
   
専務による乾杯のご挨拶☆  素面なので皆さんしっかりしています 笑
   
お酒を注いだり、料理を取ったり・・♪   ワインが進んで楽しそうですね
   
今日も絶好調です!!   お上品なお食事風景
   
 爽やかなお食事風景 落ち着いたお食事風景 
   
 キュートなお食事風景  ヤングなお食事風景
   
 新婚旅行っぽい、?お食事風景  楽しそうなメンバー
   
カニ♪カニ♪カニ♪   酒♪酒♪酒♪
   

新入社員紹介 
 
     名前    しばた   まさひろ
 柴田   雅広
 入社日  平成29年9月13日
 生年月日  昭和57年11月25日
 所属  本社・環境チーム
 自己PR はじめまして。
環境チームの柴田雅広と申します。
まだわからない事ばかりですが、一日も早く
仕事を覚え皆さんの戦力になれるよう頑張りますので
よろしくお願いいたします。
 

 
 今月9月13日(水)のグラウンドワークは会社周辺コースの方は会社の建物周りの植栽伐採と剪定を行っていただきました。
また、東山公園コースの方は東山駐車場の草の回収を行っていただきました。

 いつもと少し違う活動をして参加者も新鮮さと充実感を得た9月のGWでした。

 来月も皆さんのご協力をお願いいたします m(__)m
今月のGW参加者は42名でした☆
ご協力ありがとうございました(*^_^*)
   
 
 
今月の本社廃食油回収は沢村さん、武良さんで行って頂きました。
今月は合計214リットル回収しました。
 
 
 
鳥取支店アダプト活動
 鳥取支店では9月13日(水)に若葉台南球場前植栽桝の除草とゴミ拾いを行いました。
 19名の参加者で、ゴミ袋12袋となりました。
 皆さんご協力いただきまして、ありがとうございます。
 
 ~全員写真~
 
~作業風景~ 街路樹から生えた草がとても綺麗になりました☆ 
   
 before → → →   after  
 
 
 水鳥公園清掃活動
  去る9月3日(日)に、米子水鳥公園の美化清掃活動を行いました。
昨年は台風により清掃活動は中止となりました。今年も前日は雨が降り、朝方も雨模様でしたが無事に行われました。
 
~ 全員写真~ 22名の参加でした☆
   
開会挨拶  ピンクの帽子が目立ちます
   
 あら?千愛さん?カメラ来ましたよ!!  完璧な装備と美貌にカメラマンさんロックオン!
水辺の草は膝くらい伸びていました   水際から陸に向かって草を刈ります
鎌が必須のボランティアです とっても綺麗になりました

今月のスペシャル Thank you WEEK No .1チーム   
☆環境Bチーム☆
  (澤田さん、角森さん、半田さん、幅田さん、井田さん、菖野さん)

上記チームが一人あたり平均枚数8.7枚で今月1位となりました\(^o^)/

   
 先月のリサイクル品、西日本建設業保証㈱より頂戴しました扇子は鳥取支店・田村支店長がゲットしました!!
 
 来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品がある方は総務チームまでご連絡下さい。

 編集後記
 今月は全社員研修がありました。
 先生の講話は、私にとってどれも頷ける内容で、とても理解のしやすいお話でした。

 中でも私がとくに印象的に残っている言葉は「弱点を克服するのではなく強みを強化する事が重要」という言葉でした。

 私たち日本人は「汗水たらして努力する事、苦手から逃げない事、耐え忍ぶ事」を美徳としている国民性であると思います。

 しかし、「弱点を克服する時間など無い。その時間を作るのなら、強みを強化しする事に重点を置いた方が良い。」という先生の言葉はとても印象に残りました。

 人はだれしも得意・不得意があり、完璧な人など居ないと思います。
 その中で私たちは他人の弱点や短所が目につき、また自分自身もその事で自信を失い、時として意欲も失う時があると思います。

 それならば、強みを強化し長所を伸ばすことの方が、自己肯定感が芽生え、意欲へとつながるのではないかと思いました。

 私の観点ではありますが、「汗水たらして強みを強化する努力」の方が個々の大きな成長なのでは・・・。と感じました。

 私は弱点の多い人間です。もしかしたら、自分への甘えなのかもしれません。それでも私は先生の言葉にとても救われた気持ちになりました。 
 
 
最後まで読んで頂きありがとうございます。 
 

編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務チーム
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。