HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.113
月刊誌 (2015年1月号)
2015年1月20日発行
NO.113
<日本人の力>
代表取締役社長 大野木昭夫
 今年は、第2次世界大戦の戦後70年を迎えます。
 昭和20年8月15日正午、ラジオから天皇陛下による終戦の詔書が流れ、日本は終戦を迎えました。正月に放映された「日本の戦後史」の映像では、東京のすべてのものが焼き尽くされ、荒涼とした瓦礫の山が映し出されました。この時、国民の誰もが日本の将来に大変な不安を抱いたろうと思います。しかしその後、日本は見事に復興を果たしました。戦後の荒涼とした中で生活を再開させた人々の明るい笑顔に、私は日本人の強さを見ることができました。

 すべてを失った後、日本経済の復興は目を見張るものがあります。昭和39年の東京オリンピックは、日本の経済力の復活と技術力(メイド・イン・ジャパン)を世界に広めるイベントになりました。そして昭和43年には、GDP(国内総生産)が米国に続いて世界第2位になりました。それを支えたのは仕事に全精力で打ち込んだモーレツ社員と呼ばれた人たちです。この人たちの原点は焼け野原になった日本の姿にあったのは言うまでもありません。
今、私たちには再びこの苦境に立ち向かう英知が求められています。

 日本の経済成長は昭和の時代を経て平成2年頃まで続きましたが、平成5年バブル崩壊になり、その後平成24年頃まで続いたデフレ経済は日本経済を縮小させるだけでなく、日本人の戦後培った「困難を乗り切る力」さえも委縮させてしまったように思えます。
 しかし東日本大震災の発生後にも頻発している大災害では、復興に立ち向かう被災者の姿に一時期萎んでしまっていた「不屈の精神力」を見出し、全国から集まってくるボランティアの人々に古来日本人が持つ「お互い思いやる心」を見ることができました。
 私達は、高度成長期の非常に恵まれた時代に育ち「指示待ち、ひ弱で忍耐が足らない世代」等々ささやかれていましたが、日本人が持っている「お互い思いやり、逆境に立ち向かう力」は脈々と受け継がれています。

 今年は、地方創生の元年になり今後の政策に期待していますが、政策に頼って待っていては何もできません。
 社員ひとり一人が、自分の立ち位置でチャレンジをして成長することを今年の目標にしましょう。







 
平成27年経営方針発表会&新年会
平成27年1月10日(土)13時より米子全日空ホテルに於いて、平成27年経営方針発表会並びに新年会を行ないましたのでご報告いたします。

今年はインフルエンザが流行し、この日も6人の罹患者があり残念ながら欠席となりました。
 
開会にあたり大野木社長のご挨拶です。

今年の永年勤続表彰は30年の隠樹さん、10年の前田さん。

そしてインフルエンザで出席できなかった佐々木さんも10年でした。

永年勤続者を代表して隠樹さんからの謝辞です。
30年間ありがとうございます。 

次に今年は社内表彰としてコミュニケーション三冠王、ありがとうカード賞、社内CPD賞、仕事のやり方改善賞の表彰が行われました。
コミュニケーション三冠王はグラウンドワーク、社外ボランティア、フリートーキングの出席率の高い人から上位5位までの表彰です。
全員鳥取支店の皆さんでした。すばらしい!!

次にありがとうカード賞上位5位皆さんです。

続いて社内CPD賞上位5位の皆さんです。

最後に仕事のやり方改善賞は環境グループと測量グループの2グループでした。

永年勤続表彰と社内表彰が終わると経営方針発表です。
昨年は3か年計画の2年目でステップの年でした。

最初に社長から平成26年の経営報告がありました。 

そして田村マネージャーから平成26年業績の実施結果報告がありました。 

松岡マネージャーからは平成26年委員会の実施結果報告がありました。
そして今年は森本部長から県内同業種の中でわが社がどういうポジションにあるか説明が行われました。 
昨年が業務評定点10位で今年の予想は7位です。
トップになるためには業務評定点も1位を目指して行かなければなりません!

休憩をはさみ平成27年方針の発表となりました。 

社長から平成27年の経営方針発表が行われました。
そして今年は3年目のジャンプの年です。

今出専務から平成27年の業績目標が発表されました。

営業部門基本方針と目標を森本部長と沢村リーダーです。

中岡部長から現業部門業績目標です。

続いてグループ別の目標と実践施策の発表です。
 
測量グループ前田マネージャー

地積チーム藤原リーダー

補償チーム中本リーダー

設計グループ影山リーダー

地質・土質チーム中島リーダー
 
環境・分析チームと業務推進グループの発表は
豊島マネージャー
 
総務グループと思いやり社風・3Sの発表は吉田
 
教育の実践は熊田支店長

新人事制度の実践は中岡部長
 
平成27年品質・環境目標は熊田支店長

3年間お世話になった、山本先生から講評を頂きました。
課題は「資格取得」です!資格を取らなければ他社に追いつけません!!

最後に野津社長からも講評を頂きました。 
そして今年はリーダーとチームキャップが一丸となり、ガンバローコールで今年の目標必達を祈念しました。

続いて新年会の開会です。
今年はサン環会の皆さんにご参加いただき合計115名の参加者となりました。

まずは大野木社長の挨拶です。

野津社長のご祝辞

合銀青山常務のご祝辞

今出専務の乾杯で宴は始まりました。

今年司会者の豊島マネージャー
   
 
 
 
 
新入社員によるアトラクションの始まりです!
今年の出し物をご覧下さい。 
 
自前の衣装で永江さん登場!

妖怪体操だいいち~ 

ももクロとエレキテル連合あけみちゃん

中田くんの手が

松田くんの迷司会!

友情出演は松本英さんと蔵光さん
今年もありがとう!

舞立先生のご挨拶の背後には妖怪が!

赤沢先生の挨拶も後ろの妖怪に氣を取られ!
この後恒例のじゃんけん大会!
 
 
今年も1年間を振り返り、ありがとうフォトスライドショーとサライの合唱でした。
最後は鷲見常務の三本締めでした。

今年もたくさんの皆さんにご協力いただき盛大に新年会が開催できました。
ありがとうございました。

優良業務表彰
今月号は鳥取県生活環境部から顧客満足アンケート6項目すべて期待以上の評価を頂きました。

平成26年度鳥取県地下水質測定業務
by山口 学さん
業務名 平成26年度鳥取県地下水質測定業務
発注者 鳥取県生活環境部 水・大気環境課
業務場所 鳥取県八頭郡八頭町智頭地内
業務内容 本業務の目的は、水質汚濁防止法に基づき、鳥取県内の地下水質の汚濁の状況を常時監視する事です。
地下水試料の分析の他に県設置観測井戸における継続監視調査について、
観測井戸地下水の揚水による事前の地下水の入替え作業及び採水業務もおこないました。
業務期間 平成26年4月1日~平成26年12月24日
 高評価の要因としましては
①十分なコミュニュケーション:本業務は毎年受注しており1年間だけではなく長期にわたり密なコミュニュケーションをとれたことが高評価に繋がったと思われます。

②迅速対応:サンイン12か条の5.迅速に行動するに従い分析結果報告について異常値報告を迅速対応した結果高評価に繋がったと思われます。

③プラスワンの提供:仕様書には無かったですが測定したデータの整理をおこなったことも高評価に繋がったと思われます。

最後になりますが、本業務をおこなうにあたり上司、同僚の力添えがあり高評価を
いただけました。ありがとうございました。

鳥取支店試験室にオートアナライザーを導入しました 
平成26年設備投資第7弾、今回は鳥取支店に自動分析装置(別名:オートアナライザー)ふっ素・シアン・フェノール分析用を新設しましたので紹介いたします。

ふっ素、シアン、フェノールなどの有害物質を以前と比べ高精度かつ迅速にお客様へご報告できるようになりました。以前は手分析で行っていましたが、機械制御・自動化により分析後の排液も格段に少なくなり環境負荷の低減が図られます。

オートアナライザー
 

今年も餅つきを行いました
今年も仕事納めの12月27日に恒例の餅つきを行いました。
30kgのもち米を何臼?ついたかよくわかりませんが、今年は業務効率化のため、鷲見常務に餅つき機を持って来てもらいワークシェアリングを行いました。

おりゃー!
 
今年も女性の大活躍でした!
ありがとうございます。

あちー!

つき過ぎでとろとろ!

蔵光さん何杯目?

沢山出来上がりました

仕事納め式でサプライズ 
今年の仕事納め式も赤沢先生にお越しいただき、国政報告を頂きましたが、12月14日の衆議院議員選挙に見事当選されたお祝いで今年はサプライズを企画しました。
 
ご挨拶は割愛させて頂きました。
申し訳ありませんでした。<m(__)m> 
 
 
 
   
   

今月は石上圭太さんが一級土木施工管理技士に見事合格されました。
着々と資格取得に励んでいただいています。本当におめでとうございます。

合格のコメントを頂きましたので、ご紹介いたします。

本試験は、学科試験が7月、実地試験が10月に分かれており60%以上の解答で合格となる試験でした。
 勉強を始めた当初は2級土木に比べて問題もより難しくなっていると感じましたが、少しづつ勉強を重ねて合格することができて、よかったと思います。
 指導して頂いた角田さん、前田さん、中尾さん本当にありがとうございました。


新入社員紹介
先月号で藤原典子さんを紹介していませんでしたので、今月は3名の方を紹介します。
名前: ふじはら のりこ
藤原 典子
入社年月日: 平成26年11月21日
生年月日: 昭和48年5月24日
所属: 設計グループ
自己PR: 設計グループでお世話になります藤原です。
早く業務を覚え、お役にたてるよう頑張ります。
名前: むらもと よういち
村本 陽一
入社年月日: 平成27年1月5日
生年月日: 昭和42年7月22日
所属: 測量補償グループ
自己PR: 1/5 付けで入社しました村本陽一です。
沢山のことにチャレンジして、自己磨きに頑張ります。
趣味はドライブ・スポーツ観戦です。
性格的にじっとしていると、死んでしまいそうな気がするので、とにかく動いているのが好きです。
元気いっぱい頑張りますのでよろしくお願いします。
名前: おかだ あさみ
岡田 麻未
入社年月日: 平成27年1月5日
生年月日: 平成6年11月6日
所属: 鳥取支店業務グループ
自己PR: この度鳥取支店業務グループ設計チームに入社しました岡田麻未です。
分からないことが多いですが一生懸命頑張ります。よろしくお願いします。

鳥取支店では仕事納めの12月27日にボランティアロードのボランティアを行って頂きました。
年末とは思えない良い天気でした。
朝早くからご苦労様でした。


今月のリサイクル品はありませんでした。
 

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
平成27年がスタートしました。今年は3ヶ年計画の最終年です。
自民党に政権が代わり、国土強靭化政策とアベノミクス効果によりホップ、ステップとなりましたが、今年がジャンプの年です。
一気にトップに躍り出たいものですが、そのためにはもうひと頑張りが必要です。

それぞれに新しい年の目標を立てられたことと思いますが、その目標を想い続けることが達成のための第一条件です。
そしてその目標に向かって進むことですね。

今年もみんなの力で良い年にしていきましょう!
最後まで読んで頂きありがとうございます。




編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。