HOME
ご依頼の流れ
採用情報
ブログ

Newsletter

社内報

No.107
月刊誌 (2014年7月号)
2014年7月22日発行
NO.107
<人財不足の対応>
代表取締役社長 大野木昭夫
 日本が少子高齢化社会に突入していると言われて久しくなります。
人口は、2006年をピークとして2050年には1億人を割り、その内3人に1人は高齢者(65歳以上)になると推測されています。したがって就業人口も減少傾向にあり、若者の就業人口減少に対する国の施策として、①高齢者の活躍、②女性の活躍、③ロボットの活用が挙げられています。

 さて今月は、③のロボットの活用で生産性の向上についてスポットを当てます。これまでも工場等の生産現場ではロボットを使った生産性向上の機械化は進んでいますが、最近は他分野でもロボット活用が進んできました。たとえば介護業界は、ヘルパーの介護作業をサポートするのに筋力補助ロボットを活用する試みをしています。また、最近感情を持ったロボットがソフトバンクから低価格で発表され、話題を呼びました。

 私たちの日々業務に目を向ければ、技術者が自らの手足・目耳を使ってやる測量、設計、環境調査等々の現場作業を機械化したりIT化することで、生産性を向上させることは可能です。たとえば、測量作業はレーザーや衛星を利用する機器が普及し、IT化によりスピードアップと省力化になってきました。また土質試験室では、これまで担当者が手でやっていた土の試験練は、女性でもできるようにミキサー(機械撹拌)を導入しています。また試験過程では、一つひとつ手入力でやっていた管理をIT化することによって生産性を向上させています。環境分析業務では、分析作業から結果を一覧表に提出するまでの工程管理をIT化することによって、担当者の手作業システムをパソコンの中で移動していくことで省力化を実現しています。これらは、これまでの作業を機械化しITを活用して生産性向上をしている一例です。

 しかし、機械化やIT化された作業を管理して品質の優劣を左右するのは、私たち技術者です。先日、愛知県の町工場で世界に通用する部品を製造している社長の話を聞く機会がありました。「どこでも作られている部品ですが、他社と品質の違いはどこにあるのでしょうか?」との質問に、「最新の機械は数値を打ち込めば誰でも操作ができると言われますが、私たちの求める品質はお客様の要望に完璧に応える品質であり、最終的に職人の経験に基づく微調整をやり、職人の真心が製品に入っているから他社に勝てるのです」と言っておられました。設備投資は生産性を向上させる手段として大きな効果をあげます。しかしそれを活用するのは、一人ひとりの技術者であり、最後の仕上げは技術者の技術力と、より良いものを求める技術者魂に懸かっています。

 中小企業は、限られた財源と人財で成長を続けなければなりません。そのため、設備を機械化しITを導入する設備投資は限られた投資になりますが、今いる人財に磨きをかけることによって魅力ある企業となることは最大限に投資できることです。
「若い人財が集まらない」と嘆く前に、自らの立ち位置で自らを磨き輝くことを目指したいものです。


 
第8回技術発表会を行いました
 今年で8回目となる技術発表会を行いましたので、中岡さんより報告してもらいます。

 6月21日に開催された全社員研修のうち、午前中に行った技術発表会について報告します。
 今回は品質向上委員会が段取り~発表会運営までを行い、会場は美保テクノス様の3階大会議室を使わせていただきました。お世話になり、ありがとうございました。

 最初に、大野木社長より①技術の継承が大事、②建設業界の現状(公共事業の方向、災害頻発で地元企業の見直し、少子高齢化と建設業・・・ビジネスモデルの転換期)の話があり、今回の技術発表会は一年間の技術の積み重ねなので、一生懸命「発表する・聞く・質問する」をして欲しいと挨拶がありました。

 今回の技術発表会は、「改善提案やチャレンジ業務を対象に、プレゼン力を高め事例発表に学ぶ」というコンセプトのもと、以下の内容で発表がありました。
発表者 グループ タイトル
中村真起雄 鳥取支店Gr 埋蔵文化財発掘調査における改善提案と利益向上
影山啓治 設計Gr 山陰道における防風対策事例の説明
徳永達樹 測量補償Gr 精進川における流量観測事例とその難点
松下由芙子 環境地質Gr 配合試験における(現場/室内)強度比の一考察
半田雅也 鳥取支店Gr 斐伊川河川管理施設等点検業務における空洞探査

美保テクノス3階大会議室も新しくなり、プロジェクター、スクリーンも備え付けとなりました。

トップは鳥取支店中村さんです。

2番手門脇さんの代打で影山さんです。

3番手は徳永さんです。
4番手は松下さんです。質問は田中さん!

最後は半田さんでした。
 発表内容はチャレンジの案件が多く、発表された皆さんは、業務を進める上で①課題を設定し解決していく(PDCAを回す)、②品質や精度を高める、③コストを削減する、について色々と工夫や試行錯誤をしながら業務を進めていたことがわかり、発見もあり参考になりました。
 プレゼンに関しては、皆さん実体験をもとに臆することなく話され全体的には良好でしたが、もう少し会場とアイコンタクトを取りながら、強弱をつけて核心部分は熱く語った方が要点を理解しやすいと思いました。
 また、短い発表時間の中では、もう少し論点を絞り、時間配分の工夫が必要(本質部分の説明時間を多く確保)な発表もありました。今後発表される方は、この点も参考にして下さい。
 今年の採点結果は、昨年より平均点は上がり、全体的に点数は非常に僅差という状況でした。この中で最優秀賞を獲得されたのは測量補償グループの徳永達樹さんでした。おめでとうございます。
 徳永さんは初めて行った業務(流量観測)でしたが、最初から課題設定、予測、分析、次対策を行い(PDCAを回す)、より精度の高いH-Q曲線を作成されました。指導された方の影響もありますが、本人の問題意識・品質向上意識の相乗効果ではないかと思います。

 この他には、松下さんのように社外発表に十分通用する内容もありました。現場と室内配合試験の各種要因を関連付け(係数化)、サンイン技術オリジナルの関係式を作れば、アイデアヒット商品になるのではないでしょうか? 今後の開発に期待します。
技術発表会の内容・レベルは毎年少しずつ向上してきています。皆さんも今回の発表から今一度「チャレンジ」の必要性・重要性を認識して業務に取組み、サンイン技術全体の人間力・技術力が向上し、今後も社内外で発表できるような内容が増えることを期待しています。

最優秀賞は測量補償Grの徳永さんでした。
優秀賞の記念品をお渡しし、コメントを頂きました。

おめでとうございます。

「肩こり、腰痛を解消させる身体の使い方」
技術発表会の後は㈱ロコムーブの中嶋輝彦氏による「肩こり、腰痛を解消させる身体の使い方」を学びました。

中嶋輝彦氏と井関さんのご長男


まずは社長の前屈をチェック!


フェニックスのポーズで肩こりを解消します。

チーターのポーズで腰痛を解消します。

器具乾燥器、TOC計・オートサンプラを導入しました
 業務改善の一つとして、分析の作業の効率化を図るため、器具乾燥機、TOC計・オートサンプラを導入しましたので、改善提案を行ってくれた井田さんにコメントを頂きました。


 分析チームの作業効率化を検討し、業務改善により器具乾燥機、TOC計・オートサンプラを導入しました。

【器具乾燥機】
 これまで器具の乾燥に用いていた設備は、器具保管棚の天井部に乾燥装置(ヒーター)を取り付けた簡易的なものでした。容量が小さく洗浄した器具が全て入らない上、4段ある棚のうち最上段しか乾燥させる能力がないため、最上段との入れ替え作業が1日に何度も必要でした。そのため、必要な器具が乾かず分析作業の進行を妨げることが多々ありました。
 大容量の器具乾燥器を導入したことで、上記の入れ替え作業の手間がなくなり、短時間で多くの器具を乾燥できるため、分析の回転率が向上し作業効率の改善になりました。

【TOC計・オートサンプラ】
 全有機体炭素(TOC)とは、水中に存在する全有機物量を炭素量で示した、水質の指標のひとつです。近年、TOCは水質環境の監視において有効な指標として見直されており、今後の受注検体数は増加することが期待されます。

 従来の機種では、8検体ごとに試料をセットし測定プログラムを実行する必要があり、また感熱紙に印刷された測定結果をPCに手入力する手間がありました。
 本機種はPC制御できるため、測定結果をデータ取り込みでき大幅な作業の削減ができます。加えてオートサンプラの導入により最大68検体まで自動測定が可能となり、検体数の多い業務にも対応できるようになりました。

 これからも、業務改善を図りながら高精度・高効率な分析で業務を遂行していきます。
TOC計とオートサンプラーセットです。
TOC計 オートサンプラー


7月22日に入荷した器具乾燥機です。
 
 

第3回美勇会ゴルフコンペ
 今年で3回目となる美勇会親睦のゴルフコンペが7月20日に行われました。
 今回はサンイン技術が幹事会社として行いましたが、昨年の26名を上回る32名の参加者があり、日頃なかなか話もできないグループ各社の皆さんと親睦を深めることが出来ました。

 当日は皆生トライアスロンの日で、梅雨明けの日とも偶然重なり、熱い!暑い!戦いが繰り広げられました。
 残念ながら団体戦での優勝はできませんでしたが、暑さにも負けることなく、無事に終える事が出来ました。
 来年の幹事会社は㈱リンクスさんです。
成績は以下の通りでした。
順位 氏名 アウト イン グロス HDCP NET 順位 氏名 アウト イン グロス HDCP NET
1 佐々木固生 39 40 79 9.6 69.4 17 筒井敏実 47 55 102 24.0 78.0
2 福田州夫 50 42 92 19.2 72.8 18 前田 譲 45 44 89 10.8 78.2
3 今出 上 42 41 83 9.6 73.4 19 池田太一 54 52 106 27.6 78.4
4 梅津忠宏 43 46 89 15.6 73.4 20 中岡 勤 48 45 93 14.4 78.6
5 仁宮治夫 45 43 88 14.4 73.6 21 由田浩司 53 56 109 30.0 79.0
6 阿部 徹 47 50 97 22.8 74.2 22 鷲見邦夫 42 52 94 14.4 79.6
7 片山良孝 43 41 84 9.6 74.4 23 西田淳一 55 49 104 24.0 80.0
8 池田幸仁 42 48 90 15.6 74.4 24 西山 司 52 55 107 26.4 80.6
9 磯村英明 43 47 90 15.6 74.4 25 門脇 洋 47 51 98 16.8 81.2
10 安田 康 48 44 92 16.8 75.2 26 槙原一人 51 59 110 28.8 81.2
11 福田洋一 55 51 106 30.0 76.0 27 吉田 章 48 51 99 16.8 82.2
12 大野木昭夫 50 50 100 24.0 76.0 28 小川公則 54 62 116 33.6 82.4
13 荒木久美子 50 49 99 22.8 76.2 29 長尾英治 60 54 114 31.2 82.8
14  野津一成 55 51 106 28.8 77.2  30 沢村一朗 61 59 120 36.0 84.0
15 中本泰司  43 43 86 8.4 77.6  31 渡部陽介 51 66 117 32.4 84,6
16 谷村彰男 44 46 90 12.0 78.0  32 阪井光博 62 58 120 32.4 87.6
団体成績は全員の平均ネットで以下の通りでした。
順位 チーム名 平均ネット
優勝 ㈱ニチラス 75.9
準優勝 ㈱リンクス 76.0
3位 美保テクノス㈱ 77.0
4位 サンイン技術コンサルタント㈱ 78.7
5位 混成チーム(TMS、白鳥ケア、スペック) 81.6


 新入社員紹介
名前: いとう てつ
伊藤 徹
入社年月日: 平成26年7月1日
生年月日: 昭和26年11月2日
所属: 鳥取支店
ご紹介: サンイン技術の技術顧問として入社頂きました。
地質、土質の分野はもとより、その他の分野でも打ち合わせから検査までご指導頂くことになります。
宜しくお願いいたします。


今月は測量士補に合格された藪内さんから合格のコメントを頂きましたので、ご紹介いたします。
初めての測量士補の試験でしたので、何から勉強していいか全くわからない中、
前田マネージャー、藤原リーダーをはじめ沢山の測量Gの方々に教えて頂きました。
現場にもあまり出たことがなかったので、作業イメージを絵を書きながら丁寧に説明して下さったり
とても勉強しやすい環境に恵まれたことに感謝しています。
今回試験勉強をしたお蔭で、測量の事が以前より理解できましたので、今後の仕事に活かしたいと思います。

7月9日には今年4回目のグラウンドワーク 、7月4日には中野船溜まりボランティア、7月19日には車尾ボランティアロードが行われました。
参加した皆さん、CPD登録はお忘れなく!
グラウンドワーク&フリートーキング(BBQ)
大型で非常に強い台風8号が7月4日に発生し、接近も危ぶまれましたが、雨も降らず今月も無事終える事が出来ました。
今月はフリートーキング(BBQ)だったので、準備の事もあるため台風の進路とスピードを予測しながらなんとか決行しました。

この時期は草も伸び盛りです!

BBQも参加者は少なめでしたが、上等なお肉で腹いっぱい!

環境地質Gと設計Gの皆さんに準備してもらい、新入社員の皆さんにも参加頂きました。

中野船溜まりボランティア
7月5日(土)には毎年恒例の鳥取県漁協境港支所主催によります中野船溜まり周辺一斉清掃が行われました。
参加者は大野木社長、中本さん、沢村さん、野口さん、真栄さん、武良さん、吉田の7名で参加しました。
台風接近で中止も予想されましたが、小降りの雨の中予定通り実施されましたので、草刈り機で歩道の草刈りとゴミ拾いを行いました。
悪天候にも関わらず沢山の関係者が参加しておられました。
 
ピンク帽子は良く目立つわ!

 ボランティアロード車尾
今年2回目となるボランティアロード車尾が7月19日(土)に行われました。
今回も200名を超える参加者で、回数を重ねる度に多くなっています。

沢村さん、野口さん、松田さん、幅田さん、中本さん、蔵光さん、吉田の7名で参加しました。

歩道の草をやっつけました!
 

先月のリサイクル品 名和マラソンフェスタのバスタオルは野口さんに、ネイルケアセットは吉田に行きました。

環境地質Gから洗濯機の希望がありました。
1槽式2槽式でもどちらでも良いようですので、使わないもの(使える)がありましたら連絡ください。

来月も引き続きリサイクル品を募集します。
リサイクル品の希望も引き続き募っていますので、総務部までご連絡下さい。

どちらも社内報原稿の都合上、毎月17日までにお願いします。

編集後記
 7月初めの大型台風8号も直撃かと思われましたが、山陰地方には大きな被害もなく逸れ一安心でした。しかし、長野県南木曽町では土石流が発生し、大変な災害となりました。台風シーズンはこれからですし、時間雨量100mmを超えるゲリラ豪雨もいつどこで発生するかわからない異常気象ですので、明日はわが身に降り掛かるかもしれません。
 備えあれば憂いなしですが、何から準備して良いものやら?まずは自分の身の回りから見直して行きますか!?

 7月20日に梅雨明けし、しばらく雨が降りそうにありません。熱中症には十分注意して作業をお願いいたします。
最後まで読んで頂きありがとうございます。


編集:サンイン技術コンサルタント株式会社 総務部
お問い合わせ
お問い合わせありがとうございます。
以下よりご希望の項目を選んでください。
 




「お仕事のご依頼・ご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「採用についてのご相談」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。
「その他のご質問やご依頼」についてのお問い合わせありがとうございます。
お名前、必要事項、ご用件をご記入ください。
 
会社名
お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
郵便番号
ご住所
ご用件(必須)
お問合せ内容を受け付けました。
3営業日以内に担当者より記入して頂いたメールアドレスにご回答致します。ありがとうございました。